名作ゲームどっとこむ コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2(PS3,Xbox360)の動画とゲーム詳細
ゲーム動画
コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2
ホーム > PS3 - Xbox360 > コールオブデューティモダンウォーフェア2
 
ジャンル
アクション
シューティング
メーカー
スクウェア・
エニックス
機種
PS3,Xbox360
発売日
2009年
12月10日
価格
7,980円
コールオブデューティ モダンウォーフェア2 PV
コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2 PV
コールオブデューティー モダンウォーフェア2  海外版プレイ動画
上へ
『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2』(Call of Duty: Modern Warfare 2, 略称CoD:MW2)は、ファーストパーソン・シューティングゲームであるコール オブ デューティシリーズの第6作目(シリーズ累計では第9作目)。

ストーリー

西暦2011年にイムラン・ザカエフを筆頭とするロシア超国家主義派が実行したアメリカ東海岸への核攻撃計画はジョン・プライス大尉率いるイギリスSASとアメリカ海兵隊の合同作戦によって阻止され、ザカエフは壮大な攻防の末に抹殺された。
その戦いから5年後の2016年。ロシア超国家主義派の新たな指導者となったウラジミール・R・マカロフはロシアの政治的不安定のすきを見て大量の軍事物資を手に入れていた。そしてロシア内では空港で多数の死傷者を出す銃乱射事件が発生、現場で遺体となって発見された実行犯のテロリストがアメリカ人だったことから、反米感情は強まるばかりだった。アメリカはマカロフの計画を阻止すべく、イギリスSAS、アメリカ海兵隊、ネイビーSEALsなど、世界中から精鋭が集められた特殊部隊「タスクフォース141(通称TF141)」を動員してマカロフを追っていた。
第1章(Act I)
ジョセフ・アレン上等兵(Pfc. Joseph Allen)は、アメリカ軍第75レンジャー連隊 (U.S.Army 75th Ranger Regiment)のアフガニスタン、フェニックス砲兵基地における作戦参加中、シェパード将軍(Shepherd)の目にかけられ、CIAに引き抜かれた。彼に課せられた任務は、マカロフの計画を探るための間諜:潜入捜査だった。
それと同時期、前作で生き残ったマクタビッシュ大尉(Captain MacTavish)と彼の部下、ゲーリー "ローチ" サンダーソン軍曹(Sgt. Gary "Roach" Sanderson)が、天山山脈で任務を遂行していた。二人だけで空軍の基地に侵入し、敵の手に渡ったノーラッドの人工衛星を奪い返した。
アレクセイ・ボロディン(Alexei Borodin)としてアレンが潜入してまもなく、マカロフら一行はアメリカ人を装いモスクワのザカエフ国際空港にて民間人相手に銃を乱射、虐殺を行う。しかし、アレンの正体を知っていたマカロフは彼を抹殺し、アメリカ人の死体を虐殺の場に残すことで完全にロシアの目を欺くことができた。
TF141は空港内の監視カメラ映像を観察し、テロリストたちが残した薬莢から火器の製造元がブラジルだと判明した。武器商人のアレハンドロ・ロハス(Alejandro Rojas)を捕まえようと、マクタビッシュ、ローチ、ゴースト(Ghost)、ロイス(Royce)とミート(Meat)を含めた部隊はリオデジャネイロ市へ向った。

マルチプレイ

CoD4や『Call of Duty: World at War』のように、「Perk」やアタッチメント、経験値を稼ぐことによるレベルアップ、支援攻撃などが存在する。。
今作ではPerk機能が大幅に強化されており、前作から引き継がれたものは一部カテゴリの配置が見直され(廃止されたPerkも存在する)新規で追加されたPerkと組み合わせて戦法に大きな特色を持たせている。全てのPerkは使い込むことで「~Pro」と呼ばれるものに変化し、更なる性能強化を図ることが出来る。
支援攻撃は何キルしたらどの支援攻撃を発動するか、を複数の中から選択する事が可能となっている。中でもAC-130は前作CoD4の一ミッションである「空からの死」さながらに画面を通して空爆を行う事が可能である。その他にも支援物資の投下やステルス機による絨毯爆撃、究極の支援攻撃として戦術核の使用など、前作よりもさらに多彩かつ派手な物となっている。
他にもキャプチャー・ザ・フラッグやサードパーソン視点でのプレイなど多くのプレイモードが追加され、投げナイフや設置した場所で復活可能なマーカー、爆破ダメージを軽減するチェストプレートなど装備も多数追加されている。
スペシャル・オプス
今作には通常のキャンペーンモードの協力対戦機能が実装されない代わりに、スペシャル・オプス(Special Ops)と呼ばれる独自の協力プレイモードが実装された。 最大人数は2人で(3人以上の場合MAPの大きさ上、プレイが窮屈になると開発者が語っている)、前作のエピローグエピソードであるマイルハイクラブの様なマップを集めた協力対戦に特化したモードとなっている。 マルチプレイ的にはサブモードながら、通常のキャンペーン並みのプレイ時間が用意され、キャンペーンとはまた違ったプレイを楽しめる。 二分割画面、またはオンラインでプレイが可能である。
上へ
コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2
PS3ソフト
コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2
Xbox360ソフト
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ

宇宙研究コーナー
NASA Images より画像を取得しています。 拡大、縮小いろいろ出来ます。
上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2. (2009, 12月 5). Wikipedia, . Retrieved 12月 6, 2009 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AB_%E3%82%AA%E3%83%96_%E3%83%87%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3_%E3%83%A2%E3%83%80%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A22&oldid=29349049.
ブログパーツ