名作ゲームどっとこむ

イース〜フェルガナの誓い〜、TRICK×LOGIC (トリックロジック) Season1、Season2、フェイト/エクストラのレビュー


 
ホーム > コラム > イース〜フェルガナの誓い〜、トリックロジック Season1、Season2、フェイト/エクストラ
モンキー



mixiチェック

機種 タイトル 評価
PSP イース〜フェルガナの誓い〜 8
2010年4月22日に発売。
イース1&2クロニクルズとイース7の予約特典のサントラがかなりよかった。1,000円出してもいいかなと思う出来でしたので、フェルガナの誓いも特典のサントラがほしいので予約してます。
PC版の評判もいいし、ファルコムによる完全移植ですので問題なしでしょう。
イース・オリジンもPSPに移植頼みます、一番やりたいゲーム。

難易度が6段階ある内、ノーマルモードでクリア。
PCのイース3(ワンダラース・フロム・イース)の完全リメイク。
いい意味でまったくの別物になっています。しかも、声優による音声ありです。
町長の演技力には度肝を抜いたね。
システム面では最高に良く出来ています、特にロード無しにはビックリだ。
今までプレーしたPSPソフトの中では最もロード時間が短いです。
一体どんな技術力だ、これは他メーカーも見習う点が多いにあると思います。
ノーマルで大丈夫と思っていたけどボスの強さがすごいな、設定をハードモードと間違ったんじゃないのか?と疑うほどの強さでした。
サウンドは3タイプ選択できるし、ザコはバシバシ倒しさくさく進む、そしてボスは強い。勝てない時は難易度を下げてリトライも出来るので初心者でも大丈夫です。
ただクリアまでのボリュームは少ないです、イース7の半分ぐらいかなぁ、やり込み要素は多いが。
アクション部分でも一点だけ、空中の敵に攻撃が当たりにくいです。
空振りすることが多かったので、イース7の様に自動補正で攻撃が当たってくれれば助かったが・・。
このゲームはイース入門に最適です、イースはシナリオが独立しているのでどれからプレーしてもいいんですが、イース7が最高傑作。
イース1&2クロニクルズかフェルガナをプレーしてからイース7に移るのがいいかと。
良作アクションRPG、サクッとプレーしたい人にはベストゲームです。
評価は8です。
しかし・・・、イース3はこんなんだったかなぁ、20年も前だと忘れるね。
っあ!ボスでハンマーヤロウがいなかったような気が。
あいつ好きだったのに。

機種 タイトル 評価
PSP TRICK×LOGIC (トリックロジック) Season1 10
  TRICK×LOGIC (トリックロジック) Season2 9
2010年7月22日に発売。
恐れいりました、マイッタ。
まさか、ここまで本格的な推理ゲームになっているとは思いもしてませんでした。
選択肢を選んでいたらストーリーが進むだろうぐらいでプレーしてましたので、練習問題ですでに行きづまった。
犯人はAかBの二人しかいないのにどっちが犯人でトリックがどないなっているか全く分かりませんでした。
ヒントありますが使うたびに推理ランクが下がっていくのでヒント使わずに進めています。ムズイ。
ゲーム内容は文章中の怪しいキーワードと怪しいキーワードを組み合わせると、新しい謎のキーワードやヒラメキキーワードが誕生する仕組みです。
この組み合わせが難しい。適当に単語を選択していてはヒラメカないんだ。
逆転裁判にチョット似ていますね、文章中の怪しい箇所や矛盾点にアイテムを突きつける所が。
このゲームはキーワードとキーワードを合わせるゲーム。
トリックや犯人の行動を推理しキーワードを掛け合わせる、最初は慣れていないので行きづまりましたが、チョットずつ対応できるようになってトリックも解明されていくので、なんとかヒントを使わずにクリアできました。
行きづまっていると、つかさが謎を見つけてくれるのが最高に嬉しかったなぁ、それで進んだことがあったし。
ヒントを使わないでクリアすると、Sランクになります、その下がA、B、ギブアップを使うとCランク評価になります。
ギブアップはヒラメキのキーワードや犯人、トリックも全部回答してくれます。
最悪、ギブってことですので、初心者の方でも遊べる配慮はされています。
自分はヒントを使っていないので数倍の時間が掛かっていると思います。
クリア時間は27時間でした。
「あーでもないこーでもない」行きづまりまくっていますので、ノーヒントでクリアできやれやれです。
謎解きがジグソーパズル的です、可能性のあるものとないものを振り分け一個ずつ試していく、「コレ違う、コレ違う、コレ違う、っあ、コレハマッタ。」
このゲームはパッパと進みません、ジグソーパズルにイライラする方は合わないと思います。
ここまで本格的なミステリ推理アドベンチャーは無かったので、自分には待ってましたのゲームです。
最初から最後まで脳がフル回転しました、活性化したかも。
価格が安いしボリュームも十分ありました、season2もノーヒントでクリア目指します。
ヘッポコ名探偵ですが受けて立ちましょう。評価は10です。



