名作ゲームどっとこむ ペルソナ2 罪(PSP)の動画、攻略本、サントラ、ゲーム詳細
ゲーム動画
ペルソナ2 罪
ホーム > PSP - アトラス > ペルソナ2罪
 
ジャンル
RPG
メーカー
アトラス
機種
PSP
発売日
2011年4月14日
価格
6,279円
『ペルソナ2 罪』店頭用プロモーションムービー
『ペルソナ2 罪』店頭用プロモーションムービー第2弾
『ペルソナ2 罪』オリジナル版オープニングムービー
上へ

『ペルソナ2 罪』(ペルソナ2 つみ Persona2 Innocent sin.)は、1999年6月24日にプレイステーション用ソフトとして発売された。また、オリジナルの発売からおよそ11年ぶりとなる2011年にプレイステーション・ポータブルへのリメイク版が発売されることが決定した。
『女神異聞録ペルソナ』から3年後の物語だが、主人公らは一新されている。海に面した大都市である「珠閒瑠(すまる)市」が舞台。
難易度が前作からが大きく引き下げられ、遊びやすくなっている。また、ムービーが前作に比べかなり美麗になり、戦闘中だけでなく、一部のイベントでもボイスが入るようになった。マルチエンディングだった前作とは違い、シナリオが一本道になり、パーティメンバーも固定されている。更に台詞がかなり多く、ミニイベントも多いのが特徴。テーマソングはhitomiの「君のとなり」。メインキャラクターのデザインは前作同様金子一馬だが、サブキャラクターのデザインは副島成記が担当している。また、CMでは安藤希が出演していた。

システムの変更点
前作では単独キャラクターが任意のコンタクトコマンドを選んで悪魔と交渉していたが、今作からはそれに加えて複数キャラクターの掛け合いによる交渉が可能になった。戦闘システム・魔法系統が大幅に簡略化され、フォーメーション(隊列)やペルソナレベル、月齢が廃止された。複数の魔法を特定の順番で唱えることにより、より威力の強い魔法(合体魔法)が使えるようになるという新要素も追加。また、いつでもセーブデータが保存できるようになり、ダンジョンも3D画面からクォータービューに変更されるなど、前作と比べてハードルがかなり低くなっている。

ペルソナ

ペルソナの効果や使用法は前作とほぼ同じだが、作成方法が大きく変更された。まずは悪魔との交渉でタロットカードを手に入れる。手に入るタロットカードの種類は交渉相手の種族によって決まる。これをベルベットルームに持って行き、作成したいペルソナを選択し、カードを指定された枚数消費することで手に入る。フリータロットと呼ばれる白紙のタロットカードもあり、これには好きな絵を描いてもらうことで通常のタロットカードとして機能する。悪魔との交渉では手に入らず、フリータロットに描いてもらわないと手に入らないタロットカードもある。また、マテリアルカード(前作の「封神具」にあたる)を所持していないと作成できないペルソナ、突然変異によってしか入手できないペルソナもある。

噂システム
珠閒瑠市内では、街に流れている噂が現実化してしまうという不可思議な現象が起きている。噂屋(前作に登場した「トロ」も噂屋の一人として活躍)や街の人々から入手した様々な噂を、葛葉探偵事務所に依頼して街に流してもらい、普通の洋服店やラーメン屋などで武器や防具などを購入できるようにしたり、更には悪魔たちにも手伝ってもらって噂を広めることによって、武器や魔法の強化なども行えるようになっている。更には噂によって出現した隠し悪魔と戦えるようになる。

ストーリー
「セベク・スキャンダル」と呼ばれることになった、御影町の事件より3年後。
海に面した大都市である珠閒瑠市では、とある噂がまことしやかに流れていた。主人公が通う高校である「七姉妹学園(通称:セブンス)」の校章を身に付けていると顔が崩れてしまう。自分の携帯電話から自分の携帯番号へ掛けると、夢を叶えてくれるという怪人・ジョーカーが背後に現れる。更には街に流れている根も葉もない噂が現実化してしまう。
「ジョーカー様」と呼ばれる儀式を行ったことがきっかけで、ジョーカーに深い恨みを抱かれていることを知った主人公たちは、彼に恨まれる原因となった過去を思い出すために、ジョーカーから差し向けられる悪魔たちと戦っていく。

上へ
ペルソナ2 罪 PSPソフト ペルソナ2 罪 公式マスターズガイド ペルソナ2 罪 オリジナルサウンドトラック
攻略本
ペルソナ2 罪 公式マスターズガイド

サントラ

ペルソナ2 罪 オリジナルサウンドトラック
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ

上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
ペルソナ2. (2011, March 27). In Wikipedia. Retrieved April 12, 2011, from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%9A%E3%83%AB%E3%82%BD%E3%83%8A2&oldid=36921698
ブログパーツ