名作ゲームどっとこむ 桃太郎電鉄(FC)の動画、攻略本、ゲーム詳細
ゲーム動画
桃太郎電鉄
ホーム > ファミコン補完計画 > 桃太郎電鉄
 
ジャンル
ボードゲーム
メーカー
ハドソン
機種
ファミコン
発売日
1988年12月2日
価格
5,800円
【FC】 桃太郎電鉄
上へ

『桃太郎電鉄』(ももたろうでんてつ)は、1988年12月2日にハドソンから発売された、ファミリーコンピュータ用ボードゲームソフトである。桃太郎電鉄シリーズの第1作、また桃太郎シリーズの第2作で、タイトルは桃太郎シリーズの初回作『桃太郎伝説』のセルフパロディ。略称は、頭文字で省略した場合前作の略称「桃伝」(ももでん)と同じ読みになるので、混同を避けるため「桃鉄」(ももてつ)となっている(カートリッジには「桃鉄」と大きく描かれており、さくまあきら・土居孝幸が携わっていた『ジャンプ放送局』でもネタにされていた)。

概要

シリーズの第1作目。シリーズの根本的なシステムの多くは2作目以降になってから確立されたものが多く、また、現在の作品では存在しないシステムやルールも多い。

ルール
1年は春、夏、秋、冬の4ターン。1個サイコロを振り移動した後、2個サイコロを振って出た目の数に応じたイベントが発生する。春、夏、冬のイベントは所持金の増減のみだが、秋のイベントは所持金以外にも関わる。基本的に数が小さいほど良いイベントが起こり、2(1のぞろ目)を出すと最高の、12(6のぞろ目)を出すと最悪のイベントが起こる。
フェリーにはマスが用意されておらず港間の移動となり、サイコロを2個振ってイベントを決定するのみである。サイコロによるイベントは陸上とは一部違うものがある。移動で4ターン(1年)消費する。
目的地は各プレイヤーによってばらばらで、全ての物件駅が対象となる。またぴったり止まらなくてもよい。次の目的地と前回の目的地の距離が遠いほど援助金が多くもらえる。また、貧乏神が存在しない。
運賃改正が2度行われ、イベントによる収支、援助金に影響が出る。
鉄道も購入の対象である(購入単位は隣接物件駅までの区間)。但し、バスや路面電車は物件扱い。借金の概念はなく、物件を売って(鉄道を売ることはできない)、なおもマイナスなら「天下無敵の無一文」(0円)となる。
一定周期でインフレが起こる。物件の値段は変わらないが、収入、支出が通常時の2倍になる。
ある一定以上の金額又は物件を所持していて、尚且つ特定のマスに特定の季節に辿り着くとイベントが起きたり、特産品の物件を買うことができる。
勝敗の基準は以下の3種類から選択可能。
収益額が一定の金額に達した者
既定の年数で収益額が最も高い者
桃太郎ランド購入者(プレイヤーが全員人間の場合のみ)
なお、「所持金」は勝敗には影響されず、また収益率も全ての物件・鉄道において一律25%なので実質上所持している鉄道・物件の価格の総合計で勝敗が判断されることになる。

上へ
桃太郎電鉄 ファミコンソフト 桃太郎伝説・電鉄 全百科
攻略本
桃太郎伝説・電鉄 全百科
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ

上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
桃太郎電鉄. (2010, 7月 14). Wikipedia, . Retrieved 8月 31, 2010 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E6%A1%83%E5%A4%AA%E9%83%8E%E9%9B%BB%E9%89%84&oldid=33044586.
ブログパーツ