名作ゲームどっとこむ 怒首領蜂大復活(Xbox360)の動画とゲーム詳細
ゲーム動画
怒首領蜂大復活
ホーム > Xbox360 - ケイブ > 怒首領蜂大復活
 
ジャンル
シューティング
メーカー
ケイブ
機種
Xbox360
発売日
2010年11月25日
価格
7,140円
Xbox 360「怒首領蜂大復活」PV
Xbox 360「怒首領蜂大復活」PV 第2弾
上へ

『怒首領蜂 大復活』(どどんぱち だいふっかつ)は2008年5月稼働開始のアーケードゲーム。開発元はケイブ、総発売元はエイエムアイ。

ストーリー
前作『怒首領蜂 大往生』の戦いから6年後のある日、月の首領蜂隊本部は時空の微細な乱れを感知。その原因は過去への大量の物質移送によるものであり、更にその送り主のパーソナルコードは、6年前の戦いの末に暴走し廃棄されたはずのエレメントドール「エクスイ」のものであった。歴史の改竄を目論むエクスイと、それを阻止せんとする首領蜂軍との戦いが、2008年5月の日本を舞台に繰り広げられる。

概要
キャッチコピーは「大往生したのに大復活。」。怒首領蜂シリーズは前作の『怒首領蜂 大往生』を最終作として完結したはずのシリーズであり、本作の登場に際してはまさかの続編登場であることを強調したプロモーションが行われていた。
システムは『大往生』を概ね継承しており、弾幕にはシリーズ作品のオマージュを感じさせるものが散見されるものの、敵の攻撃を激化させ、その弾幕を自機の弾幕で相殺する「ハイパーカウンター」や、敵機の発するレーザーを自機のレーザーで押し返す「カウンターレーザー」など、弾を防御するための新システムを追加しており、作風は従来のシリーズとは大きく異なる。
敵ボスキャラクターは、巨大兵器への変形能力を持つ巨大メカ少女「エレメントドーター」。これらのデザインに緒方剛志を採用している。音楽は並木学,千葉梓,工藤吉三が担当。また、プロモーション用テーマソングとして「どどんぱち 大音頭」が作曲されており、イベントではこの曲を使用してのケイブ社員による宴会騒ぎのようなプロモーションを繰り広げていた。

上へ
怒首領蜂 大復活 (初回限定版) Xbox360ソフト 怒首領蜂 大復活 (通常版) Xbox360ソフト
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ

宇宙研究コーナー
NASA Images より画像を取得しています。 拡大、縮小いろいろ出来ます。
上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
怒首領蜂 大復活. (2010, November 14). In Wikipedia. Retrieved November 21, 2010, from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E6%80%92%E9%A6%96%E9%A0%98%E8%9C%82_%E5%A4%A7%E5%BE%A9%E6%B4%BB&oldid=34960246
ブログパーツ