名作ゲームどっとこむ

英雄伝説 零の軌跡、ルーツ ポータブル、
428 〜封鎖された渋谷で〜のレビュー


 
ホーム > コラム > 英雄伝説零の軌跡、ルーツポータブル、428〜封鎖された渋谷で〜
モンキー



mixiチェック

機種 タイトル 評価
PSP 英雄伝説 零の軌跡 10
2010年9月30日に発売。
スーパーグレートオーソドックスRPG。
前作の「空の軌跡」がかなりシステム面が良く出来ていて、そのまんまのシステムでもよかったぐらいなのに、細かい部分でかなり改善されています。
ユーザーからこうして欲しいと言う要望を全部聞き入れたかの如く。

広い町の中を瞬間移動できる。隣りの村までバスが出ているので移動が楽。歩いていたら道になんか光っていてアイテムが落ちている。カメラアングルが変わり遠くの山や景色が映し出され壮大な世界観を演出。敵を後ろから攻撃すれば奇襲で先制、一斉攻撃のチャンス。弱い敵はシンボルを攻撃するだけで倒せる。二人だけのコンビ技あり。舞台のイベント演出が芸術的。カジノあり。クリアしての実績解除でやり込み要素満載。・・・・と、まぁ細かい所は色々改善されています。

これ以上なにを直せって言う完成度の高さ。これはRPGの見本になるでしょう。
なのに、あえて個人的に言うと釣り堀マップがほしいね。
どこに釣り堀があったか忘れるんだ、釣り堀マップからその場に瞬間移動できて釣りができればゲームテンポもよくなり言うことなし!

システム面は究極の完成度、後はシナリオです。
シナリオだけは好みの問題なので個人差がでます。
このゲームの主人公がメインで進むので始めての方でも楽しめるが、前作の「空の軌跡」の世界観、キャラクターも登場しますので、前作をプレーしていた方がより楽しめます。
シナリオ事態はかなりの謎を残してエンドになるので、シナリオの評価は9点です、完結しない次回につづく・・だ。問題なくシナリオは面白かった。
サブシナリオや寄り道が多いので、のんびり遊べるRPG。
60数時間クリアまで掛かりました。
システムが考えられないぐらい完成度が高い。
総合評価は10点です。

機種 タイトル 評価
PSP ルーツ ポータブル (ベスト) 7
自分はギャルゲーしませんので、このゲームは大丈夫かなぁと思っていましたが、大丈夫でした。(何が?)
マルチシナリオアドベンチャーゲーム。
基本ルートは5つのシナリオです。
選択肢でルートが分かれるが、基本は一本道ですのでゲーム性は低いです。
ノベルタイプのゲーム。
一つのルートがそんなに長くないので遊びやすい。
5つのルートをクリアすると最終章シナリオに進みます。
これがよかった。最後のシナリオが盛り上がるので満足度は高い。
シナリオの評価は8点です。
もっと色々なエージェントが出てきて、バトル有りのシナリオで続編が出て欲しいです。世界観は面白いしね。
サウンドは個性的で物凄くゲーム内容にマッチしていて良い。
面白いがゲーム性が低いので総合評価は7点です。
興味のある人は買って損はない。ベスト版で安いし。
上へ

機種 タイトル 評価
PSP 428 〜封鎖された渋谷で〜 (ベスト) 10
2010年12月2日に発売。
ド本命。
プレーする前から10点だろうと思っていましたが、やはり!問題なく10点でした。
主人公は5人でザッピング形式の実写アドベンチャーゲーム。
「街」の続編で格段に進化している。街発売から10年以上たっているので当然か。
街は8人だったので5人は少ないかなぁと思っていましたが、5人のシナリオの内容が濃く密接に関係しているので、少ない印象はなく逆に丁度いい人数だと思いました。
街でもそんなにシナリオに関わらない主人公がいたので、無駄に人数が多かった面はありました。
映像や演出面でも進化、街は完全静止画像でしたが、428はムービーあり、静止画でも動きを持たせているので臨場感アップしています。
シナリオも想像以上にドラマ性の強いシナリオになっていたのでちょっとビックリしたね。
シナリオは問題ないし、おまけシナリオも満足できる内容です。
システムも非常に考えられていて遊び易い、バッドエンドや選択肢、ヒントも親切で行き詰ることも少ないでしょう。
現時点で最高レベルのアドベンチャーゲームと断言できる。
万人にお勧めできる。
実写映像に抵抗のある人やアドベンチャーゲームをプレーしない人に是非とも遊んで欲しいですね。
アドベンチャーゲームのイメージを変えてしまうゲームです。
だまされたと思って買ってみて下さい。
(だますつもりはありませんが・・・)
お勧めのアドベンチャーゲームは?と聞かれたら428を出すね!
上へ
 Copyright(C) 2008-2011 meisakugame.com All Rights Reserved.