名作ゲームどっとこむ オペレーションウルフ(FC)の動画とゲーム詳細
ゲーム動画
オペレーションウルフ
ホーム > ファミコン補完計画 > オペレーションウルフ
 
ジャンル
3Dガンシューティング
メーカー
タイトー
機種
ファミコン
発売日
1989年3月31日
価格
5,900円
Famicom ◀Operation Wolf オペレションウルフ▶ Play though 1/2
Famicom ◀Operation Wolf オペレションウルフ▶ Play though 2/2
上へ

『オペレーションウルフ』 (OPERATION WOLF) は、1987年にタイトーから発売されたアーケードゲームである。ジャンルはガンシューティングゲーム。

概要

本作には、画面正面にモデルガン(ウージーを模している)が据え付けられた専用の特殊筐体が採用されている。モデルガンのトリガーを引くと弾丸がフルオートで発射される。銃口左側にあるボタンを押すと、破壊力の高いロケット弾が発射される。どちらも弾数に制限があり、アイテムを取ることによって補給しながらゲームを進めて行く。敵の攻撃を受ける、或いは非戦闘員を撃つことによりダメージが蓄積されていき、ダメージゲージが最大になるとゲームオーバーとなる(収容所・空港では、捕虜を全滅させてしまった場合もゲームオーバーとなる)。一人プレイ専用。
ゲーム開始時は4ステージの中から1つを自由に選択し、特定のステージをクリアすることで第5ステージ(収容所)、第5ステージをクリアすることで第6ステージ(空港)が現れる。また、ステージ移動間で敵の待ち伏せにあい、銃撃戦になることもある。空港ステージをクリアした時点で捕虜を1人以上脱出させることが出来ていれば、1周クリアとなる。最低で3ステージクリアすれば良いが、基板の設定によっては決められた順番で全6ステージをクリアせねばならない。

解説
エレメカが廃れビデオゲームが主流となって以降のアーケードゲームにおける「ガンシューティングゲーム」というジャンルを確立した作品であり、また1980年代後半から1990年代前半にかけて主流だった、いわゆる「マシンガンタイプ」のガンシューティングのパイオニアである。ボタンを操作しての特殊攻撃という概念も本作から生まれたものである。また売り上げの面でも、上述した斬新なゲーム性や、テロリストの手から人質を救出するというわかりやすい舞台設定などから、国内のみならず海外でも大ヒットを記録している。
弾丸が無制限に使えるわけではなく、撃ってはいけない標的(人質)の存在もあるため、機関銃とはいえ「考え無しにぶっぱなす」ことはできない。ちなみに、弾丸が尽きた場合数秒後に1発だけ補充される(これを撃つと再び数秒後に1発だけ補充)。弾丸が尽きた状態でゲームオーバーになると、通常と異なり捕虜として捕らえられることになる。

上へ
オペレーションウルフ ファミコンソフト
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ

上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
オペレーションウルフ. (2010, October 13). In Wikipedia. Retrieved October 15, 2010, from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%82%AA%E3%83%9A%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%95&oldid=34459904
ブログパーツ