名作ゲームどっとこむ 北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ(MSX)の動画、ゲーム詳細
ゲーム動画
北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ
ホーム > MSX > 北海道連鎖殺人オホーツクに消ゆ
 
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
ログインソフト
機種
MSX
発売日
1985年
価格
3,800円
MSX 北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ
上へ

『北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ』(ほっかいどうれんささつじん オホーツクにきゆ)は、堀井雄二がシナリオを手がけたアドベンチャーゲーム。同じく堀井雄二がシナリオを手がけた『ポートピア連続殺人事件』『軽井沢誘拐案内』と本作を合わせて「堀井ミステリー三部作」とも呼ばれた。
ログインソフト(アスキー)から1984年にPC-6001版とPC-8801版が、翌1985年にはPC-9801版とFM-7版・MSX版が発売された。なお1985年にはプロローグにあたる「東京編」のみの収録ながらキャプテンシステム版も公開されている。1987年には全面的にリメイクされたファミリーコンピュータ版が発売された。その後ファミリーコンピュータ版のシナリオを下敷きにグラフィックを刷新したPC-9801版がムック形式で発売された。後年プロジェクトEGGによる復刻や、携帯電話上のアプリケーション配信などがなされているなど、ロングセラー作品となっている。

作品解説

北海道を舞台とした現実的な舞台設定、ミステリーに分類される重厚なシナリオでヒットを記録した。
摩周湖や屈斜路湖を始め、網走刑務所や北浜駅、夕張炭鉱などの現実の観光スポット、網走刑務所で作成されているニポポ人形など実在の風物が登場する。

システム

当時のアドベンチャーゲームとしては画期的な「コマンド選択方式」を採用している。従来はコマンドを直接入力する必要があった(キーボードで「シンカイチ イケ」等と入力する)がプレイヤーが適切な行動を思い付いても必ずしもプログラムでフォローされているとは限らないという限界があった。
ただし、この時代は「ゲームは長い間遊べないといけない」というのがゲーム界の常識であり、本作も全部のコマンドを順番に選ぶだけで終わってしまわないように、ダミーのアイテムを拾ってしまうとハマり状態になってクリアできないトラップが、意図的に設置されている。
堀井雄二自身も、その後ファミコン版『ポートピア連続殺人事件』やドラゴンクエストシリーズに、このシステムを導入した他、これ以後のアドベンチャーゲームでもコマンド選択方式が採用されているなど大きな影響を及ぼした。

ストーリー
東京湾、晴海埠頭で男の死体が発見される。主人公は部下の黒木と共に被害者の身元を調査し、事件に北海道が関係している事を知る。北海道に渡った主人公は、釧路署の刑事である猿渡俊介と共に捜査を始めるが、第二、第三の殺人事件が次々に起きてしまう。犯人の目的は一体何なのか。被害者の関連性を調べていくうちに、ある重大な過去が浮かび上がっていく……。

上へ
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ

上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ. (2010, 5月 14). Wikipedia, . Retrieved 6月 11, 2010 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E9%80%A3%E9%8E%96%E6%AE%BA%E4%BA%BA_%E3%82%AA%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%84%E3%82%AF%E3%81%AB%E6%B6%88%E3%82%86&oldid=32086684.
ブログパーツ