名作ゲームどっとこむ ワギャンランド(FC)の動画とゲーム詳細
ゲーム動画
ワギャンランド
ホーム > ゲーム通信簿 > ワギャンランド
 
ジャンル
アクション
メーカー
ナムコ
機種
ファミコン
発売日
1989年2月9日
Wii 2008年9月
価格
4,900円
Wii 500ポイント
ワギャンランド / Wagan Land
タイトル画面で↓↓A↓↓↓B↓と入力。
ロゴが青色に変わり難易 度の高い裏ステージで遊べる。
上へ

ワギャンランドは、ナムコが1989年2月9日に発売したファミリーコンピュータ用のアクションゲーム。さらにそのシリーズ作品全般を指すこともある。主人公には1987年に同社より発表されたエレメカの「ワギャン」を採用した。
ワギャンの攻撃方法が音波、ボス戦はしりとりや神経衰弱といったミニゲームで行う点が特徴である。この奇抜なキャラクターとゲームシステムが人気を集め、続編が数タイトル発売された。
シリーズ第1作。アクションシーンはジャンプと音波攻撃を駆使して進む。しかしボスキャラクターとの対戦をアクションではなくミニゲームで行う。また、背景は単純な線と明るい色使いで描かれている。
クリアするとスタッフロールの最後に隠しコマンドが表示され、タイトル画面で入力するといわゆる裏面をプレイすることが出来る。この裏面は通常よりも敵の配置が苛烈になっている他、ワギャコプターなどの装備アイテムは登場しない。また、ドクターデビルのセリフも変わっている。クリアするとスタッフロールの代わりに登場人物紹介になる。このコマンドとは別に、タイトル画面で入力すると最終のボスを除くボス戦をできる隠しコマンドもある。
この作品のボス戦の曲は、ワギャンランド2のボス戦のBGMとともにスーパーワギャンランドでも使用されていて、ワギャンランドのものが流れるのはこの作品のミニゲーム同様、しりとりと神経衰弱の時である。
1991年にはゲームギア版も発売された。ゲーム内容はファミコン版と同一ではなく、ストーリーもDr.デビルが再度ワギャンランドを襲ったという設定になっている。ワギャンランド2より後の発売となったこと、液晶画面に残像が残りアクションゲームには向かないという当時の携帯型ゲーム機での利用を考慮し、ステージ構成の変更や差し替え、アクションシーンで使用できるパワーアップアイテム数種と、ミニゲームで制限時間を止められるアイテム「砂時計」の追加がなされた。ワギャンランドシリーズにはジャンプした際にジャンプボタンを押しっぱなしにしておくと下降がほんの僅かだが緩やかになる特徴があるが、ゲームギア版ではそれが無い。

ワギャンランド ファミコンソフト
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ

上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
ワギャンランド. (2009, 9月 1). Wikipedia, . Retrieved 10月 14, 2009 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%AF%E3%82%AE%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89&oldid=27728930.