名作ゲームどっとこむ

イースI&IIクロニクルズ、イース7、アナタヲユルサナイのレビュー


 
ホーム > コラム > イースI&IIクロニクルズ、イース7、アナタヲユルサナイ
モンキー



mixiチェック

機種 タイトル 評価
PSP イースI&IIクロニクルズ 8
パソコンでイース1,2,3をプレーして以来になるので、20年ぶりぐらいになります。
イースは色々な機種に移植されているので、プレーする機会があったんですが・・・、他メーカーによる移植の具合がかなり評判が悪い。
イースの移植は出来が悪い、と噂が広まって10年ぐらいになる。自分の中でイースはかなり信用もなく、二度とプレーしないんじゃと思っていました。
だが、今回のイースはかなり事情が違う。日本ファルコム完全自社製作です。
これは極めて大きい。
空の軌跡もかなり出来が良いし、その他のゲームも完成度は高いと高評価です。9月にイース7が出るので、このイースもかなり力も入っているでしょうし。
日本ファルコム自社製作でなかったら買っていません。
早速イース1をプレー、ビックリするぐらいサクサク進みます。謎解きもそれなりにあるんですが、20年前を思い出してきますので、ボスの倒し方も覚えていました。
しかし、ダームの塔までにレベルは最高になるし、お金もその後、使いませんので楽しみが半減する所も昔のままです。それでも面白いね、クリアまで7時間ぐらいでしたが満足です。
後、サウンドがいつでも3種類切り替えできるのがポイント高いです、PC88版のサウンドもあるし。
イース1の評価は7です。

次にイース2を早速プレー。
こっちの方が謎解きが難しいです、時々考えないと進まない。ボスの倒し方は覚えているんだけど、アイテムの入手方法が難しい所もあります。
昔プレーした時の衝撃はありませんが、十分面白いです。最近のゲームになれた人は物足りないかもしれないです、20年前のゲームシステムですので。
基本は体当たり攻撃とファイアーだけですので。
ゲームテンポはものすごく速いので、飽きないで最後まで出来ると思います。
こっちもサウンドを3種類切り替え出来る、これは大きいです。これからのリメイク作はサウンド切り替えが流行るかもしれません。ドラクエやFFでも新バージョンとスーパーファミコン版とファミコン版のサウンド切り替え出来たら大きいなぁと思います。
クリア時間は9時間ぐらい。イース2の評価は9です。
イースI&IIクロニクルズの総合評価は8です。
イースを今までにやったことの無い人には最適です。
後、移植作で失敗した人もこれは大丈夫です。
これはイース7も期待できると思わせる内容。

機種 タイトル 評価
PSP イース7 9
当たり!想像以上に面白い。
プレーする前は無難に8点ぐらいの出来だといいのになぁ〜、と思っていましたが相当いい出来です。
一番気になっていた3人パーティーになってのアクションは大丈夫かなぁと言う点です。ワンボタンでキャラチェンジ出来るが、残りの2人はオートで動く。足手まといになっていたら面倒だなぁ、勝手にダメージ受けてきたら、オレが回復させないといけなくなるし、って最初は思っていましたが全く心配いりませんでした。
後の2人がうまく立ち回ってくれるので、ほとんどダメージを受けてきません。むしろ自分の操作しているキャラが一番ダメージを受けるぐらいです。(操作がヘタ)
残りの2人は気にせずに自分のキャラに集中できます。実質1人プレー感覚でいつでもキャラチェンジできるってことです。
このパーティープレイはいいですね、何人仲間になっても邪魔にならないので賛成です。シナリオは王道、サウンドはかなり良い。
イースをやったことの無い人でも、いきなり7をプレーしても大丈夫、シナリオがほぼ独立しています。難易度も4段階で選択できる。
プレー開始数時間で当たりと分かる出来の良さ、まさかここまでアクションが軽快に楽しめるとは。
巨大ボスもかなり数いますし、雑魚戦も飽きませんでしたね、ガシガシ、バシバシ、スキルをドカドカ使いまくり楽しい。
プレーする上でストレス一切ナシ!買って損ナシ!
後、個人的にちょっと注文ですが、スキルのレベル上がっても実感ないんだ。強くなったのか良く分からないんです、ここを何か数値化してほしいかな、攻撃力10から15に上がったとか分かれば一生懸命レベル上げるんだが。SPの消費量が多いスキルが強いだろう・・、で装備してしまいましたし。
後、やりこみ要素かな、アイテム合成ももっとプレミアアイテムを増やしてほしいです、あんまり合成しなかったですね。
それと闘技場みたいな色々巨獣とバトルしたりスキルを試せる場所があれば最高です。ちょっと注文が多かったですが、肝心のゲーム本編が想像以上に面白かったので評価は9です。お気に入りのゲームが一つ増えたですね。
クリアして説明書をペラペラ見ていたら・・、!!「上級者用の操作方法、Rを押しながらLを押すとガードできる。」
「なにっっぃいーー!!ガード出来るの知らんかった!!」ガード知らんままクリアしてしまうとは、なんたる愚。
上へ

機種 タイトル 評価
PSP アナタヲユルサナイ (ベスト) 7
なんの予備知識もナシに購入。(冒険ですね。)
プロデューサー 麻野一哉、音楽 植松伸夫。かなり力が入っています。
まずPSPを縦にしてプレーするスタイルが新鮮でした。
内容は探偵サスペンスアドベンチャーゲーム。自分の一番好きなジャンルです。
女性が主人公の探偵ゲームは始めてでしたのでかなり新鮮、サウンドもオシャレです。
序盤は浮気調査(王道)。中盤あたりから結構意外な展開になっていくので、最後まで一気にプレーしてしまう魅力のあるシナリオです。
このゲームはアドベンチャーと言うよりはノベルです。文章を読み進めていき選択肢が出てくる。その選択によってはバッドエンドになったり、しかしほぼ一本道ですのでゲーム性は低いです。もっと謎解き要素が欲しかったですね、そうなれば、かなりやりがいのあるゲームになったかと。
ジャンルはノベル。小説を読むタイプの方でないと合わないでしょう。
オシャレなゲームですので女性にお勧めできますね。
シナリオが良いので満足度はある。ベスト版の価格であれば買いかと・・。
自分は続編が出たら買ってしまうでしょうね、魅力のあるゲーム。評価は7です。
シナリオだけ見ればもっと高い評価をしてもいいんですが、ゲーム性を考えればこの評価が自分の中では妥当かなぁ。
上へ
 Copyright(C) 2008-2011 meisakugame.com All Rights Reserved.