名作ゲームどっとこむ 光神話 パルテナの鏡(FDS)の動画、攻略本、ゲーム詳細
ゲーム動画
光神話 パルテナの鏡
ホーム > ゲーム通信簿 - ファミコン補完計画 > 光神話パルテナの鏡
 
ジャンル
アクション
メーカー
任天堂
機種
ファミコンディスクシステム
発売日
1986年12月19日
価格
2,600円
[FDS] 光神話 パルテナの鏡 GamePlay & ED
パルテナの鏡
上へ

『光神話 パルテナの鏡』(ひかりしんわ パルテナのかがみ)は、1986年12月19日に任天堂から発売されたファミリーコンピュータ ディスクシステム用コンピュータゲームソフトである。

概要

任天堂が手がけたファミリーコンピュータのディスクシステム用ゲームで、同ハード用ソフトの第4作となる(海外ではディスクシステム未発売のため、ロムカセットとして発売)。
アクションゲームであるが、ステージによって縦スクロールや横スクロール、探索アクションやシューティングなど目まぐるしく内容が変わる特徴があり、パワーアップの存在やアイテムの購入など同じくディスクシステムで任天堂が出した『ゼルダの伝説』や『メトロイド』を組み合わせたようなシステムを持つ。また、ゲーム中には「ナスビになる呪い」や「間抜けなゲームオーバー画面」など、笑ってしまうような強烈なインパクトを持つ要素が多く、後々まで語り草にされている。
2004年8月10日にはファミコンミニ ディスクシステム セレクションとしてゲームボーイアドバンスに移植発売された。2007年1月23日にはWiiのバーチャルコンソールで配信された。

ストーリー

神様と人間が一緒に暮らしていた時代、エンジェランドは光の女神パルテナと闇の女神メデューサによって治められていたが、メデューサが人間に対し酷い仕打ちをするため、パルテナはメデューサを醜い姿に変え冥府界に追放した。
しかし、メデューサは冥府界の魔物達と手を結ぶと、エンジェランドに奇襲をかけ、パルテナ軍から三種の神器を奪って勝利し、エンジェランドを征服してしまった。兵士達は石に変えられ、エンジェランドは魔物の棲みつく闇の世界となった。
パルテナは最後の力をふりしぼり、冥府界に幽閉されていた親衛隊長のピットを脱出させて弓矢を与え、最後の望みを託した。

上へ
光神話 パルテナの鏡 GBAソフト 光神話パルテナの鏡必勝攻略法 パルテナの鏡必勝攻略本
攻略本
光神話パルテナの鏡必勝攻略法
パルテナの鏡必勝攻略本
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ

上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
光神話 パルテナの鏡. (2010, October 21). In Wikipedia. Retrieved December 24, 2010, from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E5%85%89%E7%A5%9E%E8%A9%B1_%E3%83%91%E3%83%AB%E3%83%86%E3%83%8A%E3%81%AE%E9%8F%A1&oldid=34590520
ブログパーツ