名作ゲームどっとこむ 幽遊白書 魔強統一戦(MD)の動画とゲーム詳細
ゲーム動画
幽☆遊☆白書 魔強統一戦
ホーム > ゲーム通信簿 - トレジャー > 幽遊白書魔強統一戦
 
ジャンル
対戦型格闘ゲーム
メーカー
セガ
開発元 トレジャー
機種
メガドライブ
発売日
1994年9月30日
価格
8,800円
幽遊白書 ~魔強統一戦 オープニング
幽遊白書 ~魔強統一戦3対1ハンデ戦
[MD] 幽遊白書 魔強統一戦 GamePlay
幽遊白書 オープニング曲
幽遊白書 エンディング曲 - アンバランスなKissをして
上へ

『幽☆遊☆白書 魔強統一戦』(ゆうゆうはくしょ まきょうとういつせん)は、トレジャーが開発しセガがメガドライブ用ソフトとして発売した対戦型格闘ゲーム。

ストーリー
主人公幽助とその仲間、また彼らとかつて戦った妖怪達のもとへ、「魔強統一戦」という謎の武術会への招待状が届く。最強を決めるために、11名の猛者が集まった。
なお、原作の「魔界の穴編」までの登場キャラクターが収録されている。「魔強統一戦」はこのゲームだけの独自設定であり、原作に比すれば、時系列上では戸愚呂弟と仙水が既に死亡、戸愚呂兄も再起不能に陥っているため、実際にはあり得ない状況である。

概要
当時絶大な人気を誇った漫画『幽☆遊☆白書』のゲーム化作品の1本である。
ゲームスタイルは比較的オーソドックスな2D型対戦格闘だが、最大の特徴として、当時の対戦型格闘ゲームでは他に例をみない4人同時対戦が挙げられる。また、ダッシュ・バックステップ・2段ジャンプ等、当時様々なタイトルを通じて発展途上にあった格闘ゲームのシステムを数多く取り込み、その上で打撃技の相殺等独自のシステムも盛り込んでいる。
メガドライブというプラットフォームのため、当初の一般認知度は低く実売数もさほどではないが、4人対戦の面白さが口コミで評判を呼び、専門誌の読者投票では、メガドライブソフト約500本中最高2位に入るなど、ヘビーユーザーを中心に評価が高い。開発会社トレジャーにとっては、『ガンスターヒーローズ』『ダイナマイトヘッディー』に続く成功で開発力に対する評価を確かなものにした作品ともなった。また、メガドライブ単体でクリアなPCM再生を実現することに成功したソフトでもある。
現在でも中古ゲームショップやネットオークションでは定価(8800円)前後の価格で取引されている。
なお、『幽☆遊☆白書』を題材にしたメガドライブソフトにはもう1本『幽☆遊☆白書外伝』なるアドベンチャーゲームがある。本作とは題材と発売メーカー以外に共通点はなく、出来も凡庸で、前述の読者投票では450位前後である。

ゲームシステム
基本操作は8方向レバーでの移動・しゃがみ・ジャンプ、6ボタンで様々なアクションを行う。3ボタンでの操作にも対応。攻撃ボタンは基本的に強・弱の2つで、前後から攻撃を受ける可能性のあるシステム上、ガードに専用のボタンが割り当てられている点が一般的な2D型格闘ゲームとの大きな違いである。また、必殺技のコマンドが比較的簡単で各キャラであまり違いがないため、ハードルが低く多人数で遊ぶスタイルにマッチしている。

幽☆遊☆白書 魔強統一戦 メガドライブソフト
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ

上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
幽☆遊☆白書 魔強統一戦. (2009, 11月 10). Wikipedia, . Retrieved 11月 15, 2009 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E5%B9%BD%E2%98%86%E9%81%8A%E2%98%86%E7%99%BD%E6%9B%B8_%E9%AD%94%E5%BC%B7%E7%B5%B1%E4%B8%80%E6%88%A6&oldid=28940026.