名作ゲームどっとこむ たけしの戦国風雲児(FC)の動画、攻略本、ゲーム詳細
ゲーム動画
たけしの戦国風雲児
ホーム > ファミコン補完計画 > たけしの戦国風雲児
 
ジャンル
ボードゲーム
メーカー
タイトー
機種
ファミコン
発売日
1988年11月25日
価格
5,800円
【FC】 たけしの戦国風雲児
上へ

『たけしの戦国風雲児』(たけしのせんごくふううんじ)は、1988年11月25日にタイトーから発売されたファミリーコンピュータ用テレビゲームである。このゲームはビートたけしが携わったとされている。
概要
沖縄を除く戦国時代の日本を舞台にしたボードゲームである。サイコロを振ってさまざまなところに行くというものである。単にすごろくをしていくだけでなく、城を奪い取るという国盗り合戦の要素を含まれている。主にビートたけしが出てきてアドバイスや邪魔をして進行する。そしてゲームモードに沿ってそれぞれの目的を達成していく。
ミニゲーム
戦国ゲーム中、イベントによってミニゲームが発生する。特定のマスを通りかかると強制的に発生するものが多く、多くは失敗するとペナルティ(数回休みなど)を課せられる。
ゲームのタイトルからしてだが、発売と同時期に放映されていたバラエティ番組「痛快なりゆき番組 風雲!たけし城」をオマージュしたミニゲームがいくつかある。
また、パーティーゲームの場合はリストから任意に選択できるようになっている。パーティーゲームでは全て得点制になっているが、0か100かのゲームでは0点の表記が「0てん」であるのに対し、10点または20点単位のいわゆる部分点が存在するゲームの場合は、0点の表記が「00てん」になっている。
ゴルフ
パワーを調節して、1打でカップインさせるゴルフゲーム。
戦国ゲーム中では、たけちゃんマスに止まると発生することがある。また、日本縦断ゲームの場合は最後にこれで勝たねばならないが、外した場合でもお金やカードが多いと(めんどくさいから)勝ちにしてくれる時がある。
川渡り
「風雲!たけし城」の「龍神池」を模したと思われるもの。
水面に置かれた飛び石を渡り、対岸までたどり着けばクリア。ただし一部にハズレの石があり、それを踏んでしまうと沈んでしまい、ミスとなる。ハズレを見抜く方法は無く、元ネタ同様に運勝負の要素が強い。
また、時折左右に飛び跳ねる魚に当たってもミスとなる。
パーティーゲームでは成功で100点、失敗で0点になる。
地獄門
同じく、「自由への壁」を模したと思われるもの。戦国ゲーム中では、佐渡金山、城や土蔵に忍び込んだときなどに発生する。
3つの門(うち1つはハズレ)のどれかに突っ込み、無事通れたら成功、通れなかったらミス。これを5回ほど成功させるとクリアになる。時折、画面端からカラスが飛び出し、これに当たっても失敗となる。左右の扉を選ぼうとして当たることがよく起こるため、できるだけ真ん中を通ることが望ましい。
これも見抜く方法は無いため、運勝負の要素が強い。
パーティーゲームでは、門一枚突破につき20点がプラスされる。
戦国インベーダー
同社「スペースインベーダー」を戦国時代風にアレンジしたもの。戦国ゲーム中では、墓場・寺・山賊マスなどで発生する。
左右に移動しながら迫ってくるザコと、その後ろを往来するボス(インベーダーのUFOに相当する)がおり、ボスを仕留めればクリアとなる。逆に、ザコの放つ弾や、迫ってきたザコに触れるとミスとなる。
ほかのミニゲームに比べて、運の要素が極めて少ない。原作同様、ボスを仕留めるときの弾数によってボーナスが得られることもある。いきなり一人目のボスを倒すと、お金かいかさまカードのご褒美がある。
パーティーゲームではボスを1体倒して初めて10点が入る。つまり闇雲にザコだけを倒していてはいつまでたっても「00点」のままである。
戦場
戦国ゲーム中では、ういろう城近辺の「戦場マス」などで発生する。
矢の飛び交う戦場を駆け抜けるゲーム。無事通過できればクリア、矢に当たるとミスとなる。様々な得物を持った両軍だが、当たるとミスになるものは弓兵の矢のみ。槍や消火器などに触ってもミスにはならない。
弓のタイミング以外には運の要素があまり強くないため、他のものと比べて難易度が低い。
パーティーゲームでは、通り抜けた距離に応じて得点が入る。
剣術
一対一の剣術勝負。タイミング良く刀を振り当て、相手の体力をすべて奪うとクリアとなる。時折、突発的にじゃんけん勝負が発生する。負けた側は体力が奪われる。刀系のカードを所持していると、その強さに応じて攻撃力が上がる。最高級の刀「ぞーりんげん」の場合は通常の5倍の攻撃力になる。
一見プレイヤーの腕前次第に見えるゲームだが、実際は運の要素も大きく作用する。(COM戦の場合遅く切り返したら普通に倒せるが、早く切り返したら「いかさまカード」で動きを止めないとダメージを与えられない。)
パーティーゲームの時は、コントローラーIのキャラクター名は「たけし丸」に固定され、相手がCOMの場合は、相手の名前は戦国ゲームに登場する敵の名前に、相手がコントローラーIIで操作する人間の時は「うたへもん丸」に名前が固定される。また、フェアプレーを意識してか、剣はお互い同じものを装備している設定となる。
じゃんけん(合戦)
ゲーム中では下克上(大名ゲーム中、自分を雇ってくれた殿様を倒して成り上がりを図ること)のときや、兵を率いているときなどに発生する。互いの陣地から兵士が進んでゆき、自軍の陣地から敵軍の陣地までたどり着けばクリアとなる。
途中で兵士同士がぶつかったときに、じゃんけんが発生する。負けた側は陣地からやり直しとなる。兵力によってやり直せる回数が違ってくる(兵士/100)ため、基本的には兵士の数が多いほど有利となる。逆に兵力が少なくてもじゃんけんに勝ちまくれば、勝つこともできる。移動にはボタン連打によって進む仕様なため、運以上に連射力と体力も必要となる、もっとも過酷なミニゲームとなっている。なお、戦国ゲームでは、神社で武運長久祈願をしておかないと絶対勝つことができない。仮にゴールしても「惜しい所で、攻め切れませんでした」となる。

上へ
たけしの戦国風雲児 ファミコンソフト たけしの戦国風雲児-ファミコンゲーム必敗本
攻略本
たけしの戦国風雲児-ファミコンゲーム必敗本
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ

上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
たけしの戦国風雲児. (2010, 8月 3). Wikipedia, . Retrieved 8月 31, 2010 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%81%9F%E3%81%91%E3%81%97%E3%81%AE%E6%88%A6%E5%9B%BD%E9%A2%A8%E9%9B%B2%E5%85%90&oldid=33345255.
ブログパーツ