名作ゲームどっとこむ ディープダンジョン 魔洞戦記(FDS)の動画、攻略本、ゲーム詳細
ゲーム動画
ディープダンジョン 魔洞戦記
ホーム > ゲーム通信簿 - ファミコン補完計画 > ディープダンジョン
 
ジャンル
3DRPG
メーカー
スクウェア
機種
ファミコンディスクシステム
発売日
1986年12月19日
価格
 
Deep Dungeon Last Battle and Ending
上へ

『ディープダンジョン』(Deep Dungeon)は、ファミリーコンピュータ ディスクシステムで1986年に発売された3DRPGゲームとそれに続くシリーズ。全編3DRPGゲームとしてはファミコン初。
開発はハミングバードソフト。発売は第1作と『II』はDOG(スクウェア、現スクウェア・エニックス)、『III』はスクウェア、『IV』はアスミック。

ディープダンジョン 魔洞戦記
物語
ドールの街の地下深くに住んでいた魔王が復活し、悪魔たちが地上にまで押し寄せエトナ姫がさらわれた。勇剣士ルウを含む数々の冒険者が地下に挑むも誰一人として戻らず、主人公(勇剣士ラル)にエトナ姫の救出と魔王の討伐を頼むことになった。

特徴
魔王を倒しに行ったはずの百戦錬磨の勇剣士ルウが最深部で魔王に取って代わり悪魔の頂点に君臨していたという話で、ミイラ取りがミイラになっていたというゲームの一番手。最強の武具・ルウの剣、盾、鎧が敵モンスターとして襲いかかってきて、倒すことによってアイテムとして手に入るというイベントが斬新であった。地下がメインということで全体的に暗い色使いだが、地下深くなればなるほどモンスターの色使いもユニークなものになっていき、デザインと合わせて不気味な雰囲気を醸し出していた。各階層にはそれぞれテーマが与えられており、水、火、死などの起伏が定められている。扉を足で蹴り開け、ゴミの山を漁って宝物を探し出す粗暴な主人公(勇剣士ラル)も印象的であった。また、主人公(勇剣士ラル)のHPが0になるとゲームオーバーになる。そして「ほぞんしたところからはじめる」か「しんだところからはじめる」を選ぶことになる。
また、MSX版も発売されている。ちなみにMSX版の主人公(勇剣士ラル)は魔物達を憎んでいる。それは母親と妹が魔物に殺されたという理由である。

上へ
魔洞戦記 ディープダンジョン完全攻略本 ディープダンジョン完全必勝本
攻略本
魔洞戦記 ディープダンジョン完全攻略本
ディープダンジョン完全必勝本
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ

上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
ディープダンジョン. (2010, May 29). In Wikipedia. Retrieved December 28, 2010, from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3&oldid=32335993
ブログパーツ