名作ゲームどっとこむ

エヴァQの核心に迫る


 
ホーム > うみねこ亭 > エヴァQの核心に迫る



mixiチェック

エヴァQの核心に迫る
エヴァンゲリヲン新劇場版:破 第三使徒と仮設五号機

『隊長T氏』 もう劇場版Qが公開されて1ヶ月余り・・・劇場版・破の予告と全然違うじゃないか!

『大臣』 予告はあくまでも空白の14年間を埋めてくれる予告かも。

『隊長T氏』 だとしたら新しいエヴァや加地の話も次回作品で語られる事を願いつつ・・・

『大臣』 ニア・サードインパクトの所が謎だらけだからなぁ。誰しもマークシックスがターミナルドクマの中に降りていく所から始まると予想してたと思う。

『隊長T氏』 まさかガラッとストーリーを変えてるとは思わないし。しかも新劇場版Qの8号機と破の胎動するエヴァ8号機と姿形がまるで違う。わざわざ8号機のデザインを変える必要もないわけで・・・俺が予測するには破の予告の8号機は実は7号機ではないだろうか・・・なぜ7号機とそのパイロットかと言うと・・・後に語るとして。ウーン。

正直2回劇場版を観てきましたが相変わらず難しいストーリーに頭が困惑気味だけどそこがエヴァの良いところです。破から14年後のストーリーってのも何か考えさせてくれるよね。14歳でなければならない何かを感じる。

『大臣』 何かって何?エヴァのパイロットはみな14歳だよ。でもQは精神年齢が皆違う。
外見は皆14歳だけどQは綾波はおそらく14のままシンジは14さい。アスカは28。
カオルは使徒だが28の可能性大マリは40〜45歳。おそらくコアに何かしらサルベージュされてて・・・まぁ親族が一番手っ取り早い。シンジはユイ。綾波はユイのクローンだからユイ。アスカは母親カオルはユイ。カオルは何故ユイかと言うとアダムとユイのクローンだから。
【初めましてお父さん】って言葉が一番当てはまる。マリだけは謎だが・・・

『隊長T氏』 シンジが冬月に母親の写真を見せられたときに一番出前の右端の女性は・・・マリじゃないかい?

『大臣』 アスカの母親の可能性も見えなくもないよ

『隊長T氏』 6対4でマリだよ。ってもマリだとすると身体特徴が幼児化しないと無理。
神話に反しないか?

『大臣』 IPS細胞があるくらいだからありかも。だとしたら何かの実験の被験者だよ。
きっと。

『隊長T氏』 俺の予想ではコアの実験がユイ。LCLの実験じゃない?あの液体に浸かってたら年をとらない。

『大臣』 もっと複雑な何かかも。マリが研究員の第一人者なら裏コードの事も知ってても問題ないし。ゲンドウの事を【ゲンドウ君】って言ってたから精神年齢はゲンドウと同期だ。マリの出生の謎はだいたいこんな所だ。

『隊長T氏』 次はゼーレの話だがゼーレは人間が影で操ってたとおもったのだが違っていた。大昔から存在し神の言葉的にリリン達に序言を下していたとは・・・しかもリリンに知恵の実を与えたのはゼーレとは。

『大臣』 しかし魂の安らぎの場所を与えるもしくは導くために何万年もの歳月を繰り返してようやくたどり着くのはセカンドインパクトなの?

『隊長T氏』 ゼーレも死海文書を見つけるまで手探りでやってたんかも。
しかしセカンドインパクトで予定が狂って後に裏死海文書を見つけて予定を変えた。
ゼーレは補完計画を行うのにアイテムとエヴァとパイロットが揃うまでひたすらその日が来るのを堪え忍んだんだよ。きっと。

ゼーレの予期せぬ事はゼーレと言うマザーコンピュータの知恵を遥かに上回る『リリンの王』ゲンドウの登場で計画が大幅に変えられた事だ。しかし冒頭の最後までゼーレの計画でありその上にゲンドウの計画を上乗せしたに過ぎないのだ。
因みにゼーレとゲンドウは何重にも保険をかけて慎重に計画を遂行してるようだ。
そろそろ確信に迫ろう。

