名作ゲームどっとこむ ファイナルファンタジー10(PS2)の動画、攻略本、サントラ、ゲーム詳細
ゲーム動画
ファイナルファンタジーX
ホーム > PS2 - ゲーム通信簿 - 坂口博信 > ファイナルファンタジー10
 
ジャンル
RPG
メーカー
スクウェア・エニックス
機種
PS2
発売日
2001年7月19日
価格
8,800円
ベスト 2,940円
ファイナルファンタジー10 オープニング
FF10 ネスラグ戦
FF10 全動画集
ファイナルファンタジー10 「素敵だね」
FF10 一番すばらしい編集モノ
Final Fantasy X Music - Battle Theme
Final Fantasy X Music - A Fleeting Dream
Final Fantasy X Music - Fight With Seymour
Final Fantasy X Music - To Zanarkand
Final Fantasy 10 Music - Jecht Battle
上へ
ファイナルファンタジー10の概要
同シリーズとしては初めてキャラクターボイスが採用され、よりストーリー重視の作品となり、ドラマチックな仕上がりとなった。また、『FFVII』〜『IX』のPSシリーズでも他のゲームを寄せ付けないCGだったが、プレイステーション2に移っても他を圧倒する驚異的なほど綺麗なグラフィックでユーザーを驚かせた。

システム
フィールド

過去のシリーズ全てに存在した「自由に動き回れるワールドマップ」は廃止された。これはワールドマップ上でキャラクター・船・町のシンボルが同じような大きさで表示されるといったファミコン以来の不自然な表現を排除するためだと思われる。フィールドを歩くうちに隣り合った土地に移動したり、飛空艇のメニューから瞬時に各地へ移動する。
フィールドは完全な3Dで描かれ(一部を除く)、キャラクターの移動に合わせてカメラアングルが変化する。開発中は同時発表された『FFXI』同様に視点を自由に回転できたが、画面酔いしすぎてプレイできないという直良有祐の強い要望でカメラの動きが制限され主流になった。自由に回転できる作品で画面酔いするという苦情の多さからも改悪とは言えない面があり、坂口博信のロストオデッセイでも採用されている。

オーバードライブ

敵から受けるダメージの蓄積や、HPが減って瀕死状態になる等の条件によって発動可能な特殊技は過去のシリーズにも存在したが、今回「オーバードライブ」と呼ばれるそのシステムは大幅に拡張された。
オーバードライブゲージが最大値になることで強力な特殊技が使えることは同じだが、ゲージの溜まり方は様々なバリエーションがある。プレイヤーキャラクターについては以下に挙げる「オーバードライブタイプ」と呼ばれるゲージ蓄積条件の中から選択でき、状況によってタイプをうまく使い分けることで効率のよい攻撃が可能となる。なお初期状態では「修行」のみとなっており、それ以外は対応する行動を何度も行って習得する。

召喚獣
前作までの召喚魔法は、美麗なグラフィックが名物となった一方、発動時間が長いことや、ゲーム終盤になるとあまり役立たないといった欠点が指摘されていた。本作で召喚獣の役割は大幅に変わり、上記の欠点をある程度解消した。
ユウナがバトル中に召喚すると、3人のキャラクターに代わって攻撃・魔法などの行動を行う。全般に召喚獣はキャラクターより能力値が高く、ほぼ全てのステータス異常が無効であることが大きな利点で、強力なモンスターの攻撃に対する盾にするなどの活用が可能である。
召喚獣もキャラクターとは仕様が異なるがオーバードライブというシステムがあり、過去のシリーズで使用していた技はオーバードライブ技として位置づけられている。これを事前にチャージして、対ボス戦で連発する『召喚ボンバー』と呼ばれる公式テクニックが存在するが、後半では基本的な戦術を見直さなければダメージのゴリ押しでは勝てないバランスになっている。

世界設定

本作ではスピラと呼ばれる異世界が舞台となる
スピラでは機械文明があまり発展しておらず、基本的に人々の生活は質素であり、現実における未開の地やアジアに似た光景が見られる。しかし、生命エネルギー幻光虫の存在など現代的文明の代わりに発展しているファンタジー的な魔法文明や、亜人や人間とは異なる知的種族や人間を脅かす魔物の存在、独自の宗教とも言える“エボンの教え”、独自のスポーツであるブリッツボールなどによって、現実のどの時代とも全く異なる独特な世界観が築かれている。
スピラには『シン』と呼ばれる脅威が存在し、人々は常に死の恐怖に脅えている。その心を支えているのがエボン教が掲げるエボンの教えであり、『シン』を倒すことを使命とする召喚士である。
スピラの人間の大半はエボンの教えを信じ、教えに従って生活しならが召喚士の旅を支え、いつか『シン』が完全に消滅することを希望に生き続けている。

主題歌

「素敵だね」
作詞・野島一成
作曲・植松伸夫
編曲・浜口史郎
歌・RIKKI (奄美の島唄をバックボーンに持つ女性歌手)

キャッチフレーズ

本作のキャッチフレーズは2つ存在する。

私、『シン』を倒します。必ず倒します。

公式キャッチコピーでオリジナル版のパッケージ裏面にも書かれている。出展は今作のヒロインであるユウナが初めてキーリカで異界送りを行った後の物。パッケージの裏面は異界送りをしている時の彼女を背景とし、異界送りを始めるシーンがモノクロで重ねられているデザインとなっている。

世界一ピュアなキス。

PlayStationのCM枠で打ったコピー。公式の物ではないが公式のコピーよりも有名なものとなっている。

ファイナルファンタジーX PS2ソフト ベスト ファイナルファンタジーX インターナショナル
PS2ソフト ベスト
ファイナルファンタジーX シナリオ アルティマニア
~スタジオベントスタッフ
ファイナルファンタジーX バトル アルティマニア
~スタジオベントスタッフ
ファイナルファンタジーX アルティマニアΩ
~スタジオベントスタッフ
楽しいバイエル併用 ファイナルファンタジーX
~スクウェアサウンズ
FINAL FANTASY X ORIGINAL SOUNDTRACK PIANO COLLECTIONS/FINAL FANTASY X
攻略本
ファイナルファンタジーX シナリオ アルティマニア ~スタジオベントスタッフ
ファイナルファンタジーX バトル アルティマニア ~スタジオベントスタッフ
ファイナルファンタジーX アルティマニアΩ ~スタジオベントスタッフ
楽しいバイエル併用 ファイナルファンタジーX ~スクウェアサウンズ
上級者向けピアノコレクションズ ファイナルファンタジーXピアノソロ ~仲野順也


サントラ

FINAL FANTASY X ORIGINAL SOUNDTRACK
PIANO COLLECTIONS/FINAL FANTASY X
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ

上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
ファイナルファンタジーX. (2009, 8月 19). Wikipedia, . Retrieved 9月 3, 2009 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%83%BCX&oldid=27508733.
ブログパーツ