名作ゲームどっとこむ ハレーウォーズ(FDS)の動画とゲーム詳細
ゲーム動画
ハレーウォーズ
ホーム > ゲーム風の噂 - ファミコン補完計画 > ハレーウォーズ
 
ジャンル
シューティング
メーカー
タイトー
機種
ディスクシステム
発売日
1989年1月14日
価格
 
ファミコン ハレーウォーズ プレイ動画[ディスクシステム]
敵機を撃ち逃がして画面下を通過されると地球への攻撃率が上がり、これが100%に
なると即ゲームオーバーになるというゲームシステムですが、あまり無理をしないほう
がいいようです。
残念ながらSTAGE5のボスで終了。
ちなみにプレイ中にわざと取っていないアイテムは自機のスピードアップなのですが、
これを取るとスピードが速くなりすぎるので取らずにプレイしました。
上へ

『ハレーズコメット』(HALLEY'S COMET)は、1986年にタイトーが制作・販売したアーケードゲームである。当時地球に76年ぶりに接近することで話題となっていたハレー彗星をモチーフとした縦スクロールシューティングゲーム。

概要
8方向レバーで自機を操作し、2つのボタンで攻撃とボム(シップ型爆弾)を使用する。シップ型爆弾は取得すると自機の両脇に追従するが、敵の攻撃を受けると失われてしまう。シップ型爆弾のストックがない時は使用出来ない。
ハレー大彗星から襲ってくる敵を撃破し、太陽系の各惑星を守ることがゲームの目的である。敵を撃ちもらしていくと画面右下の惑星ダメージがだんだん上昇し、これが100%に到達すると残機が何機あってもゲームオーバーとなる(逆に、0%での完全防衛に成功すると残機が一機増える)。一つの惑星を防衛するとステージクリアとなり、次の惑星へと移動する。1周で10の惑星を回り、全て回り終わると2周目に突入し、後はその繰り返しというループゲーム。
通常のシューティングゲームでは、自機が破壊されない限りミスとならないため、敵を避けて見逃すことも戦略のうちであるが、本作はそれに加えて全ての敵を見逃してはならないという独特の緊張感があり、それらと相まって全体的に敵の動きが速くかつトリッキーなため仕留め難く、弾の精度こそ高くないものの数が多くかつ速くて避け難いという高めの難易度を誇る。

移植作品

タイトーメモリーズ収録分以外は『ハレーウォーズ』のタイトルで移植されている。
ファミリーコンピュータ ディスクシステム版
1989年1月14日よりディスク書き替え開始。
ゲームギア版
1991年6月21日発売。
携帯アプリ版
504i/505iシリーズ、およびFOMA用に2004年1月16日より配信。
プレイステーション2版
2007年3月29日発売のタイトーメモリーズII 下巻に収録。

上へ
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ

上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
ハレーズコメット. (2009, 8月 3). Wikipedia, . Retrieved 5月 24, 2010 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%8F%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%82%B3%E3%83%A1%E3%83%83%E3%83%88&oldid=27235745.
ブログパーツ