名作ゲームどっとこむ タイムツイスト 歴史のかたすみで・・・ 前・後編(FDS)の動画とゲーム詳細
ゲーム動画
タイムツイスト 歴史のかたすみで・・・ 前・後編
ホーム > ファミコン補完計画 > タイムツイスト歴史のかたすみで・・・
 
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
任天堂
機種
ファミコンディスクシステム
発売日
1991年7月26日
価格
2,600円
FC タイムツイスト 歴史のかたすみで・・・ 1
FC タイムツイスト 歴史のかたすみで・・・ 2
上へ
『タイムツイスト 歴史のかたすみで…』(タイムツイスト れきしのかたすみで)は、パックスソフトニカと任天堂がファミリーコンピュータ ディスクシステム専用のゲームソフトとして共同開発し、1991年に任天堂が日本で発売したアドベンチャーゲームである。前編と後編に分けられ、パッケージ版はいずれも1991年7月26日に発売された。

ゲーム内容
主人公の少年の行動を画面に複数表示される命令文から選択し、物語を進めるコマンド選択式のアドベンチャーゲームである。物語中において少年は「おれ」と自称するが名前は一切明らかにせず、他のアドベンチャーゲームやコンピュータRPGに見られる名前入力の機会は与えられない。少年はある出来事をきっかけに肉体と精神を分離させられ、他の人間や動物に乗り移り行動する能力を得る。彼は自分の体を取り戻すため、タイムスリップした先々で悪事を働く悪魔やその手先となった人間たちの企みを他人や動物の姿、さらには精神体のままで阻止・解決へ導く。
物語の題材は実際の歴史とされた。本筋では舞台となる各時代ごとに宗教・戦争・人種差別にまつわる話を絡ませシリアスに展開されるが、部分的には皮肉を交える、笑いを狙うなどの演出もされた。ゲーム中にはロジックパズルや数学パズル、歴史に関するクイズなどのミニゲームが挿入され、これらを解かないと物語を進めることはできない。このような傾向から対象となる年齢はやや高めとなるが、ゲームオーバーはない。コマンド選択に失敗した場合は正しいコマンドを選択するまで話が進まないか、少し前のシーンに戻されやり直しとなるだけである。
ゲーム内の文章は外国の人物名や地名、外来語などもすべて平仮名とアラビア数字で表記され、片仮名と漢字はタイトル画面のロゴとスタッフロールのみでしか使用されていない。コマンドの選択後、その結果を表す文章はすべて少年の一人称で語られる。コマンドには前2作の特徴であった「ひとかえる」はないが、画面内に表示された主人公を直接操作し移動させる「あるく」が新たに追加された。

序盤のあらすじ
人々の間で世紀末への不安が高まる1995年、9月25日の東京。主人公の少年は双方向テレビの占いサービスで見た「郊外の博物館で異性との出会いのチャンスあり」との予言を確かめるため「悪魔博物館」へやって来た。占いの通り、博物館の中で同じくらいの年頃の少女に出会う。
お互いによい雰囲気となり、自己紹介を始めようとしたところで突如地震が発生する。思わず抱き合う2人だが地震は一向に収まらない。そこで動揺した少年は占いで知った「異性を射止める言葉」を厄払いのおまじないとして叫ぶ。しかしこの言葉は悪魔を解放するための呪文だった。実は博物館の展示品「魔封じの壺」に封じ込められていた悪魔が占い番組のテレビ電波をテレパシーで乗っ取り、少年にこの呪文を唱えさせようと仕組んでいたのだ。
壺から解放された悪魔は少年の若い肉体を奪い、さらにマスコミの取材から逃れて博物館の近所に建つ別荘に隠れていた物理学者のシモンからは、彼がひそかに開発していた携帯型タイムマシン「タイムベルト」を奪った。体を強引に交換させられ朽ちた悪魔の姿となった少年は自分の体を取り戻すため後を追うが、悪魔とともに過去の世界へタイムスリップしてしまう。
上へ
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ

上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
タイムツイスト 歴史のかたすみで…. (2010, October 24). In Wikipedia. Retrieved December 19, 2010, from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%83%84%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%88_%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E3%81%AE%E3%81%8B%E3%81%9F%E3%81%99%E3%81%BF%E3%81%A7%E2%80%A6&oldid=34629115
ブログパーツ