名作ゲームどっとこむ イースI・II(PCエンジン)の動画、攻略本、ゲーム詳細
ゲーム動画
イース I・II
ホーム > ファミ通殿堂一覧(PCエンジン) > イースI・II
 
ジャンル
アクションRPG
メーカー
ハドソン
機種
PCエンジンCD-ROM
Wiiバーチャル
発売日
1989年12月21日
Wii2007年10月16日
価格
7,800円
Wii 800ポイント
PCエンジン 「イースⅠ・Ⅱ」 イース I のオープニング
PCエンジン 「イースⅠ・Ⅱ」 イース II のオープニング
PCエンジン イース I・II トレーラー
PCエンジン 「イースⅠ・Ⅱ」 イース I のプレイ動画
PCエンジン 「イースⅠ・Ⅱ」 イース II のプレイ動画
Ys Book I & II - Ruins of Moondoria
PC Engine Music: Ys I
PC Engine Music: Ys II
 
イースI・IIの概要
『I』、『II』の副題はそれぞれ『失われし古代王国 序章 (Ancient Ys Vanished Omen) 』、『失われし古代王国 最終章 (Ancient Ys Vanished The Final Chapter) 』であり、この2作は1つの物語の前後編となっている。従ってストーリーは密接に繋がっており、片方だけのプレイではストーリーを理解する事は出来ない。この2作品をPCEに移植の際に、一つにまとめたのが『イースI・II』の最初である。大別すると、2作品を1作品にまとめあげた物と、独立した2作品を同梱した物との2種類がある。

イースI・II(PCE版)PCE への移植作品。

これまではそれぞれ別個に移植されていた2作品を、CD-ROM の容量を活かし初めて1本にまとめたもの。他の『I・II』が1本の販売タイトルにそれぞれ独立した『I』と『II』という2作品を収録した、言わば「セット販売」であるのに対し、PCE版は2作品を繋ぎ合わせ『I・II』という1つの作品として仕上げている点が大きく異なる。
アメリカ版のタイトルは『Ys Books I&II』。
2007年10月16日よりWii・バーチャルコンソールにおいて配信された。

発売当時から非常に評価が高く、本作でイースシリーズのファンになったという人や、本作をプレイするために PCE CD-ROM² を購入したという人も多い(『R-TYPE』、『天外魔境』と共に「PCEの3大キラーソフト」と呼ばれる。)。また、今日においても「PCE における最高傑作」等と最大限の評価を与えられる事も多い。

こうした高い評価を受けた原因は、当時の最先端技術である CD-ROM メディアを最大限に生かしたゲーム作りにある。ROMカセットが主流であり、容量が「メガビット(1メガビットが約128キロバイト)」で大作として扱われる時代に540メガバイト(約54万キロバイト。1メガビットの約4200倍)という破格の容量をもつ CD-ROM で可能になった(当時としては)群を抜いた美麗なグラフィック、CD-ROMだから可能なCD音源によるBGMと音声による演出。これらを活用した「キャラクターがグラフィックでアップ表示されて喋る」という演出は今日では当たり前に見られるが、先行した『天外魔境』と本作の成功により確立された方法と言われている。ゲームユーザーの多くが男性である事に注目し、美少女キャラクターが喋る事から『ギャルゲーの元祖』と言われる事もある。またこの声優の演技や台詞の構成などの完成度の高さから、この後に発売されたWindows版イースⅡエターナルを酷評、PCエンジン版I・IIを絶賛するファンが『イース(Ⅱも含む)エターナルはギャルゲー』『絵は綺麗だけど声が出ない』『BGMに迫力がない』などPCエンジン版は新作と比べられる対象となることもあり、新作派とPCエンジン版派の意見は大きく分かれた。

密接に繋がった2作を間を空けずに繋げる事によりストーリーへの移入度をより高めることに成功しているが、これもやはり CD-ROM の大容量で初めて可能な演出であった。本作を絶賛するファンの中で『Ⅰのエンディングがない』とあるが、『ストーリー上仕方ない』と妥協する人間は多い。しかし、Ⅰの部分をクリア後に主人公を見張る魔物側と、本シリーズ屈指の大人気曲『TO MAKE THE END OF BATTLE』をCD音源の音質を生かした主人公側の演出がなされており、Iのエンディングの穴埋めはされている。

更には米光亮によってアレンジされた CD音源のBGM に対する評価も非常に高い。オリジナルPC版の原曲イメージを崩す事無く、サンプラーやシンセサイザーを駆使し原曲の持つ世界観を非常に上手く演出してみせた。PCエンジン内蔵音で奏でられたBGMもいくつかあったが、多くの BGM が米光の手によってCD音源で収録され多くのファンに好評を得ることとなったことから、続編として発売されたPCエンジン版イースIII、イースIVにおいても引き続き米光がアレンジを担当した。今でも BGM を聞くためにこのソフトを CD として利用しているという人もいる(なお、ハドソンはこのソフトをCDプレーヤーで聞く事はプレーヤーの故障原因となるため、公式には認めていない)。なお、米光亮は『パーフェクトコレクション イース』『パーフェクトコレクション イースII』のアレンジも担当しているが、本作に収録されているBGMとはそれぞれアレンジが異なる。

PCエンジンCD-ROMは光学ディスクメディアによるゲーム機の先駆けであり、ドライブの読み込み速度は遅くメモリも少なかったため、ローディングによりゲーム中に待たされる時間が非常に長いという弱点もあった。それでもPCエンジン版のソフトを複数買うユーザーも少なくなく、プレイステーション、セガサターン、任天堂64が出回った時期は中古市場で高価に取引されていたこともある。発売当時の最先端技術を使った作品であったが、PCエンジンより圧倒的な処理能力を持つハードで様々な同シリーズが発売された今日でも『最強のイース』と評するファンは多い。

イース1・2 PCエンジンCD-ROMソフト イース大全集
~コンプティーク編集部
イースのすべて
-PCエンジン版イース1・2・3全集
攻略本
イース大全集 ~コンプティーク編集部
イースのすべて-PCエンジン版イース1・2・3全集
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ

上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
イースI・II. (2009, 6月 1). Wikipedia, . Retrieved 8月 7, 2009 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%82%B9I%E3%83%BBII&oldid=26191405.