名作ゲームどっとこむ 桃太郎電鉄タッグマッチ 友情・努力・勝利の巻!(PSP)の動画とゲーム詳細
ゲーム動画
桃太郎電鉄タッグマッチ 友情・努力・勝利の巻!
ホーム > PSP > 桃太郎電鉄タッグマッチ 友情・努力・勝利の巻!
 
ジャンル
ボードゲーム
メーカー
ハドソン
機種
PSP
発売日
2010年7月15日
価格
5,460円
桃太郎電鉄タッグマッチ 友情・努力・勝利の巻!プロモーション映像
上へ

桃太郎電鉄シリーズ(ももたろうでんてつシリーズ)とは鉄道会社の運営をモチーフにしたボードゲーム形式のコンピュータゲーム・テレビゲームシリーズである。現在はハドソンの看板商品の一つである。
第1作目はファミリーコンピュータ用ソフトで、1988年12月2日にハドソンより発売。監督はさくまあきら、イラストは土居孝幸。音楽はサザンオールスターズの関口和之の他、シリーズの一部の作品には宮路一昭や池毅も参加。

概要
現在でも様々なゲーム機向けに発売されているほか、携帯電話用のアプリとしても配信されている。20年以上も続く長寿ゲームシリーズであり、メディア誌など多くの場合は「桃鉄」と略されているが、一部ユーザー間では現在も「桃電」(ももでん)と呼ばれ、同中心開発スタッフの別シリーズであるRPG『桃太郎伝説』と混同されている場合がある(第1作目のパッケージには「桃鉄(ももてつ)と呼ぼう!」と書かれており、カセットのラベルに至っては「桃鉄」の2文字しか書かれていない)。
物件駅・物件数や貧乏神とキングボンビーの悪行は、基本的に作品ごとに増加している。また、近作では高額物件を中心に価格のインフレがすすんでいる。例えば桃太郎ランドという物件の価格は、第1作が50億円でそれに対して最新作の『2010』では10兆円である(2000倍)。
第1作目『桃太郎電鉄』はゲームシステム的には未成熟なものであり、鉄道自体を購入できるなどゲームテーマも異なるものとなっているが、この第1作目を評価するゲーマーや鉄道マニアも多い。
実質的には、第2作目の『スーパー桃太郎電鉄』からが現行のゲームシステムのベースとなっている。以降のシリーズではキングボンビーなどの新キャラクターや新カードの追加などが行われているものの、ルール自体大きな変化はしていない。

上へ
桃太郎電鉄タッグマッチ 友情・努力・勝利の巻! PSPソフト
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ

宇宙研究コーナー
NASA Images より画像を取得しています。 拡大、縮小いろいろ出来ます。
上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
桃太郎電鉄シリーズ. (2010, 5月 11). Wikipedia, . Retrieved 5月 19, 2010 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E6%A1%83%E5%A4%AA%E9%83%8E%E9%9B%BB%E9%89%84%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA&oldid=32042599.
ブログパーツ