名作ゲームどっとこむ ゼノギアス(PS)のゲーム動画、攻略本、サントラ、ゲーム詳細
ゼノギアスの特徴。 ストーリーは、他に類を見ない多数の伏線が散りばめられており、臨床心理学、パンスペルミア仮説、生物学、多くの科学用語、ニーチェ、ユング、キリスト教、ユダヤ教、社会問題、SF、映画、アニメ(特にロボットアニメ)、特撮などの様々な価値観や概念を織り交ぜた構成となっており、ストーリーにも深く関係し非常に難解なものとなっている。
プレイステーション作品でありながら、作品の難解性とは裏腹にキャラクターボイスやクオリティの高い合計30分を超えるアニメーションムービーが採用されている。
ゲーム動画
ゼノギアス
ホーム > ゲーム通信簿 > ゼノギアス < ファミ通殿堂一覧(PS) - 坂口博信 < ホーム
下へ 
ジャンル 
RPG
メーカー
スクウェア
機種
PS
発売日
1998年2月11日
価格
6,800円(税抜)
ベスト 2,500円(税抜)
ゼノギアス オープニング
ゼノギアス必殺技全集 キャラ編 シタン(剣)
Xenogears Music - Stars of Tears (Opening Theme)
Xenogears Music - Awakening
Xenogears Music - Faraway Promise
Xenogears Music - Flight
Xenogears Music - Small Two of Pieces - Restored Pieces
攻略本
Xenogears PERFECT WORKS the Real thing-スクウェア公式ゼノギアス設定資料集
ゼノギアス徹底攻略本-プレイステーション~ホーム社
サントラ
ゼノギアス オリジナル・サウンドトラック
ゼノギアス アレンジヴァージョンクリイド
ストーリー
一万年前、星間戦争が行われていた時代。
惑星ミクタムの衛星軌道を周回する工業衛星内において、開発段階にあった完全
自立型の新兵器が意図しない暴走を起こす。その新兵器は工業衛星を破壊するに
とどまらず、惑星ミクタムに侵攻し人類側に甚大極まりない被害を発生させた。
人々は新兵器を停止させ各ブロックごとに分解し、生き残った人々と共に恒星間
移民船エルドリッジに収容、移民と暴走事故の調査の為に他星系に向けて恒星間
移動していた。
しかし、分解保存されていたはずの新兵器は再構成し恒星間移民船エルドリッジの
中枢システムに侵入、航行システム及び火器管制システムを占領。搭乗していた
人々の殺戮と、空間歪曲によるワープの実行を試みる。
ワープ座標は、人類発祥の星、『ロスト・エルサレム』。地球だった。
艦長は最後の手段として整備用システムを強制始動、エルドリッジをブロックに分割
しワープも失敗に終わる。そして幾多ものブロックに分解された移民船は、名も無き
付近の惑星に墜落してゆく・・・・。
創始暦9999年、北の大陸<イグニス>の西に位置している国家アヴェと、東に位置
するキスレブは約300年もの長い間戦争を行い、人々は泥沼化した戦争の中でその
火種さえ忘れかけていた。
両国は過去の遺跡からギア(オーパーツ)と呼ばれる巨大な人型戦闘兵器を発掘し、
技術解析しながら戦争を拡大していった。戦局は遺跡の数が多かったキスレブが
物量作戦で有利となっていったが、戦争を終結させるほどのものではなかった。
永きに渡る膠着を憂いたアヴェの王はキスレブとの和平を実現させつつあったが、
宰相がクーデターを起こす。ゲブラーと呼ばれる高度な科学技術を持った正体不明
の組織がアヴェ側に付き、アヴェが圧倒的不利だった戦局を五分まで回復させたの
だった。戦争とは関係の無い辺境の村ラハンで暮らしていたはずの主人公フェイは、
"世界"の真実を目撃していくことになる。
概要
『ゼノギアス』は『ファイナルファンタジーVII』(以下FFVII)とほぼ同時期に開発が
スタートしたためか『裏FFVII』とも呼ばれる。FFVIIが採った、フルポリゴンによる
キャラクターとプリレンダリングCG による一枚絵の背景とは正反対の方式を取った
ためとも言われている。
また、『ゼノギアス』のストーリーには、元々FFVII製作初期段階に複数存在していた
ストーリー原案のうちの一つの要素を含む事でも有名である。
高橋哲哉の案をボツにした坂口博信が別のゲームを担当するよう勧めた。
そして『クロノ・トリガー2』チームとして発足したが諸般の事情でゼノギアスへと変更
になった。ゼノギアス開発終了後、加藤正人の希望により製作されたクロノ・クロス
との多くの類似はスタッフの重複だけでなくこの事も関係している。
初期案では牧歌的な内容であり、またその後500年前を舞台にしたストーリー(エピ
ソードIV)と今作の(エピソードV)の2本立てが考えられていた時期もあった。
「文化庁メディア芸術祭10周年企画 日本のメディア芸術100選」でアンケートの
選択項目のリストに「ゼノギアス」の項目は無かったが、その他にふさわしいと思う
ものがあれば記入する自由記入欄による「ゼノギアス」への投票数が、エンターテイ
メント部門の自由記入欄投票の中で3位に選ばれた。また、『週刊ファミ通』の読者が
選ぶアンケートでも、発売から数年経ってもランク内に入っていた。
冒頭のアニメーションから散りばめられた伏線はストーリーが進んでも回収されず、
終盤に入り一気に謎の解明が行われる。その終盤にあたるDisc2では、サウンド
ノベルのように文章を読み進めていくシーンが続き、プレイヤーが操作するシーンは
少ない。このようなモノローグ形式になったのは壮大なストーリーに対する容量や
制作期間不足の側面も大きいと考えられている。
スクウェア作品で初めて声優によるキャラクターボイスを使用し、初めてエンディング
テーマにヴォーカル曲を用いた。
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
  上へ


ゼノギアス
PSソフト

ゼノギアス
攻略本 

ゼノギアス
サントラ
ブログパーツ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
ゼノギアス. (2009, 1月 7). Wikipedia, . Retrieved 2月 1, 2009 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%82%BC%E3%83%8E%E3%82%AE%E3%82%A2%E3%82%B9&oldid=23753725.