名作ゲームどっとこむ 忍者活劇 天誅 紅 ポータブル(PSP)の動画、攻略本、サントラ、ゲーム詳細
ゲーム動画
忍者活劇 天誅 紅 ポータブル
ホーム > PSP - フロムソフトウェア > 天誅紅ポータブル
 
ジャンル
ステルスゲーム
メーカー
フロム・ソフトウェア
機種
PSP
発売日
2010年1月28日
価格
3,990円
忍者活劇 天誅 紅 Portable プロモーション映像「悔恨篇」
忍者活劇 天誅 紅 Portable プロモーション映像「復讐篇」
上へ
『天誅』(てんちゅう)は、コンピュータゲームのシリーズ。ステルスゲームの一種とされる。一貫して、敵から身を隠し一撃で葬り去るという忍者の任務を主眼としたゲームシステムを持つ。
天誅 紅 概要
物語は『天誅 壱』と『天誅 参』の間。始末屋「凛」を中心とした物語で、どちらかというと外伝的なストーリーに彩女が関与した内容。物語上、力丸は冥王の騒乱で行方不明の為、未登場。藤岡鉄舟はデモムービーでのみ登場している。システムはほとんど参同様だが、不完全だった部分が幾分か改善されている。次々と忍殺を決める忍殺乱舞が登場。死体運びが復活。

版権の変遷

第1作である『(初代)天誅』は、アクワイアにより企画・開発され、1998年にソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)より発売された。2作目の『天誅 弐』の製作途中、SMEがゲーム事業を撤退、アクワイアはSMEから版権を買収しようとするもあまりにも巨額だったため断念し、米Activisionに協力してもらい日本地域と海外地域で分けた権利を手にする予定であった。しかし、SMEは版権をActivisionのみの売却。この際、諸般の事情によりアクワイアは制作に関与できないこととなった(後にアクワイアはスパイクと組んで同様の忍者アクションゲーム『忍道 戒』を発売)。『天誅 参』からは開発をK2が担当し、日本での発売はフロム・ソフトウェアによって行われることとなる。『天誅 紅』から版権はフロム・ソフトウェアが取得している。そして、『天誅 4』よりアクワイアが開発に復帰した。
上へ
忍者活劇 天誅 紅 ポータブル PSPソフト 天誅紅 公式パーフェクトガイド ~ファミ通書籍編集部 天誅紅 公式ガイドブック ~キュービスト 天誅 紅 オリジナル・サウンドトラック
攻略本
天誅紅 公式パーフェクトガイド ~ファミ通書籍編集部
天誅紅 公式ガイドブック ~キュービスト


サントラ

天誅 紅 オリジナル・サウンドトラック
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ

宇宙研究コーナー
NASA Images より画像を取得しています。 拡大、縮小いろいろ出来ます。
上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
天誅 (ゲーム). (2009, 12月 30). Wikipedia, . Retrieved 1月 11, 2010 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E5%A4%A9%E8%AA%85_(%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0)&oldid=29760170.
ブログパーツ