名作ゲームどっとこむ ぽっぷるメイル(PC-9801)の動画、攻略本、サントラ、ゲーム詳細
ゲーム動画
ぽっぷるメイル
ホーム > PC-9801 > ぽっぷるメイル
 
ジャンル
アクションRPG
メーカー
日本ファルコム
機種
PC-9801
発売日
1992年5月22日
価格
 
PC-9801 ぽっぷるメイル(オープニング)
ぽっぷるメイル(PC98版)プレイ動画
ポップルメイル「NO NO PESSIMIST」林原めぐみ
上へ

『ぽっぷるメイル』は賞金稼ぎの主人公メイルが、魔法使いのタットと怪獣ガウと一緒に繰り広げる、どたばた冒険アクションRPG。製作は日本ファルコム。
発売当時、『英雄伝説 ガガーブトリロジー』とともに、ラジオドラマなどのメディアミックスも盛んに行なわれた。そのいっぽうで、日本ファルコム作品の中では珍しく続編やリメイク、オンライン版が発売されていない作品でもある。

ストーリー

はるか古代、異界から襲撃してきた3人の魔王によって世界は暗黒に包まれていた。魔王はそれぞれ「獣の王」、「死霊の王」、「闇の王」と名乗り、彼等に率いられた魔物の軍勢は人間達を圧倒していた。人々が絶望する中、智謀と勇気を併せ持ったエルフの魔法使いと人間の剣士、ドワーフの戦士が魔王に戦いを挑み、見事勝利を収める。戦いの後、彼等は名を残す事なくいずこに姿を消した。
それから、幾星霜の時が流れた。
エルフのおてんば賞金稼ぎメイルは今日も獲物を追いかけていた。この日も50万ゴールドの賞金首、マリオネット強盗団の首領、ナッツ・クラッカーを追い詰めたが土壇場でドジを踏んでしまい、逃げられてしまう。「あたしって才能無いのかなぁ」と落ち込み、廃業を考えた矢先、200万ゴールドもの超高額賞金首、魔導士マテリアル・ホルンの名前が。どう見てもぱっとしない老人、これなら楽勝と思ったメイルは、「最後にこいつでひと花咲かせよう」と、マテリアルを捕まえるために旅に出ることになった。

システム
基本的には同じファルコム製のアクションRPG『ザナドゥ』、『ロマンシア』などを踏襲したシステムになっており、横スクロール画面上で、メイル自身は敵への体当たりによるバトルによって進められる(ただし、ダガーなど武器によっては遠隔攻撃が可能。また後述するようにメガCD版・スーパーファミコン版ではシステムの大幅変更により、剣を振って攻撃したり上突き攻撃ができるなど、攻撃パターンが増えており、アクション性が強化されている)。
ストーリーを進めることで魔導師のタット、怪獣のガウが仲間となり、プレイヤーキャラとして使用可能になる。タットは魔法を使う遠距離戦向け、ガウはジャンプの滞空時間が長く、炎を吐くことができ主に中距離戦向け、として位置づけられており、共に武器を変えることで攻撃パターンが変わる。近距離戦向けのメイルを含めて3つのキャラクターをうまく使い分けなければ、ダンジョンの攻略やボスキャラクターを倒すことができない。また、そのとき使用しているキャラクターによって、街の住民との会話が変わるようになっており、特にガウの時にはこれが顕著に見られる。

PC-9801版(1992年5月22日発売)

基本はPC-8801版と同じだが、オープニング・エンディングのビジュアルなどグラフィック面が8色から16色へ、解像度も640x200から640x400へ変更されるなど、PC-98のグラフィックスペックをフルに使った形となっている。サウンド面でもファルコム初のPC-9801-73/86音源対応となっており、高音質なBGM再生が可能となった。HDDへのインストールにも対応している。
上へ
ぽっぷるメイル
PCエンジンソフト
ぽっぷるメイル
メガCDソフト
ぽっぷるメイルハンドブック ぽっぷるメイル パラダイス
攻略本
ぽっぷるメイルハンドブック

サントラ

ぽっぷるメイル パラダイス
ぽっぷるメイル・サウンド・ボックス 94
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ

上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
ぽっぷるメイル. (2010, 3月 30). Wikipedia, . Retrieved 4月 19, 2010 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%81%BD%E3%81%A3%E3%81%B7%E3%82%8B%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%AB&oldid=31288452.