名作ゲームどっとこむ イース・オリジン(PC)の動画、攻略本、サントラCD、ゲーム詳細
『イース・オリジン』(イースの根源)のタイトルの通り、『I』・『II』でその謎に迫った「イース王国」の過去に迫る冒険ファンタジー。『I』・『II』の時代より700年前、イースが天空に上がった時代を舞台としているため、シリーズとしては初めて(外伝は除く)、赤毛の剣士アドル・クリスティン以外が主人公であり、また初めて主人公キャラクターが複数となった。「全ての運命はその《塔》に紡がれる」をキャッチコピーに発売。このキャッチコピー通り《塔》だけを舞台として、様々な主人公の物語が進められる事となる。なお舞台となっている《塔》は、『I』に登場する「ダームの塔」と同一の物ではあるが、まだ「ダームの塔」とは命名されておらず、作中では一貫して《塔》とのみ呼ばれている。
初期状態で選択可能な主人公は2人。さらにこの2人のシナリオを両方クリアする事によって3人目の主人公が選択可能となる。3人の主人公にはそれぞれ異なるアクションとストーリーが用意されている。
ゲーム動画
イース・オリジン
ホーム > ファルコム > イースオリジン
下へ 
ジャンル 
アクションRPG
メーカー
日本ファルコム
機種
Windows
発売日
2006年12月21日
価格
7,600円
イース・オリジン デモムービー
Ys ORIGIN イース・オリジン OP
イース・オリジンのゲーム動画
イース・オリジン スーパーアレンジバージョン
攻略本
イース・オリジン公式パーフェクトガイド
イース・オリジン公式ファイナルガイド
サントラCD
イース・オリジン オリジナル・サウンドトラック
イース・オリジン スーパーアレンジバージョン
評価
イースシリーズは『III』以降、タイトル名にもあるイースを離れた舞台設定でシリーズを
展開していく。 そのため、イースが登場しない作品をイースシリーズと呼べるのか、
という指摘も少なくなかった。700年前のイースという舞台設定はゲーム化の可能性
としては同人や想像のレベルでは古くからあったが、それを製作元のファルコムが
『I』・『II』の登場から20年近い歳月ののちに登場させたという意味は大きい。
『IV』から派生し『VI』で固められた有翼人の設定を絡めつつ『I』・『II』のオマージュを
ふんだんに盛り込んだファンサービスの高い内容になっている。
しかし、シリーズの長さ故に、製作元作品でありながら従来作品との間に生じた矛盾
に対する指摘、また真のラスボスに対する設定をトンデモ設定と取り、これらに不満を
唱えるファンもいる。
主な矛盾点とそれに対する反論
ダレスは『イースIIエターナル』のモンスター図鑑で純然たる魔族という設定になって
いるが、当作品では闇の一族の1人であり、人間ということになっている。
これを矛盾ととる見解もある。しかし、『イースIIエターナル』においてはダームが自身
のしもべとして復活させているので、復活とはいえ、共通するのは魔力くらいと考えれ
ば純然たる魔族という設定もまったくの矛盾とはいえないとの見解もある。
従来作との矛盾ではないが悪魔の回廊でユーゴ・ファクトが「所詮は人の作ったもの」
と言っている。確かにこれはザバの設置したトラップだが、この塔は魔物によって作ら
れたというのがイースの民の基本的見解のはずでユーゴに関する限り、真実を知る術
はなく、この発言はおかしいという見解もある。しかし、塔の下層において魔方陣の
トラップを自身で体験し、敵に腕の立つ魔術師がいることを知っていることから、
悪魔の回廊におけるユーゴの発言は矛盾するものではないとの見解もある。
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
  上へ


イース・オリジン PCゲームVISTA版 

  「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
イース・オリジン. (2009, 3月 1). Wikipedia, . Retrieved 3月 2, 2009 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%B8%E3%83%B3&oldid=24636037.