名作ゲームどっとこむ レリクス暗黒要塞(FDS)の動画とゲーム詳細
ゲーム動画
レリクス 暗黒要塞
ホーム > ゲーム風の噂 - ファミコン補完計画 > レリクス暗黒要塞
 
ジャンル
アクション
メーカー
ボーステック
機種
ディスクシステム
発売日
1987年4月10日
価格
4,200円
レリクス暗黒要塞 (ファミコンディスクシステム)
上へ

『レリクス 暗黒要塞』(レリクス あんこくようさい)は、1987年4月10日にボーステックが発売したファミリーコンピュータ ディスクシステム用アクションゲームである。PC版『レリクス』をモチーフとしながらも、家庭用ゲーム機への移植の際に大幅にアレンジされているが、乗り移り等のテイストは残されている。

イントロダクション
遥かな昔から存在し、争いを続ける「大いなる二つの意識」。その一つが「HELL」(ヘル)に宿り、地球を侵略してしまった。彼は、太古の昔に地球を訪れた二つの意識の片割れ「HEAVEN」(ヘブン)によって築かれた城を利用して「暗黒要塞」を建造し、更には銀河系を光で満たすという「輝きの王女」を捕らえ、最上階に閉じ込めた。「輝きの王女」が囚われた今、地球は、そして銀河系は暗黒に塗り潰されてしまうのだろうか…。

システム

プレイヤーは、暗黒要塞に潜入した「魂(PC版とは違い、既に肉体を得ている)」を操作し、暗黒要塞の最上階に潜むヘルを倒し、輝きの王女を救い出すのが目的である。肉体は敵の攻撃や体当たりによってHPが減少し、HPがゼロになるとゲームオーバーとなる。肉体は、攻撃を受ける瞬間にレバーを背中側に入力する事で防御(攻撃を受け流す)が可能。
特定の場所に「アイドル」が隠されたダンジョンへの入り口が存在する。ダンジョンの最深部にはボスキャラが存在し、アイドルを守っている。アイドルは5つ存在し、次のダンジョンへの鍵となる他、全て揃える事でラストダンジョンへの鍵となる。
特定のキャラクターを倒すと、倒した相手に(自動的に)乗り移る。乗り移れる肉体は数種類存在し、それぞれ攻撃手段が異なる。武器や魔法で攻撃する肉体は、対応するアイテムを取得する事で、拳を使って攻撃する肉体は、敵戦士を倒す事でそれぞれパワーアップする。
暗黒要塞には破壊できる壁が存在し、アイテムが隠されている事がある。また、壁を崩す位置などを工夫する事によって階段を作り、先に進む為の手段とする場所も存在する。

上へ
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ

上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
レリクス 暗黒要塞. (2010, 2月 4). Wikipedia, . Retrieved 5月 24, 2010 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%AC%E3%83%AA%E3%82%AF%E3%82%B9_%E6%9A%97%E9%BB%92%E8%A6%81%E5%A1%9E&oldid=30355732.
ブログパーツ