『大臣』 そうそう。ドグマのリリスだ。

『隊長T氏』 解らん。謎だらけだ。

『大臣』 まぁまぁ。順番に紐解いていこう。
あのドグマで壮絶な戦いがあったように思う。取り敢えずカシウスの槍で初号機の覚醒を停めてからカシウスの槍をすかさず回収してドグマにマークシックスで降り立つ。
ここまでは理解出来る。ここからは想像だが。使徒は三身一体の同時攻撃を仕掛けてきた。
第10使徒のゼルエルでドグマをむき出しにして第11使徒もドクマに侵入しておそらく7号機と会敵。
7号機がリリスのロンギヌスの槍を抜いて第11使徒を倒ししかしリリスに7号機がパイロットと同じく取り込まれた可能性大。個人的には7号機のエントリープラグはダミーシステムの可能性の方が現実的だが。動き出したリリスを止めるベクマークシックスはすかさずロンギヌスの槍をさすが動きは止まるがガフの扉が止まらない。
カヲルはマークシックスとカシウスの槍で補完を行おうとするがマークシックスの脳に第12使徒に感染してることに気がつきマークシックスをカシウスの槍を自ら差してひとまず動きを止める事に切り替えたと・・・

『隊長T氏』 もしマークシックスで補完を行ってたら潜伏してた12使徒の補完にきり変わってたという事か。じゃぁ月に居るときにすでに感染してたって事か。
まさかゼーレが仕組んだんじゃ?

『大臣』 まさか。使徒による補完はゼーレが一番いやがってるパターンだよ。
マークシックスは自立型に改造されたエヴァみたいだが・・・何が自立型なんだ?補完の時に意思をもつって事なのか。だからシンジだけが悪いって事でないような・・・

『隊長T氏』 使徒が現れロンギヌスを抜きカシウスの槍を仕方なく別に使用。
かなり複雑な事が起こってたように思う。

『大臣』 カシウスの槍ってリリスの物じゃないかな?アダムは4本ロンギヌスの槍をそれぞれ持ってるみたいだから。

『隊長T氏』 しかしエヴァ13号機だが。もしアダムスの生き残りから創られたのならATフィールドが無いのもうなずける。人は拒絶する事をATフィールドで表現してる。
アダムスは神だからATフィールドを必要としない。って言うより必要としないのだ。
全てを受け入れる存在なのだ。しかしそれを知ってるカヲルは第1使徒である自分を受け入れてくれると思ってたのだが第13使徒へと格下げさせられた。
ダブルエントリープラグだが第1使徒へと進化した人がいる。シンジだ。
神さまは1使徒を一番大事にしてる。しかしユイの魂がサルベージュされてるなら一番大事に思うのはシンジの方だ。

確かにカヲルもユイの遺伝子をもってるのだが感情がはいってるのはシンジだからだ。
たぶん、ゲンドウはこうなる事を知ってて二人を乗せたのだ。
まぁこれも計画の内なのだろう。しかし謎なのはアスカは12使徒を見てまだ生きてたのって言ってたのが違和感がある。サードインパクトが起きたときはまだ病室だから。
まぁ後に話だけでも聞いてマークシックスに封印してあるとだけ聞いといて現実その物をみて【まだ生きてたの】って事もありだが。
しかしカシウスの槍をカヲルが最後に確認したときにはロンギヌスの槍とカシウスの槍をそれぞれ1本づつ刺さってたのを最後にドグマを封印したはず。
なのにロンギヌスの槍にすりかわってた。これはどういう事か?
槍の形状が変わると言う事があり得るが性質まで変えられない。
だから封印直前でゲンドウがすり替えた可能性がある。

『大臣』 槍は4本。
一つはリリスに刺さってるのとすり替えられたのともう一つはヴィンダーに使ってるような気がする。そうなるともう一つの所在は不明。後に出てきそうだけど。
ロンギヌスの槍は破壊を象徴しててカシウスの槍は再生でないかい。
しかしネブガドネザルの鍵が出てきてない。何処のタイミングで使うのかは謎だが。
しかしフォースインパクトが起こりかけてるのにもかかわらずゲンドウの中では【今はこれでいい】っと。一体何処までゲンドウの計画は深いのか。ここまできたら凄いとしか言いようが無いのだが。

普通に思ったのだがユイの旧姓が綾波だから碇ゲンドウは旧姓は六分儀でなく碇って事だよなぁ。式波も普通に変わっただけかなぁ。惣流もよかったけど。
しかしリリスの顔がユイないしは綾波だから直接リリスに接触出来そうなのはどう考えてもマークシックスだけだけど7号機ならユイのコアがサルベージュされてなかったらユイが出てこない。だから7号機はダミーシステムで無いことになる。
マークシックスは取り込まれてないし。初号機は接触なし。でも共鳴ならありかも。
うーーんわからない事だらけだ。
次回はサードインパクトの部分をスポットを当ててくれる事を期待して待とう。
次回はブルーレイが出てからもう少し補足します。
2013年3月20日
上へ

T氏より頂いた原稿を、ほぼそのまま掲載しています。
(作文 T氏 、編集 ナオ 、見届け犬 タロヤン)
上へ
ブログパーツ  Copyright (C) 2011 , 2013 meisakugame.com/T氏 All Rights Reserved.