名作ゲームどっとこむ たけしの挑戦状(FC)の動画、攻略本、ゲーム詳細
ゲーム動画
たけしの挑戦状
ホーム > ゲーム通信簿 > たけしの挑戦状
 
ジャンル
アクションアドベンチャー
メーカー
タイトー
機種
ファミコン
発売日
1986年12月10日
Wii 2009年3月31日
価格
5,300円(税抜)
Wii 800ポイント
たけしの挑戦状最速クリア(バグなし)1/2
たけしの挑戦状最速クリア(バグなし)2/2
たけしの挑戦状最速クリア(バグあり)
 
たけしの挑戦状のゲーム内容
うだつの上がらないサラリーマンがある島に眠っているという財宝を探しに行くという内容。ゲームシステムはサイドビューのアクションゲームだが、ストーリーはアドベンチャーゲームのように選択肢によって進行していくため、ジャンルとしてはアクションアドベンチャーゲームと言える。また一部シーンにはシューティングゲームも含まれている。
世界観は極めて退廃的であり、主人公は薄汚れた町並みの中に住む世帯持ちのしがないサラリーマンである。台詞は罵言暴言など汚い言葉遣いが多い。店の看板は極道的な内容で、路上にはヤクザが蔓延り、否応なしに主人公に殴りかかってくる(また、これを逆に攻撃して倒すこともできる。これに限らず、敵味方なくすべての登場人物を殴ることもできる)。その他、ハンググライダーで4つ目の島を通り過ぎていくと赤い国(恐らくモデルは旧ソ連とナチスドイツだと思われる)という謎の国まで飛ぶことができる。
日本にいる時はテキーラを飲むこと、ひんたぼ島では宿泊することによって体力が回復する。

概要

パッケージどおりのとても常識では考えられないような仕様や謎解きなど不条理ともいえる内容が多く、『ファミコン通信』でのクソゲーランキングでも1位を獲得しており、それ以外にも雑誌『ゲーム批評』やクソゲーを取り上げた書籍などでクソゲーの代表格とされることが多い。一方で結果として印象深い作品ともなり、2007年の東京ゲームショウの「レトロゲーム・アワード2007」では「殿堂入りゲーム」となる。また述べたように不条理さは「意図的に」組み込まれたものであり、現在では「北野映画に通じるところがある」「早すぎたグランド・セフト・オート」など、ゲーム内容を再評価する声もある。
ふとしたことから宝探しの情報を聞き出し、本格的な宝探しに行くためには、まず身の周りのしがらみを取り払い、周到な準備をする必要がある。「離婚届を出す」「退職届を出す」「恩人を倒す」などがこれである。これがゲームを成立させるための嘘とは離れた現実的な内容のため、かえって不条理との評価が下されている。
他にも「パチンコの最中にIIコントローラーのマイクで喋る」「何も操作をしないで1時間放置する」など通常では思い付きづらい操作が要求される上に、ハンググライダーを使う場面では、上に自由に移動できないなどの独特の操作性で難易度の高いシューティングゲームとなる。
オープニング画面でパンチを2万回繰り出せばエンディング直前の状態からスタートし、エンディングを見られるようにもなっている。
ひんたぼ島にある洞窟の奥の宝を手に入れると、黒い背景に「完」という文字にたけしの顔と「えらいっ」というメッセージが表示されているだけの画面になる。そこからさらに5分放置すると「こんなげーむにまじになっちゃってどうするの」という文が表示される。
「敵味方なくすべての登場人物を殴れる」「ゲームオーバーの場面が主人公の葬儀」「ゲームを始めてもいないのにゲームオーバーになってしまう選択肢がある」「ひんたぼ島の銀行では、お金を預けることができても引き出すことができない」など、非常にシュール・不条理な世界観とシステムが全体を支配する。
関係者インタビューによると、当時本作の攻略本を制作した太田出版は、「攻略本を読んでも解けない」との苦情電話が殺到し、対応に追われた編集者が「担当者は死にました」と対応する。問い合わせがあまりに多く虚偽を回答したもので、担当者の死は事実でない。1冊目がほとんど攻略本として役に立たなかったことから「攻略本の攻略本」として2冊目が出版される。
たけしの挑戦状
ファミコンソフト
たけしの挑戦状虎の巻-たけし直伝(1)
~ビートたけし
たけしの挑戦状虎の巻-たけし直伝(2)
~ビートたけし
攻略本
たけしの挑戦状虎の巻-たけし直伝(1) ~ビートたけし
たけしの挑戦状虎の巻-たけし直伝(2) ~ビートたけし
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ

上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
たけしの挑戦状. (2009, 8月 11). Wikipedia, . Retrieved 8月 13, 2009 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%81%9F%E3%81%91%E3%81%97%E3%81%AE%E6%8C%91%E6%88%A6%E7%8A%B6&oldid=27377554.