名作ゲームどっとこむ

テニス(FC)の動画とゲーム詳細


ゲーム動画
テニス
ホーム > ゲーム通信簿 - ファミコン補完計画 > テニス
 
ジャンル
スポーツゲーム
メーカー
任天堂
機種
ファミコン
発売日
1984年1月14日
価格
4,500円(税抜)
テニスのゲーム動画
テニスのゲーム動画
テニス レベル5
上へ
テニスの概要

文字通り、単純にテニスをプレイするという内容。ファミコン用ソフトで初のテニスゲームで、その後の各種テニスゲームの基本となった。1人用と2人用を選択してプレイできるが、2人用はダブルスでのコンピュータとの対戦であり、プレイヤー同士で対戦することはできない。

なお、アーケード版においては4人までプレイ可能(但し3人でのプレイはできない)で、対人対戦プレイも可能である。

アーケード版では、筐体に表裏の2画面があり、対戦時はそれぞれ自分の視点の画面が表示される(必ず自分が手前のコートになる)。2人プレイでは、ファミコン版同様のダブルスVSコンピュータ(1画面を使用)か、シングルス対人対戦(2画面を使用)を選択可能で、4人プレイではダブルス対人対戦(2画面を使用)となる。基本的にプレイ料金は人数分必要だが、店舗によっては、ダブルスCPU戦を1コイン、ダブルス対人戦を2コインで行える設定もある(シングルス対人戦は必ず2コイン必要)。

なお、VSシステム筐体の両面のすべてのコントローラーを使用するのは本作のみとなっている。また、アーケード版には、永久パターン防止策として、デュース回数に制限があり、制限に達すると「このポイントを取得した者がこのセットを取得する」旨の警告が英語で表示され、そのプレイで強制的に勝敗をつけられる。

レベルは5段階ある。レベル毎に相手プレイヤーのユニフォームの色が異なっており、レベルが高いほど球速が速くなる。 (アーケード版では、CPU戦で勝ち進むとレベルの高いCPUが登場する。また、規定数のセットを落とすとゲームオーバーになる)。

マリオが審判として登場する。

テニス ファミコンソフト
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ




このエントリーをはてなブックマークに追加

mixiチェック

上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
テニス (任天堂). (2009, 6月 27). Wikipedia, . Retrieved 9月 6, 2009 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%86%E3%83%8B%E3%82%B9_(%E4%BB%BB%E5%A4%A9%E5%A0%82)&oldid=26633618.
ブログパーツ