名作ゲームどっとこむ ゴーファーの野望 エピソードII(MSX)の動画、ゲーム詳細
ゲーム動画
ゴーファーの野望 エピソードII
ホーム > MSX > ゴーファーの野望エピソードII
 
ジャンル
シューティング
メーカー
コナミ
機種
MSX
発売日
1989年1月27日
価格
5,800円
MSX NEMESIS 3 full play (1/5) ゴーファーの野望 エピソードⅡ
MSX NEMESIS 3 full play (2/5) ゴーファーの野望 エピソードⅡ
MSX NEMESIS 3 full play (3/5) ゴーファーの野望 エピソードⅡ
MSX NEMESIS 3 full play (4/5) ゴーファーの野望 エピソードⅡ
MSX NEMESIS 3 full play (5/5) ゴーファーの野望 エピソードⅡ
上へ

『ゴーファーの野望 エピソードII』は、1989年1月27日に発売されたMSX用シューティングゲームで、グラディウスシリーズのうちの1作である。同機種のグラディウス、『グラディウス2』、『沙羅曼蛇』の続編で、MSX版グラディウスシリーズ最後の作品となっている。「エピII」「EP2」「ゴーファー」などと略される。英題はNEMESIS3 THE EVE OF DESTRUCTION。i-revoやWiiのバーチャルコンソール向けにも配信されている。
MSX/MSX2両対応ソフトとなっており、MSX2で起動すると、パレットへの対応などが行われ、グラフィックの色が若干変わる。

概要
本作は、タイトルから分かるようにAC版『グラディウスII -GOFERの野望-』を基にして作られており、スタート時のウェポンセレクトBGMや、最終面ボスであるゴーファーの存在などにその面影が見えるが、オリジナル要素が強く殆ど別物と言っても良い。
ウェポンセレクト、前作『グラディウス2』でも存在したパワーアップゲージの拡張システムの両方があるため、登場する武装の総数は数あるグラディウスシリーズ中最多。MSX版グラディウスシリーズは追加ウェポンの存在もあってゲームを進めた分自機が強くなる特徴を持ち、それを前提としてゲームのバランスを取っているため全体的な難易度が総じて高いが、本作はその中では比較的難易度が低く設定されている。
オープニングデモにはそれまでの激闘の歴史を振り返るような過去作品のシーンが幾つも再現され、まさしく完結篇といったストーリーになっている。重力場や、ギミック、大きなキャラクタなど、PCGを使った演出は更に強化されて他の機種よりもダイナミックな仕掛けが増えている反面、データの定義、転送などで一瞬ゲームが止まるなど性能の限界を感じさせる作りになっている。
MSX版過去2作と同様高いストーリー性を持ち、さらに本作は進行中に数個のキーアイテムを発見しなければ最終ステージへ進むことができなかったり、その最終ステージでは、さらにもう一つのキーアイテムを入手しないと真のエンディングへ到達できないなど、かなり手の込んだ作りになっている。
また本作は、プレイ時に常に異なるゲームタイプが存在する。これはゲーム開始時に決定される見えない変数で、このタイプによってステージに登場する追加ウェポンの隠し場所や、最終ステージの分岐などに細かな違いが現れる。このゲームタイプは、ステージ3のブラックホールのアニメーションによって多少の判別が可能。なお追加ウェポンの場所は隠しコマンドで表示させることも可能である。

 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ

上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
ゴーファーの野望 エピソードII. (2010, 4月 5). Wikipedia, . Retrieved 10月 7, 2010 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%81%AE%E9%87%8E%E6%9C%9B_%E3%82%A8%E3%83%94%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%89II&oldid=31414261.
ブログパーツ