名作ゲームどっとこむ プリンセスメーカー(PC-9801)の動画、攻略本、ゲーム詳細
ゲーム動画
プリンセスメーカー
ホーム > PC-9801 > プリンセスメーカー
 
ジャンル
育成シミュレーション
メーカー
ガイナックス
機種
PC-9801
発売日
1991年5月24日
価格
 
PC-9801 プリンセスメーカー
上へ
『プリンセスメーカー』はガイナックスが製作・発売する育成シミュレーションゲームシリーズ。同ジャンルを確立した代表作であり、監督・キャラクターデザインを手がけた赤井孝美の代表作でもある。通称「プリメ」。

概要
ファンタジーの世界を舞台とし、魔王から王国を救った勇者が父親となって、少女(1作目は孤児、2作目は天界の少女、3作目は妖精の女の子、4作目は魔王と人間のハーフ)を自分の娘として育て上げていくというもの。勉強、習い事、武者修行、アルバイトなど、さまざまな経験をさせていく事で性格や魅力などが成長、その育成方針でどのような娘に育っていくかが変わっていく。そして娘が18歳になった時にプリンセスを始めとする様々な将来が待っている。

プリンセスメーカー

1991年5月24日にPC-9801版が発売。以後様々な機種に移植された。中世ヨーロッパ風の世界を舞台とし、戦災孤児の少女を養女として育てていく。
PC/AT、MSX、PCエンジン、X68000、Windowsの各版と、CGをリマスターしたリファイン版がWindows、プレイステーション2の各版で、またi-mode版も発売。
MSX、PCエンジン版においては、マイクロキャビンが制作販売(PCエンジン版はNEC-HEが販売)し、ユーザーインターフェイスの変更、エンディングの増加、娘の声優に横山智佐を採用する等の相違点が見られる。リファイン版は娘の声優に鶴野恭子。
X68000版はニューから1997年に通販のみで限定販売された。当時はX68シリーズの生産が既に終了し、市販での新作ソフトはほぼ皆無であった。そして長らく発売予定扱いになっていたことも相成り、本作のリリースはX68ユーザーを驚かせた。基本的にはPC-9801版の移植であるが、版権の都合でBGMがオリジナルのものに差し替えられ、音声はPCエンジン版の横山智佐によるものが流用されている。また、システムディスクには購入者の名前とシリアルナンバーがテキストファイルに書き込まれていた。
上へ
プリンセスメーカー リファイン版 PCゲーム PCゲームBESTシリーズ プリンセスメーカー プリンセスメーカー1・2コレクション
攻略本
プリンセスメーカー1・2コレクション
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ

上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
プリンセスメーカー. (2010, 1月 15). Wikipedia, . Retrieved 4月 15, 2010 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%82%B9%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC&oldid=30018866.