名作ゲームどっとこむ メモリーズオフ~それから~(PSP)の動画、攻略本、サントラ、詳細
ゲーム動画
メモリーズオフ ~それから~
ホーム > PSP - 5pb. > メモリーズオフ~それから~
 
ジャンル
恋愛アドベンチャー
メーカー
5pb.
機種
PSP
発売日
2008年8月14日
価格
5,040円
ベスト 2,940円
メモリーズオフ ~それから~ PSP版 PV
上へ

『Memories Off 〜それから〜』(メモリーズオフ 〜それから〜)とは2004年6月24日KIDよりプレイステーション2で発売された恋愛アドベンチャーゲーム(CEROレーティング15歳以上対象)である。また同年10月14日にはWindows版が、2008年8月14日には5pb.GamesよりPSP版が発売された。2006年3月23日にはこの作品の後日談に当たる『Memories Off 〜それから again〜』が発売されている。
同社が発売している「Memories Offシリーズ」の4作目。副題は『かけがえのない想いを乗り越えて』。
2008年8月14日にプレイステーションポータブルで移植版が発売されている。一蹴といのりの再開と馴れ初めを描いたPrologue Storyも収録されている。

概要
物語は前作から1年半後の冬。2作目と同じ「浜咲学園」が舞台の中心であり、主人公は高校生へと戻る。高校3年生である主人公の、卒業前後の生活が描かれる(主人公達が通う浜咲学園は神奈川県立鎌倉高等学校をモチーフとしている)。
多くの新要素を投入した前作『想い出にかわる君 〜Memories Off〜』の反省を受けて、今作では2ndの王道的なストーリーを踏まえつつ製作されている。開始直後に別れを告げられる急展開も、導入部が長いという前作の難点を意識したものである。また、部活動や卒業式が描かれるのは、これまでのシリーズでは学園生活をあまり取り上げてこなかったためである。こうした反省に基づく変更の一方で、カフェが舞台のひとつである点は『想君』を継承しているが、これは学園とステージを切り替えて話にメリハリをつけるための措置。実際のところ、本作の構想は『想君』製作中からすでにあり、両作の世界観のつながりはシリーズ内でも特に強い。
本作のキャラクター造形については、これまであえて避けてきた「萌え」を意識しており、縁の「妹」や葉夜の「メガネ」のように、それぞれにわかりやすい特徴づけがなされている。
なお、鷺沢縁の声優についてはかつて存在したKID公式掲示板で話題に上げることは暗黙の了解となっていた(『Memories Off 〜それから again〜』においては、声優の交代が行われている)。

シナリオ

卒業も間近に控えた雨の日のバレンタインデーに彼女のいのりからデートに誘われた一蹴は、彼女を想い出の教会に連れて行く。
そこで渡されたのは、突然の別れの言葉だった。

上へ
メモリーズオフ ~それから~ PSPソフト ベスト メモリーズオフ それから 設定解説ファンブック メモリーズオフ-それから-ビジュアルファンブック メモリーズオフ~それから~サウンドコレクション
攻略本
メモリーズオフ それから 設定解説ファンブック
メモリーズオフ-それから-ビジュアルファンブック

サントラ

メモリーズオフ~それから~サウンドコレクション
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ

上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
Memories Off 〜それから〜. (2010, 8月 6). Wikipedia, . Retrieved 9月 13, 2010 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=Memories_Off_%E3%80%9C%E3%81%9D%E3%82%8C%E3%81%8B%E3%82%89%E3%80%9C&oldid=33380687.
ブログパーツ