名作ゲームどっとこむ ロードファイター(MSX)の動画、ゲーム詳細
ゲーム動画
ロードファイター
ホーム > MSX > ロードファイター
 
ジャンル
レース
メーカー
コナミ
機種
MSX
発売日
1985年8月
価格
4,800円
MSX GAME ◀ Road Fighter ロードファイター▶ 1Loop CLEAR
【MSX】 ロードファイター
上へ

『ロードファイター』(Road Fighter)は、1984年に登場したアーケードゲーム。コナミによって開発・販売されたレースゲーム形式のアクションゲーム。『レッドカー』という名称でアーケードに登場した当初は見向きもされなかったが、後に『ロードファイター』と改称されてからヒットした。

作品解説

赤色のレーシング仕様の自車を操作して燃料切れ前にゴールに到着させる事が目的。その行く手をレース内に仕掛けられた障害物や、自滅も厭わない覚悟でカーチェイスを繰り出す敵車が阻む。燃料は、道中で燃料補給をしてくれる車(MSX版ではハート)に接触する事で補給できる。燃料の残量が一定量以下(ファミコン版では10)になると警告音が鳴り響き、全ての燃料が無くなるとゲームオーバー。スタートは敵車との同時だが、目的はあくまでも「完走」であり、一位になる必要はない。AC版ではスタート時点で40位であるが、FC版とMSX版には順位の概念は存在しない。
敵車や障害物は画面上方から出現し、プレイヤーはそれらを追い抜かなければならない。その敵車や障害物に接触すると自車はスピンをしたりクラッシュをする。減速中に接触した場合クラッシュを回避できる可能性が高い(ブレーキ中ならほぼ確実)。スピンをした場合はアクセルを離しカウンターステアを切ればクラッシュをせずにコースに復帰できる場合が有る。クラッシュをした場合は燃料と時間が大幅に費やされるがゲームオーバーにはならずに復帰したその場から再挑戦が可能。つまり、燃料と時間に余裕がある限りは何度ミスをしても構わない。
敵車は車線を変更しない一般車と車線を変更して来る敵車がいる。AC版では一部の敵車を追い抜くと順位が上がる。
コースは全4コース(FC版)/6コース(AC版、MSX版)。各コースをクリアする毎に燃料は回復するが、AC版では一定量しか回復しないので前のコースをぎりぎりでクリアすると次のコースをより少ない燃料で走破する必要が出て来る。全コースを走破すると全ステージクリアを示すイベントの後、やや難易度の上がった1コース目を繰り返す。
BGMはゲーム中は鳴らない。ブレーキ音やエンジン音などの様々な効果音が臨場感を表現する。
自車のスペックはV型12気筒 DOHCエンジン、2,500馬力、最高速度: 時速400km

上へ
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ

上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
ロードファイター. (2010, 9月 29). Wikipedia, . Retrieved 10月 8, 2010 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%BC&oldid=34239983.
ブログパーツ