TRICK×LOGIC (トリックロジック) Season2
2010年9月16日に発売。
前作と全く同じシステムなので、すんなり遊べる。
ただ、こちらの方がシナリオがボリュームアップしています。
ですので、ヘッポコ名探偵ではお話になりませんでした。
クリアまでのだいたいのプレー時間が10〜15時間って書いてありましたが、自分は36時間も掛かってしまいました。
ノーヒントだと相当厳しいね、シナリオがボリュームアップしてキーワードが増えた分、余計にヒラメカない。
シナリオは作家が違うので、ぶっ飛んだトリックのシナリオがあったり、正統派のトリックがあったり、色々楽しめるのでいいんですが、システムを一点だけ改善して欲しいです。
キーワードの組み合わせをもう少し融通利かせて、複数の答えを用意して頂ければドハマリもなくなると思います。
そのキーワードとそのキーワードは普通組み合わないだろうと思うのが、結構重要なヒラメキだったりして苦戦しました。
ワギャンランドのシリトリの絵柄みたいに、1つのキーワードで複数の答えに対応してほしい。その点で1点マイナスで評価は9です。
このゲームは気に入っているのでシリーズ化して欲しいです。
上へ

機種 タイトル 評価
PSP フェイト/エクストラ 8
2010年7月22日に発売。前向きに検討した結果、予約注文。
世間の話題性に付いていかないといけないので注文です、予約特典が欲しいとか、断じて!フェイトに夢中になっている訳ではない・・・。

おぉ、中々良くできているじゃないか。
サーヴァント、セイバーで最初クリア。プレー時間は30数時間。
3DダンジョンRPGですが、戦闘のシステムが三すくみコマンドです。
分かりやすく言うとジャンケンシステム。
1ターンで6コマンドを先に入力します、後は自動でサーヴァントが動きます。
戦闘事態は難しくありません、初見の敵以外は・・・。
このゲームは同じ敵と何度も対戦すると、だんだん手の内を覚えていくので、戦闘が楽になっていきます。
ですから、初見の敵は手の内が分かりませんので、適当にコマンドを入力して運悪く連続ダメージで全滅ってパターンが結構ありました。
このゲームの一番のネックがダンジョン内でセーブできないことです。
全滅するとセーブしたところからになるのがイタイ。まぁ、スリルはありますが。
ボス戦はリトライ可能です、これは助かる。
システム面は非常に良くできています、ロード時間もほぼ無いし、コマンド入力もスムーズ、バグも無し。
サウンドもいいし、グラフィックもキレイだ、特に決戦でエレベーターで下る時のグラフィックやカメラアングルが非常に作りこまれています。
力が入っている。 ジャンケンシステムも慣れてくると、カイジ並みに熱い。
本編は良くできていますが、おまけ要素が全くありません。やり込み要素もない。
(まぁ、サーヴァント3人いるのでこっちでやり込めるが)
おまけに力を入れるより、本編に力を注いでいるので好印象。

結局、セイバーでクリアして、すぐにアーチャーでスタート。
2周目だ。 クリアデータを引き継げる、装備とお金、一番助かったのが敵の攻撃パターンを覚えたのを引き継げたのが大きい。
これにより、ザコ戦で全滅することがなくなりました。サクサク進む。
3開戦終了時の大イベント、ラニか凛を助けるイベントで違う方を選択すれば、その後の対戦相手やシナリオも若干変わりますので、2周目も楽しめました。 30時間ぐらい掛かりますが。
アーチャーの宝具は一見の価値あり。

そして、サーヴァントをキャスターで3周目プレー・・・してたけど次のゲーム、トリックロジック2がきたのでここで一旦フェイトは休憩。
まさか、自分でも2周クリアして3周目をプレーするとは思いませんでした。
今までのRPGは1周クリアしたら次しませんので、このフェイトは周回プレーしたくなる魅力はあります。
本編が良くできているからでしょうね、でなきゃ2周目はやらなかったと思います。 
2周クリアで60数時間、結構やったな。
評価は8です。十分合格点いっていると思います。
3周クリアしたら9点付けるかも分かりません。続編出たら買うね。
上へ
 Copyright(C) 2008-2011 meisakugame.com All Rights Reserved.