名作ゲームどっとこむ イース(FC)の動画、攻略本、サントラ、ゲーム詳細
ゲーム動画
イース
ホーム > ファミコン補完計画 > イース
 
ジャンル
アクションRPG
メーカー
ビクター音楽産業
機種
ファミコン
発売日
1988年8月26日
価格
6,200円
【FC】 イース
ファミコン イース CM
Ys1 - Inside of Palace (FC)
Ys1 - Final Battle #2 (FC)
上へ
イース
概要

赤毛の剣士アドル・クリスティンが主人公の冒険ファンタジー。嵐に包まれた孤島エステリアを舞台に、『イースの本』を求めるアドル最初の冒険。原典とされるアドルの冒険日誌は『Ancient Ys Vanished Omen』(失われし古代王国 序章)であり、販売タイトルには含まれてはいないがゲームの副題としてタイトル画面にも表記されている。『Ancient Ys Vanished The Final Chapter』(失われし古代王国 最終章)である『II』とは前後編の関係で『I』をクリアしただけでは物語の全容は見えてこない。
「今、RPGは優しさの時代へ。」をキャッチコピーに、PC-8801 (PC-88) 向けをオリジナルとして1987年に発売。その後、パソコン・家庭用ゲーム機を問わず多くのプラットフォームへと移植がなされ、その移植数の多さがこの作品の評価の高さを物語っている。

評価

発表当時のコンピュータRPG (RPG) が難しさを競っていた時代において、「今、RPGは優しさの時代へ。」をキャッチコピーとし、誰でもクリアできること(クリアする楽しみ)を売りとし発表された。さらにクリアできることを売りとしながらも「優しいけれども易しくはない」と評される簡単には分からないが少し考えればわかる絶妙なゲームバランスを提示し、ゲームの楽しみが難しさだけではないこと、またゲームバランスという概念の重要さを知らしめ、その後のゲーム(特にRPG)に一つの大きな転機を与えたとして高く評価されている。
また、古代祐三の手がけたFM音源によるゲームミュージックのクオリティーが高く、その後のゲームミュージックのあり方を変えた作品のひとつとして高く賞賛される。

ストーリー
冒険心旺盛な赤髪の少年、アドル・クリスティンはプロマロックの港町で奇妙な噂を耳にする。それは港から見えるエステリアの島が呪われていて、近づく船を必ず嵐が襲うというものだった。冒険心を抑えることの出来なかったアドルは周りの人々の制止も聞かずに単身エステリアに乗り込もうとするが、やはり嵐に巻き込まれてしまう……。そして気がついた彼はエステリアの小さな病院で目覚め、医師からこの国に起きている異変を知り、エステリアを救おうと冒険の旅に出かけることにした……。

ファミリーコンピュータ版

ハードの性能の問題か、シナリオ、マップと様々なアレンジが加えられている。物語の中核部分にまで変更が加わっているため「異色のイース」などと揶揄される事も有る。PC版では最終のボスにダメージを与える度に床に穴が開き、足場がなくなっていくが、ファミコン版は穴が開かない為、最終戦の難易度はかなり低い。
上へ
イース ファミコンソフト イース大全書 イース必勝ガイドブック 交響曲「イース」
攻略本
イース大全書
イース必勝ガイドブック


サントラ

交響曲「イース」
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ

上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
イースI. (2010, 7月 25). Wikipedia, . Retrieved 9月 2, 2010 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%82%B9I&oldid=33213853.
ブログパーツ