名作ゲームどっとこむ

パックマン(FC)の動画、攻略本、サントラ、ゲーム詳細


ゲーム動画
パックマン
ホーム > ゲーム通信簿 - ファミコン補完計画 > パックマン
 
ジャンル
アクション
メーカー
ナムコ
機種
ファミコン
発売日
1984年11月2日
価格
4,500円
Wiiバーチャルコンソール パックマン
[Famicom] ◀ PAC-MAN パックマン▶ Round 1~10
[Famicom] ◀ PAC-MAN パックマン▶ Round 11~20
上へ

パックマン (Pac-Man) はナムコより1980年5月22日に発表されたアーケードゲーム。またはそのシリーズのタイトル。同社の看板タイトルである。世界で最も知られた日本産のコンピュータゲームの一つで、アメリカではその知名度から80年代のミッキーマウスと称された。後にファミリーコンピュータをはじめ、様々なゲーム機等に移植された。

概要

プレイヤーは黄色い円形のキャラクター「パックマン」を操作し、追跡してくるモンスター達に捕まらないよう迷路の中に散らばった「ドット(俗称:エサ)」を食べ尽くす、ということを目的としたゲームである。アクションゲームのうち「ドットイートゲーム」に分類される。
パックマンはそれまでに市場に出回っていたゲームとは異なり、無個性に近かったゲーム登場キャラクタに対して明確な性格づけを行ったことがエポック・メイキングであった。また、女性やカップルをメインターゲットに絞った点も当時のゲームとしては目新しかった。パックマンの基本コンセプトとなった「食べる」というキーワードは女性であれば食べることに興味を持つだろうという点からヒントを得たものである。
この背景には1979年夏にピークを迎えたインベーダーブームの影響がある。インベーダーブームにより、ゲームセンターには戦争を題材としたシューティングゲームが多く出回るようになり、これでは女性が入りづらいのではないかと企画者である岩谷徹が危機感を感じたためである。従って、岩谷徹はパックマンの企画を興すにあたり、ゲームセンターの雰囲気を殺伐としたものから和やかな場所へと転換することをひとつの方向性として定めた。
そのため、女性でも遊びやすくなるよう、ゲームの仕様を決定するにあたって以下のような配慮が行われた。
4方向レバーのみを採用し、ボタンは利用しない
ゲームによる緊張が長引かないよう「コーヒーブレイク」というデモアニメーションを挿入した
モンスターをカラフルなものとし、目を引くように配慮した。
結果、企画者の狙い通り女性客を引き込むことに成功した。
内容
プレイヤーは4方向レバーを利用し、青い壁で構成された迷路の中でパックマンを操作する。迷路の中には性格付けされた4匹のモンスター(下表)が存在しており、これらモンスター達の追跡をかわしながらに迷路内に配置されたドットを食べ尽くすとラウンドクリアとなる。各ラウンドを通じて迷路に変化はなく、難易度が少し上昇した状態で次のラウンドが開始される。なお、ラウンド21以降は難易度が上昇しなくなる。
パックマンがモンスターに捕まるとミスとなり、パックマンの残数がなくなるとゲームオーバーとなる。点数が10000点に達した際にはパックマンの残数が1つ増える。

パックマン
ファミコンソフト
ファミコンミニ パックマン GBAソフト パックマンのゲーム学入門~岩谷徹 ナムコ・ビデオ・ゲーム・ミュージック
攻略本
パックマンのゲーム学入門~岩谷徹

サントラ

ナムコ・ビデオ・ゲーム・ミュージック
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ




このエントリーをはてなブックマークに追加

mixiチェック

上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
パックマン. (2009, 9月 16). Wikipedia, . Retrieved 10月 15, 2009 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%B3&oldid=28024261.
ブログパーツ