名作ゲームどっとこむ サクラ大戦V~さらば愛しき人よ~(PS2)の動画、攻略本、サントラ、ゲーム詳細
ゲーム動画
サクラ大戦V ~さらば愛しき人よ~
ホーム > PS2 > サクラ大戦V < 広井王子 < ホーム
 
ジャンル
ドラマチックアドベンチャー
メーカー
セガ
機種
PS2
発売日
2005年7月7日
価格
8,190円
サクラ大戦V オープニング
サクラ大戦V PV
サクラ大戦V PV(アドベンチャー&戦闘)
サクラ大戦V ゲーム動画
サクラ大戦V 主題歌「地上の戦士」
サクラ大戦V EPISODE1 ~さらば愛しき人よ~ ED 「Kiss me sweet」
上へ

『サクラ大戦V 〜さらば愛しき人よ〜』(さくらたいせんふぁいぶ さらばいとしきひとよ)は、株式会社セガが2005年7月7日にプレイステーション2向けに発売したゲーム。
サクラ大戦シリーズの第5弾にあたる。

ストーリー
1928年、舞台は自由と希望の新天地、紐育。蒸気革命により、紐育は世界屈指の大都市へと変貌を遂げた。この街にあるのは、絶えることなきフロンティア・スピリット。人々はより高みを目指し、挑戦を続けていた。
しかし、当時のアメリカは建国されてからまだ150年あまり。歴史を求め、人々は様々な伝統文化を取り込む。その結果、人々は「魔」なる存在も引き込んでしまった。
それら「魔」から紐育を守るため、ある秘密防衛組織が設立される。その名は「紐育華撃団」。
その頃、帝都・上野公園に一人の若き青年将校がいた。「帝国華撃団」総司令・大神一郎大尉の甥、大河新次郎少尉である。大帝国劇場において、新次郎は大神に「紐育華撃団・星組」への入隊を命じられる。
不安と期待が入り混じる中、新次郎は大神に見守られながら日本を離れる。目指すは新天地、紐育。今、紐育の平和を守るため、若き戦士達が戦いに挑む。

概要

今作品の舞台は紐育(ニューヨーク)。(1作目、2作目、4作目では舞台が帝都(東京)、3作目では舞台が巴里(パリ)。)
今作品から主人公が変わり、4作目までの主人公である大神一郎の甥にあたる大河新次郎となる。
ヒロインは、ジェミニ・サンライズ、サジータ・ワインバーグ、リカリッタ・アリエス、ダイアナ・カプリス、九条昴、ラチェット・アルタイルの6人。なおラチェットは、アニメーション映画『サクラ大戦 活動写真』で登場したキャラクター。その他のヒロインは新出(ただしジェミニは本作の前史に当たる『荒野のサムライ娘』で先行登場)。サブタイトルはレイモンド・チャンドラーのさらば愛しき女よから。当初はツタンカーメンのエピソードも加える予定ではあったが、やむをえない事情でカットされてしまった。なおこのエピソードは、OVAである『サクラ大戦 ニューヨーク・紐育』として描かれている。
構成
シリーズの伝統を受け継ぎ、全8話のエピソードからなる話数構成で、各話の最後にはTVアニメーション風の次回予告が入るのは従来通り。帝都の「太正桜に浪漫の嵐」、巴里の「愛の御旗のもとに」につづき、今作紐育のキャッチフレーズは「摩天楼にバキュ〜ン」。

戦闘パート

戦闘パートはサクラ大戦で3作目から採用されている「ARMSゲージ」を使用したシステムだが、次のように大幅にシステムが変化した。
「エリア移動」や「空中・地上分戦」といった、複数領域を移動しながらの戦闘がある。
ランダム発生だった「連携攻撃」がプレイヤー任意に変更され、ランダムで「三人連携」も発生するようになった。それらに伴って「連携度」というパラメータが登場。特定のイベントや、連携攻撃を使用すると上昇し、連携攻撃の威力が上がり、連携時のセリフも変化する。
作戦コマンドが「風・林・火・山」から「心・技・体」に変更された。
隊長が隊員をかばう「かばう」に加え、隊長が隊員を呼び寄せる「ヘルプミー」が追加された。
回復や連携攻撃にも気力値を使うようになった。また、アドベンチャーパートで得た信頼度によって、戦闘開始時の気力の初期値が変化するようになった。その関係で、必殺技、合体技の発動に必要な気力値が変更された。
「行動コスト」という概念の導入により、ターンの回ってくる順番がその時の行動によって変わるようになった(例えば、全く行動せずにターンを終了すれば次のターンが速く回ってくる。逆に行動コストを大幅に消費する「エリア移動」などを行うと、ターンの回ってくる順番が遅くなる)
スター各機に特殊効果が設定され、同じエリアにいるスターに効果を与えるようになった。
隊長度や連携度といったパラメータを2周目以降のプレイに引き継げるようになった。
シリーズ恒例の、アニメーションによる各キャラクターの必殺攻撃・各ヒロインとの合体攻撃は健在だが、今作ではゲーム中での機体のバージョンアップイベントが無いため、必殺技が人型形態と空戦形態でそれぞれ一種類ずつである(主人公の新次郎のみ2週目以降究極必殺技が使用可)。
戦闘時の華撃団参上決め台詞は舞台が紐育ということもあってか、「イッツ・ショータイム!」となっている。

主題歌

OP:『地上の戦士』
作詞:広井王子、作曲:田中公平/歌:紐育華撃団・星組

ED:『Kiss me sweet』
作詞:広井王子、作曲:田中公平、編曲:岸村正実/歌:紐育華撃団・星組

挿入歌:『ここはパラダイス』
作詞:広井王子、作曲:田中公平、編曲:根岸貴幸/歌:マイケル・サニーサイド(内田直哉)、プラム・スパニエル(麻生かほ里)、吉野杏里(本名陽子)

サクラ大戦V ~さらば愛しき人よ~ PS2ソフト サクラ大戦V ~さらば愛しき人よ~ ファイナルガイド ~ファミ通書籍編集部 サクラ大戦V ~さらば愛しき人よ~ 原画&設定資料集 ~エンタテイメント編集部 サクラ大戦5 さらば愛しき人よ 攻略星暦
~講談社
サクラ大戦V ~さらば愛しき人よ~
ボーカルコレクション紐育歌謡全集
サクラ大戦V ~さらば愛しき人よ~
ミュージックコレクション紐育音楽館
攻略本
サクラ大戦V ~さらば愛しき人よ~ ファイナルガイド ~ファミ通書籍編集部
サクラ大戦V ~さらば愛しき人よ~ 原画&設定資料集 ~エンタテイメント編集部
サクラ大戦5 さらば愛しき人よ 攻略星暦 ~講談社


サントラ

サクラ大戦V ~さらば愛しき人よ~ ボーカルコレクション紐育歌謡全集
サクラ大戦V ~さらば愛しき人よ~ ミュージックコレクション紐育音楽館
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ

上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
サクラ大戦V 〜さらば愛しき人よ〜. (2009, 9月 14). Wikipedia, . Retrieved 10月 1, 2009 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%82%B5%E3%82%AF%E3%83%A9%E5%A4%A7%E6%88%A6V_%E3%80%9C%E3%81%95%E3%82%89%E3%81%B0%E6%84%9B%E3%81%97%E3%81%8D%E4%BA%BA%E3%82%88%E3%80%9C&oldid=27954130.
ブログパーツ