名作ゲームどっとこむ 平成天才バカボン(FC)の動画とゲーム詳細
ゲーム動画
平成天才バカボン
ホーム > ファミコン補完計画 > 平成天才バカボン
 
ジャンル
アクション
メーカー
ナムコ
機種
ファミコン
発売日
1991年12月6日
価格
5,800円
【FC】 平成 天才バカボン
ファミコン 平成天才バカボン
上へ

『天才バカボン』 (てんさいバカボン、英題:The Genius Bakabon)は赤塚不二夫のギャグ漫画。赤塚の代表作であり、これまで4回にわたってアニメ化されている。

タイトル

タイトルおよび作中のキャラクター名である「バカボン」の語源は、現在公式には梵語の「薄伽梵」(ばぎゃぼん、釈迦如来)に由来するとされている。これは「トリビアの泉」でも紹介された。
また、バカボンのパパの常套句「これでいいのだ」も「覚りの境地」の言葉である様で、レレレのおじさんも、お釈迦様のお弟子の一人で「掃除」で悟りをひらいたチューラパンタカ(周利槃特=しゅりはんどく) をモデルにしているという。
ただ、赤塚自身は生前に雑誌等のコメントで異説(馬鹿なボンボン、バガボンド=放浪者、等)も唱えていた。
なおタイトルに「バカボン」とあるものの、当作品において主に活躍するのはその名を冠したキャラクター・バカボンではなく父親の「バカボンのパパ」である。実際にバカボンが登場しない話が数話ある。

作風

初期はバカボンとバカボンのパパが話の中心となるナンセンスギャグであった。中期よりパパの母校であるバカ田大学の後輩などが登場し、パパを中心としたスラップスティック・ギャグ作品となっていく。掲載誌が『マガジン』に復帰してからは次第にシュールなギャグや突如一コマだけ劇画タッチになる、楽屋オチの頻発、意図的な手抜きなどといった実験的手法が増え、純粋なナンセンスギャグであったこの作品に変化が生じてくる。後期にはパパさえ登場しないことも少なくない。刑事用語の解説が出てきたり、わざと絵を下手にして自らのアシスタントが不在という設定で描いていたり、「赤塚不二夫」から「山田一郎」に改名しようとしたりするなど、本作とは全く関係ない話も多く見られる。こうして、中期までと後期とでは作風がかなり異なってきている。なお、アニメ第2作『元祖天才バカボン』の放送開始に際し、一度終了していた『マガジン』の連載が一時的に復活していたが、そこでは毎週5ページの限られたスペースでコンパクトにまとまったマンガ版ショートショートが展開されていた。

上へ
平成天才バカボン ファミコンソフト
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ

上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
天才バカボン. (2010, 9月 20). Wikipedia, . Retrieved 9月 20, 2010 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E5%A4%A9%E6%89%8D%E3%83%90%E3%82%AB%E3%83%9C%E3%83%B3&oldid=34088728.
ブログパーツ