名作ゲームどっとこむ ふぁみこんむかし話 遊遊記 前・後編(FDS)の動画、攻略本、ゲーム詳細
ゲーム動画
ふぁみこんむかし話 遊遊記 前・後編
ホーム > ファミコン補完計画 > ふぁみこんむかし話遊遊記
 
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
任天堂
機種
ファミコンディスクシステム
発売日
前編 1989年10月14日
後編 1989年11月14日
価格
2,600円
(FDS) ふぁみこんむかし話 遊遊記 1
(FDS) ふぁみこんむかし話 遊遊記 2
(FDS) ふぁみこんむかし話 遊遊記 3
上へ

『ふぁみこんむかし話 遊遊記』(ふぁみこんむかしばなし ゆーゆーき)は、パックスソフトニカと任天堂が共同開発し、1989年に任天堂が日本で発売したファミリーコンピュータ ディスクシステム用のアドベンチャーゲームである。前編と後編に分けられ、パッケージ版の前編は1989年10月14日に、後編は同年11月14日に発売された。通称『遊遊記』。

作品解説

『ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島』に続くふぁみこんむかし話シリーズの第2作。前作『新・鬼ヶ島』のゲームシステムを流用し、登場人物と物語、BGMを一新した。プロデューサーは宮本茂。原作は照井啓司、島田満ほか。脚本は照井啓司ほか。音楽は岡素世。キャラクターデザインは小田部羊一ほか。プログラムは橋下友茂ほか。菱田達也は監督だけでなく、原作、脚本、キャラクターデザインを兼任した。

ゲーム内容

画面に複数表示されたコマンドから適切なコマンドを選択し、全11章の物語を読み進めるコマンド選択式アドベンチャーゲームである。本作は「西遊記」を物語の題材とし、主人公「悟空」とその一行によるお経取りと世界支配を企む妖怪「牛魔王」の退治の旅を軸に、悟空の精神的成長とヒロインとの恋愛物語を、ギャグを織り込みながら描いた。
画面構成や「ひとかえる」コマンド、前編・後編のディスクカード2枚によるソフトウェアの供給は『新・鬼ヶ島』と共通するが、ゲームシステムにはいくつかの改良が加えられた。章の途中で進行状況を一時記録する「いったいさん」コマンドを新たに設け、ゲームオーバー後の再挑戦を容易にした。さらにコマンドとメッセージが表示される巻物の開閉アニメーションを速くさせ、コマンド選択の待ち時間を短縮した。「ひとかえる」コマンドでは最大5人の登場人物を選択できる。ただし5人全員を自由に切り替える場面は少なく、主に悟空または彼と同行している仲間が選択対象となる。選択した人物によりコマンド選択後の文章やセリフが変化し、場面と状況に適した人物や行動を選択しないと物語を進めることはできない。
『遊遊記』では『新・鬼ヶ島』に見られた難しい謎解きは減り、ゲームの難度は引き下げられた。新たな要素としてクイズや簡単なアクションゲームによるミニゲーム、コマンド選択に代わり単語や文章をプレイヤーに入力させる場面も用意された。物語中へミニゲームを挿入する手法は後継作の『タイムツイスト 歴史のかたすみで…』や、前作の続編「平成新鬼ヶ島」にも取り入れられた。

物語
昔々、今の中国に当たる東勝神州という大陸のある村に1人の女の子が住んでいた。ある夜、女の子家の近くに隕石が落ち、中から一匹の猿が飛び出してきた。女の子は猿に名前をつけて連れ帰り、世話をする。しかし、平和な日々もつかの間、猿はかつて犯した罪によっておしゃか様に連れ去られ、幽閉されてしまう。両親を亡くし天涯孤独の身の女の子は、やっとできた、たった一人の家族である猿を救うため、「ひかりのこづち」と呼ばれる宝を求めて旅に出る。
そして数年後。世界は牛の化け物、牛魔王の魔の手に脅かされていた。幽閉されていた猿はおしゃか様に牛魔王退治を命じられ、ひょんなことから旅の僧侶、三蔵法師の弟子となって共に天竺に旅立つことになったのだった。果たして珍道中の行く末やいかに?

上へ
遊遊記必勝攻略法-ふぁみこんむかし話
攻略本
遊遊記必勝攻略法-ふぁみこんむかし話
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ

上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
ふぁみこんむかし話 遊遊記. (2010, November 7). In Wikipedia. Retrieved December 18, 2010, from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%81%B5%E3%81%81%E3%81%BF%E3%81%93%E3%82%93%E3%82%80%E3%81%8B%E3%81%97%E8%A9%B1_%E9%81%8A%E9%81%8A%E8%A8%98&oldid=34841204
ブログパーツ