名作ゲームどっとこむ メタルスレイダーグローリー(FC)の動画、攻略本、ドラマCD、ゲーム詳細
ゲーム動画
メタルスレイダーグローリー
ホーム > ゲーム風の噂 - ファミコン補完計画 > メタルスレイダーグローリー
 
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
HAL研究所
機種
ファミコン
発売日
1991年8月30日
価格
8,900円
[FC] Metal Slader Glory (メタルスレイダーグローリー)
上へ

『メタルスレイダーグローリー』(Metal Slader Glory)は、HAL研究所より1991年8月30日に発売された日本のゲームソフト。

概要

HAL研究所が独立ソフトメーカーとして発表した最後の作品で、漫画家である☆よしみるのキャラクターデザインとストーリーを元に企画、構成されたコマンド選択式SFアドベンチャーゲーム。開発から販売に至るまでに4年2ヶ月を費やしたとされており、ファミリーコンピュータのハード性能の限界に迫るグラフィックとサウンド、大容量ROMが特徴だが、当時は既にスーパーファミコンへの移行期であったために流通量が少なく、プレミアムソフトの代表格の1つとして扱われる事が多い。ゲームセンターCXでの所有者へのインタビューによると、本作について「宣伝費のかけ過ぎでメーカーが潰れた」と説明された。
2000年11月29日には、容量の都合でカットされたシナリオの一部を復活させ、さらに☆よしみる自身がグラフィック全般の手直しなどを行ったリメイク版『メタルスレイダーグローリー ディレクターズカット』がニンテンドウパワーで発売され、ローソンのみで行われた同日限定予約販売のプリライト版に限っては、特製のポストカード5枚セットが予約特典として追加された。なお、本作はスーパーファミコンおよびニンテンドウパワーにおける最後の発売タイトルである。
2007年12月18日には、Wiiのバーチャルコンソールでファミコン版の配信が開始された。

作品の特徴

ファミコン唯一の最大容量8Mbit(=1MByte)ROMを使用した緻密なグラフィック
特殊チップ「MMC5(メモリーマネージメントコントローラ5)」を使った特殊処理による映像の演出
当時の主流であるバッテリーバックアップ形式ではなく、旧来のパスワード形式を採用
リメイク版の変更点
ハードウェアの向上により、グラフィック(中間色など色数が増え滑らかに)、サウンドがさらに向上
ファミコン版でカットされたシーンが追加。また選択肢も増えている。
版権の都合上、BGMが全て新しいものに変更
エンディングで☆よしみるによる新規書き下ろしイラストが追加

あらすじ

日向忠の手元に届いた1台の作業用メタルスレイダー。忠がメタルスレイダーに乗り込むと、「地球は危機に瀕している…。このメタルスレイダーの創造主を探せ…。」という謎のメッセージが流れてくる。このメッセージの謎を解くために、忠はゲンの店へ向かう。

上へ
メタルスレイダーグローリー ファミコンソフト メタルスレイダーグローリー ファンブック ドラマCD メタルスレイダーグローリー
攻略本
メタルスレイダーグローリー ファンブック

ドラマCD
ドラマCD メタルスレイダーグローリー
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ

上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
メタルスレイダーグローリー. (2010, November 21). In Wikipedia. Retrieved December 9, 2010, from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%A1%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC&oldid=35064271
ブログパーツ