名作ゲームどっとこむ ヴェイグス(PC-8801)の動画とゲーム詳細
ゲーム動画
ヴェイグス
ホーム > PC-8801 - ゲームアーツ > ヴェイグス
 
ジャンル
アクション
メーカー
ゲームアーツ
機種
PC-8801
発売日
1988年12月16日
価格
7,800円
PC88版ヴェイグスALL1/5
PC88版ヴェイグスALL2/5
PC88版ヴェイグスALL3/5
PC88版ヴェイグスALL4/5
PC88版ヴェイグスALL5/5
上へ

『VEIGUES』(ヴェイグス)は、ゲームアーツが1988年12月16日に発売した、NECのパーソナルコンピュータ「PC-8801mkIISR」以降の機種対応のゲームソフト。
後に、冗長気味だったステージを短縮し、NECのコンシューマーゲーム機PCエンジンに移植された。発売はビクター音楽産業だが開発はbits Laboratoryが行った。

ストーリー

西暦2321年10月8日、突如として太平洋沿岸の都市が謎の敵の攻撃にさらされる。
当初、異星人の侵略かと思われたが、太陽系全域をカバーする空間密度探査レーダーには侵入の形跡は認められず、外宇宙からの侵略は否定された。
その後の調査で、南太平洋の深度約100〜1000メートルの海底に全長1200キロにも及ぶ高エネルギー反応が発見された。データ分析の結果、敵の基地施設と判明、「ミズガルズサーペント」と命名される。
だが、ミズガルズサーペントを攻撃する武器を持たない人類は、かろうじて撃墜出来た敵の残骸を解析し、敵兵器に対抗、およびミズガルズサーペントを攻撃、破壊が可能な兵器の開発を始めるが、完成までに実に3年の月日を要した。
西暦2324年、数多の犠牲を払い完成した戦術格闘機TG-20D5「ヴェイグス」に最後の希望を託し、作戦名「オペレーション・ラストラリー」が開始される。

ゲーム・システム

ゲーム自体は、サイドビュータイプの強制横スクロールアクションシューティングゲームに分類される。ただ、同社の高度なプログラミング技術によって、当時のパソコンゲームとしては極端に大きなキャラクターが画面上を激しく動き回る点で画期的とされ、また同社の定評あるグラフィックやBGMも高い完成度に仕上がっていた。しかし同社作品の他の例に漏れず難易度は高く設定されていた。
ヴェイグスは通常、地面の上をローラーダッシュ(装甲騎兵ボトムズ等の当時のロボットアニメで多く見られたギミックで、脚部に内装された駆動輪で平地を滑走する事ができる)しており、左右キーで前後に移動、ジャンプと下キーを入れた際に方向転換(その場でクイックターン)する。なおクイックターン時には当たり判定がなくなるので、これを利用して敵の攻撃を回避する。ヴェイグスはダメージを受けるとシールドを消耗するが、これは時間と共に回復する。しかしシールドが無い時にダメージを受けると、頭部センサーかビームガンかフィールドパンチが破損し、これによって「頭部センサー破損→敵の攻撃方向を知らせる警告が出ない」・「ビームガン破損」・「フィールドパンチ破損」で更に戦況が厳しくなる。

上へ
ヴェイグス PCエンジンソフト
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ

上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
VEIGUES. (2009, 9月 23). Wikipedia, . Retrieved 2月 28, 2010 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=VEIGUES&oldid=28131257.
ブログパーツ