名作ゲームどっとこむ

 頓挫で挫折 (Z-Files 2)


 
ホーム > うみねこ亭 > 頓挫で挫折2



mixiチェック

シェンムー3

『シェンムー3』発表当初【プロジェクトバークレイ】で始まったプロジェクト。
1998年の12月に【シェンムー】というタイトルを発表。制作発表会では章で分けてリリース予定では無かったが【鈴木裕】さんの中では章での構想が当時あったもよう。
1999年の5月に章で分けてのリリースに予定変更とアナウンス。
まずは【1章】から。圧縮技術や新しいコンピューターの研究もかねてのリリース予定だった。この時ぐらいに【ドリマガ】には【3】の開発状況が【40パーセント】を越えていたように記憶してます。【1章】をリリースしたあたりから【3】の発売予定表から姿を消す結果となとった。
2001年ぐらいには【3】は映画で完結させると言う噂が飛び交い【裕さん】ゆうには【2】も映画化されてないのに【3】を映画にする予定は無いとの事また【3】を作る環境がととのえば私がプロデュースすると発言が・・・事実【1】は【シェンムー・ザ・ムービー】ってタイトルで映画としてリリースしてます。
それから新しいキャラも公開され期待も膨らんだが結果リリースされなかった【XBOX】の【シェンムー2】が海外で発売され、こちらの販売状況で【3】の開発にも拍車がかかる見たいな事も開発サイドからの声もしたのだが販売本数が振るわなかったようです。
それから【ガセネタ】が海外からも噂になりリリース決定かと思ってた矢先に【シェンムーオンライン】少しがっかりでしたが【シェンムーオンライン】が人気が出たら【3】も開発されるのではと思われたが【オンライン】の方も開発中止。
【3】の開発環境も絶望的かと思われますがいつも開発サイドのミーティングでは【シェンムー3】の名前が上がる事から察するに発売予想70パーセントぐらいかなぁ。
理由は完結してないし大手のメーカーが例えば【マイクロソフト】さんや【ソニー】さんが販売元になってくれれば実現率は高いですセガ単独での発売は30パーセントくらいかなぁ。しかしあれから【松風】さんが結婚し【石垣はずき】さんは芸能界を引退したので実現出来るのかが疑問です。
2010年4月14日
上へ

フレームシティ

バンダイナムコさんが2005年にXBOX360で発売とアナウンスされXBOX360発売と同時に発売【ロンチ】かと思われ開発がずれ込み来年春に発売予定に変更【2006年春】開発エンジンのアンリアルエンジンの開発に苦戦という噂も・・・
【アンリアルエンジン】と言うのは360で開発しやすいように最初からあらかじめポリゴンやCGなど基盤となるものをOSなどに組み込んでるものと思われる。
だから最初から作るより開発期間が短くてすむのである。開発中止のアナウスンが流れた理由は『弊社にて2006年春に発売を予定しておりましたXBOX360用ソフト【フレームシティ】につきまして誠に勝手ながら諸般の事情により発売を中止させていただくことになりました』だそうです。開発状況も80パーセントぐらい出来てたように思われます。個人的に採算性の問題と思ってます。『フレームシティ』というゲームは【グランド・セフト・オート】タイプのゲームです。発売実現可能性率は会社が発売中止のアナウンスをしたので0パーセント・・・期待を込めても1パーセントかなぁ
2010年7月8日

T氏より頂いた原稿を、ほぼそのまま掲載しています。
(作文 T氏 、編集 ナオ 、見届け犬 タロヤン)
上へ
ブログパーツ  Copyright(C) 2010 meisakugame.com/T氏 All Rights Reserved.