名作ゲームどっとこむ ロマンシング サ・ガ(SFC)の動画、攻略本、サントラ、ゲーム詳細
ゲーム動画
ロマンシング サ・ガ
ホーム > ゲーム通信簿 > ロマンシングサガ < ファミ通殿堂一覧(SFC) < ホーム
 
ジャンル
RPG
メーカー
スクウェア
機種
スーパーファミコン
発売日
1992年1月28日
価格
9,500円(税抜)
ロマンシング サガ ミュージックビデオ
ロマサガ1~3 敵避けメドレー動画
Romancing SaGa (ロマサガ) Barbara vs Death
Romancing SaGa (ロマサガ) final vs サルーイン
ロマンシング サガのサウンド(バトル)
 

『ロマンシング サ・ガ』 (Romancing Sa・Ga) は、1992年1月28日にスクウェア(現スクウェア・エニックス)から発売されたスーパーファミコン用コンピューターRPGである。後に移植版として、携帯型ゲーム機では2001年12月20日に「スクウェア マスターピース」シリーズの1つとしてワンダースワンカラー用の移植版が発売され、携帯アプリでは、2009年3月5日にiアプリで、同年3月18日にS!アプリで、同年7月9日にEZアプリでそれぞれ配信が開始された。
サガシリーズにおけるゲームボーイ以外での第1作目であり、続編も制作されている。特にスーパーファミコンでのシリーズ全体を指してロマンシング サ・ガと呼ぶこともあり、一般的にロマサガ1と略される。

ストーリー

架空の世界「マルディアス」の物語である。昔、3人の邪神が神々の王と人間に戦いを挑んだ。デス、シェラハは最後には降参したが、邪神サルーインだけは降参しなかった。神々の王は10個の宝石を作り人間の英雄に与え、英雄は自らの命と引き換えにサルーインを封印した。これが伝説となった時代がゲームの舞台となる。

概要

フリーシナリオシステムが初めて導入され、ボスより強い雑魚敵が頻出するなど、シリーズを特徴付ける要素が登場した。強制イベントが一部主人公固有の初期イベントとラストダンジョンしかなく、その他のほとんどのイベントはプレイヤーの選択や発生の有無すらストーリー上は何も影響しないことから、フリーシナリオの売りである「自由度の高さ」という点に置いてはシリーズで群を抜いている。

システム
フィールド・移動

本作は、当時のRPGの主流であった自由に動き回れるワールドマップのフィールドではなく、地図上に町やダンジョン等の地名が記載され、目的地の地名を選択して自動で移動する方式が採用されている。世界地図は国ごとに区切られ、地図上に記載される地名を増やすには、自力で移動するよりも、町の住人から情報を得る・その地名が記載されている地図を人や仲間から入手する・船でその場所へ移動するなどの方法が主流となっている。ただし続編に見られるような、世界地図を開いて地域を指定することはできず、海を越えた地域などに行くには、その都度船などの移動手段を用いる必要がある。また、地図には記載されず、特定のイベント中のみ進入可能な場所などもある。また、王城への訪問、王族・貴族との謁見は敷居が高く困難である。
フィールドでの移動は、一部に乗り物などはあるが徒歩が基本で、海を越えた移動などは直接行えない。
フリーシナリオ
本作は、任意のタイミングでシナリオ進行を行えるフリーシナリオシステムを採用した最初の作品である。8人の主人公にそれぞれ物語があり、選んだ主人公によってゲーム開始時の状況が異なる。最終的な目的はどの主人公でも同じだが、ゲームクリアに至るまでの過程をプレイヤーが自由に形成でき、主人公を善人としても悪人としても行動させられるのが特徴である。また、主人公それぞれにテーマ曲が用意されており、多くの町では主人公のテーマ曲が流れるため、同じ展開になる場面でも違った雰囲気でゲームが楽しめる。
フリーシナリオを実現するため、敵の強さを場所ではなくゲーム内時間(実際には戦闘回数)で調節している。これにより、序盤はどこに行っても弱い敵が、終盤は強い敵が現れるようになり、ルートを固定する必要が無くなった。また、イベントの発生や終了も戦闘回数で設定されており、時間を掛けすぎると手遅れになるイベントもある。時間と共に事態が進行して行く概念は、この時点のRPGでは珍しかった。
選んだ主人公によってイベントも変われば会話の内容も変わるというシナリオの作りこみは、発売当時としてはかなりユーザを沸かせたものだった。些細な呼びかけにも各主人公8通りの台詞が用意されている。ただし、ロムカセットの記憶容量節約のため、台詞を共有することも多く、一部を共有したために台詞回しがおかしくなっている場面もある(男性主人公が女言葉を話す、等)。これは一部の地名やアイテムなども同様で、容量節約のため名前を本来の設定と変えた例もある。また、河津秋敏によると元々本作でフリーシナリオを導入するきっかけとなったのは、こういった会話のパターンを増やして楽しむ事から始まったという。

ロマンシング サ・ガ
SFCソフト
ロマンシング サ・ガ
大事典
ロマンシング サ・ガ オリジナル・サウンド・ヴァージョン ロマンシング サ・ガ
ラ・ロマンス
攻略本
ロマンシング サ・ガ大事典
スーパーファミコン ロマンシング サ・ガ<基礎知識編>
ロマンシング サ・ガ<完全解析編> ~キャラメルママ
ロマンシング サ・ガ<徹底攻略編> ~キャラメルママ
ロマンシング サ・ガ大全集


サントラ

ロマンシング サ・ガ オリジナル・サウンド・ヴァージョン
ロマンシング サ・ガ ラ・ロマンス
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ

上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
ロマンシング サ・ガ. (2009, 7月 23). Wikipedia, . Retrieved 8月 19, 2009 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0_%E3%82%B5%E3%83%BB%E3%82%AC&oldid=27043499.
ブログパーツ