名作ゲームどっとこむ

ポートピア連続殺人事件(FC)の動画、攻略本、ゲームブック、詳細


ゲーム動画
ポートピア連続殺人事件
ホーム > ゲーム通信簿 - チュンソフト - ファミコン補完計画 > ポートピア連続殺人事件
 
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
開発元 堀井雄二
発売元 エニックス
機種
ファミコン
発売日
1985年11月29日
価格
5,500円
ポートピア連続殺人事件のゲーム動画(クリア動画)
Portopia Renzoku Satsujin Jiken- english translation
 
ポートピア連続殺人事件の概要

『ポートピア連続殺人事件』(ポートピアれんぞくさつじんじけん)は、堀井雄二がデザインしたアドベンチャーゲーム。当時のゲーム業界は個人による開発が主流で分業がほとんどされておらず、本作もオリジナル版のプログラム・シナリオ・グラフィック等の全ての作業を堀井が一人でこなしている(PC-6001、PC-8801版のみ)。

1983年にエニックスよりPC-8801版から発売され(開発はPC-6001版が最初)、当時の多くの家庭用パソコンに移植された。1985年11月29日にファミコン移植版が発売され、ファミコン初のアドベンチャーゲームとなった。携帯アプリでもリメイクとして登場している。

パソコン版

システムは当時としてはオーソドックスなキーボードからのコマンド打ち込み式のアドベンチャーゲームだが、SFやファンタジーといった現実から離れたジャンルのゲームが多かった当時では本作のような現代日本を舞台とするゲームは異色であった。後に堀井雄二がシナリオを担当したアドベンチャーゲーム『北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ』『軽井沢誘拐案内』と本作を合わせて「堀井ミステリー三部作」とも呼ばれる。

基本的なストーリーはどの機種もほぼ同じであるが、ゲーム途中に出てくる暗号は機種毎に異なり、その難易度には明らかに差があった。

ファミコン版

チュンソフトが移植を担当。60万本を販売した。ファミコンのコントローラーではパソコン版のようなキーボードタイプによるコマンド入力は困難であるため、パソコン版の『オホーツクに消ゆ』と同様のコマンド選択式のインターフェースを採用。ただし、コマンドを適当に選んでいるだけでゲームが終わらないように、パソコン版にあった暗号だけでなく画面内でカーソルを動かして証拠品を探す箇所や、3D表示の地下迷宮が追加されている。コンティニュー用パスワードやバッテリーバックアップといった進行状況を保存する機能は存在しないため、プレイするたびに最初からやり直す必要があるが、正解さえ知っていれば短時間でエンディングに到達することが可能。

本作において成立した堀井雄二がゲームデザインをしてチュンソフトが開発するという体制は、その後の『ドラゴンクエストシリーズ』へと引き継がれている。

ストーリー
黒い噂の絶えない金融会社、「ローンやまきん」の社長・山川耕造がある日突然に自殺する。その死に不審感を抱いた主人公は、他殺の可能性を調べようとするが、耕造の発見された部屋は完全な密室であった。

ポートピア連続殺人事件 ファミコンソフト ポートピア連続殺人事件完全攻略本~ファミリーコンピューターMagazine編集部 ポートピア連続殺人事件 密室殺人の謎 ファミコン冒険ゲームブック~池田美佐
攻略本
ポートピア連続殺人事件完全攻略本~ファミリーコンピューターMagazine編集部

ゲームブック

ポートピア連続殺人事件 密室殺人の謎 ファミコン冒険ゲームブック~池田美佐
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ




このエントリーをはてなブックマークに追加

mixiチェック

上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
ポートピア連続殺人事件. (2009, 4月 8). Wikipedia, . Retrieved 6月 9, 2009 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%94%E3%82%A2%E9%80%A3%E7%B6%9A%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6&oldid=25277473.
ブログパーツ