名作ゲームどっとこむ ハイドライド(PC-8801)の動画、攻略本、ゲーム詳細
ゲーム動画
ハイドライド
ホーム > PC8801 > ハイドライド
 
ジャンル
アクションRPG
メーカー
T&E SOFT
機種
PC-8801
発売日
1984年12月13日
価格
6,800円
【PC-8801】 ハイドライド(HYDLIDE)
ハイドライド (アレンジ版)『ハイドライド1・2・3』 Windows95/98より OP ED
ファミコン版 ハイドライド
上へ
『ハイドライド』 (HYDLIDE) とは、T&E SOFTが開発・発売したコンピュータゲームソフト。
日本におけるコンピュータRPGの基礎を作った作品であり、ゲームジャンルとしてはアクションロールプレイングゲームに当たるが、開発元のT&E SOFTは「アクティブロールプレイングゲーム」と表記、1980年代後半のパソコン雑誌で山下章などが中心となって使用したジャンル表記である。
特に『ハイドライド』はそれまでのコンピュータRPGで当たり前だった自由度の高さを捨てて、物語にそって進めるタイプのRPG(俗称「一本道RPG」)を初めて提示したコンピュータRPGである。
また、日本ファルコムの『ドラゴンスレイヤーシリーズ』、クリスタルソフトの『夢幻の心臓シリーズ』と並び、日本の三大パソコンRPGと評される。

ハイドライド
1984年12月13日にPC-8800シリーズ用『ハイドライド』が発売されて以来、当時としては美しいグラフィックと幻想的な世界観、また適度なゲームバランスで、派生作も含めて多くの機種に移植された。ゲームデザインとプログラミングは内藤時浩。
1984年に発売されたBPSの『ザ・ブラックオニキス』、ナムコの『ドルアーガの塔』などの影響を受けつつも、レベルによって得られる経験値が異なるシステムを採用して、絶妙なゲームバランスを実現していたり、LIFE(HP)が0になったら最大まで回復する『生き返りの薬』は同ジャンルの標準アイテムとなるなど、独自のゲームシステムが好評を博した。
『ハイドライド』は1984年12月13日の発売以来パソコンゲーム雑誌のランキングに2年間載り続け、当時の雑誌はその現象を「ハイドライド・シンドローム」と呼んでいる。

世界観
『ハイドライドシリーズ』の舞台となる世界は、フェアリーランドと呼ばれる我々が住んでいる世界とは別のパラレルワールドとされている。これは1984年3月17日公開の『ドラえもん のび太の魔界大冒険』や『ネバーエンディング・ストーリー』(日本公開は1985年3月16日だが原作の『はてしない物語』は1982年に邦訳されている)などからの影響だと思われるが、ハイドライドではこの考えをさらに推し進めて、移植機種間や『ハイドライド』、『ハイドライドII』、『ハイドライド3』といったシリーズ間もパラレルワールドとしている。その理由は、当時の移植機種間での性能に違いがありすぎ、完全移植を目指すよりはその機種の特色を生かす方が良いという考えがあったこと。さらに、ハイドライドは一作完結で作られたため、会社の意向で続編を作ることが決定したとき、ハイドライドとの間で矛盾が生じないようにフェアリーランドという世界の名称やバラリスとドラゴンと言った一部のモンスター以外はすべて入れ替えられている。

ストーリー

人と妖精が共存する異世界の王国フェアリーランド。この国では3つの宝石(賢者の石)の力によって平和が保たれていたが、悪い心を持ってしまった一人の人間により宝石(賢者の石)の1つが奪われ、力の均衡を失ったことで、封印されていた悪魔バラリスが覚醒してしまう。 王国はバラリスの魔力により崩壊し、国中には怪物がはびこり、王国のアン王女も呪いにより妖精の姿にされていずこかへ連れ去られてしまう。そんな中、ジムと名乗る勇敢な若者が立ち上がった。
上へ
ハイドライド 1・2・3 PCゲーム ハイドライドスペシャル ファミコンソフト ハイドライド・スペシャルテク必勝本
攻略本
ハイドライド・スペシャルテク必勝本
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ

上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
ハイドライド. (2010, 3月 5). Wikipedia, . Retrieved 4月 8, 2010 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%89&oldid=30844484.
ブログパーツ