名作ゲームどっとこむ フェイト/ホロウ アタラクシア(PC)の動画、攻略本、サントラ、ゲーム詳細
ゲーム動画
Fate/hollow ataraxia
(フェイト/ホロウ アタラクシア)
ホーム > 奈須きのこ > フェイトホロウアタラクシア
 
ジャンル
伝奇ビジュアルノベル
+ファンディスク
メーカー
TYPE-MOON
機種
PC
発売日
2005年10月28日
価格
7,140円
Fate/ hollow ataraxia opening demo
Fate/hollow ataraxia OP
Fate/Hollow Ataraxia (フェイト/ホロウアタラクシア) OP
Fate/hollow ataraxia ミニゲーム 風雲イリヤ城 そのいち
上へ

『Fate/hollow ataraxia』(フェイト/ホロウ アタラクシア)は、2005年10月28日にTYPE-MOONより発売された伝奇ビジュアルノベル+ファンディスク(アダルトゲーム)。
『Fate/stay night』のファンディスクであり、続編にあたる。

概要

戦いの物語であった前作から一転し、今作では穏やかでコミカルな日常を過ごしつつ、その裏に隠された「真実」に近づいていくという形になる。前作では敵として登場したキャラクターや出番の少なかったキャラクターも多く登場し、前作では語られなかった側面が補完されている。
TYPE-MOONの他の作品『歌月十夜』と同様にイベントフラグがオートセーブで累積されていくシステムを採用しているが、『歌月十夜』の問題点だった、一度しか見られないイベントや見逃したイベントを見るには一からやり直さねばならない部分を改善し、選択マップで重要性のマークを表示する事で分かりやすくしている。またTYPE-MOON作品で唯一回想モードを採用しており、見逃したイベントもクリア時に見ることが出来る様になっている。
今作でも本編である『hollow』パートでは前作のシナリオ担当奈須きのこが執筆しているが、それ以外の日常シーンのほとんどや、『eclipse』の「後日談。」以外のシナリオは、奈須以外のサブライターが執筆している。
本作は『Fate/stay night』の続編とされているが、正確には『Fate/stay night』の3ルートいずれの後日談にも該当せず、武内により『各ルートの後ではなく、『Fate/stay night』というものにあてられたカウンター』という表現が用いられ、武内は「基本的にはプレイヤーさんの気持ちで解釈していただいて良い部分ではないかとも思います」、奈須は「我々としてはユーザーさんの想像にお任せしたいと思っています」とそれぞれコメントしている。

ストーリー

第五次聖杯戦争の終結から半年後。
そこには再び現界したサーヴァントとの穏やかな日常が存在していた。
ありえない現実でありながら、それらに疑問を抱かない前聖杯戦争参加者たち。
繰り返される四日間と暗躍する魔術師。夜にのみ進行する新たな聖杯戦争。
空虚なる平穏の先にあるものは……?

上へ
Fate/hollow ataraxia (通常版) PCゲーム Fate/hollow ataraxia (初回版) PCゲーム Fate/hollow ataraxia コミックアラカルト~ハッピーライフ編~ Fate/hollow ataraxia コミックアラカルト
Fate/hollow ataraxia ORIGINAL SOUNDTRACK
攻略本
Fate/hollow ataraxia コミックアラカルト~ハッピーライフ編~
Fate/hollow ataraxia コミックアラカルト


サントラ

Fate/hollow ataraxia ORIGINAL SOUNDTRACK
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ

上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
Fate/hollow ataraxia. (2010, 5月 15). Wikipedia, . Retrieved 5月 20, 2010 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=Fate/hollow_ataraxia&oldid=32099853.
ブログパーツ