名作ゲームどっとこむ ドラキュラII 呪いの封印(ディスクシステム)の動画とゲーム詳細
ゲーム動画
ドラキュラII 呪いの封印
ホーム > ファミコン補完計画 > ドラキュラ2呪いの封印
 
ジャンル
アクションRPG
メーカー
コナミ
機種
ディスクシステム
発売日
1987年8月28日
価格
 
NES Castlevania2(JP) Full play Part.1/ ドラキュラⅡ 呪いの封印
NES Castlevania2(JP) Full play Part.2/ ドラキュラⅡ 呪いの封印
NES Castlevania2(JP) Full play Part.3/ ドラキュラⅡ 呪いの封印
NES Castlevania2(JP) Full play Part.4/ ドラキュラⅡ 呪いの封印
NES Castlevania2(JP) Full play Part.5/ ドラキュラⅡ 呪いの封印
上へ

『ドラキュラII 呪いの封印』(ドラキュラツー のろいのふういん、英題: Castlevania II: Simon's Quest)は、コナミから1987年8月28日に発売されたファミリーコンピュータ ディスクシステム用のアクションRPG。ファミコン版悪魔城ドラキュラシリーズの2作目。

概要

前作『悪魔城ドラキュラ』にRPGの要素を取り入れ、アクションRPGとなった。前作から7年後の物語であり(のちに1698年と設定している)、主人公のシモン・ベルモンドが自分の身体の呪いを解くため、ドラキュラの5つの遺骸を各地の「館」で集め、最後にドラキュラを倒して封印することが目的。

システム
アクションのシステムは前作『悪魔城ドラキュラ』を踏襲しているが、RPGであるため、スコアは無い。敵が落とすハートを取ると経験値がたまり、一定量に達するとレベルアップし防御力やライフの最大量が増える。残機(プレイヤーストック)制が採用されており、残機がなくなるとゲームオーバー。ゲームオーバー時にはコンティニュー可能で、ゲームをやめるときはディスクカードに進行状況をセーブすることもできる。
メインウェポンはムチだが、前作のようにアイテムを入手してパワーアップするわけではなく、街で購入したり、イベントで入手する。サブウェポンはアクションゲームだった前作では常に1種類しか持ち歩けなかったが、本作では入手したアイテムはサブ画面で自由に選択して使用することができる。前作同様にハートを消費するサブウェポンもある。
舞台となるトランシルバニアにはいくつかの町があり、町では人々から話を聞いたり、アイテムを買ったりすることができる。ちなみに本作では敵を倒して入手したハートを使って物を買うシステムである。
時間の概念
本作では『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』に先駆けて、昼と夜の時間の流れのシステムが採用された。プレイ中は町の建物や館の内部にいるときを除いて常に時間が流れており、午後6時になると昼から夜になり、午前6時になると夜から昼になる。夜は敵キャラクターが強力になり、町の中でも敵が出現するようになる。また、プレイ時間に応じてエンディングが変化するマルチエンディングを導入している。
ウソ情報
昼の街では通行人と会話することでアイテムの入手法などの攻略情報を得ることができるが、中には全くのウソの情報もあるため注意が必要。数多くあるウソ情報から真実の情報を見極める必要がある。

上へ
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ

上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
ドラキュラII 呪いの封印. (2010, 9月 11). Wikipedia, . Retrieved 10月 4, 2010 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%A9II_%E5%91%AA%E3%81%84%E3%81%AE%E5%B0%81%E5%8D%B0&oldid=33943044.
ブログパーツ