名作ゲームどっとこむ 北斗の拳(FC)の動画とゲーム詳細
ゲーム動画
北斗の拳
ホーム > ゲーム通信簿 > 北斗の拳
 
ジャンル
アクションゲーム
メーカー
東映動画
機種
ファミコン
発売日
1986年8月10日
価格
4,900円
ファミコン 北斗の拳の動画
北斗の拳(hokuto no ken) fist of the north star
TOUGH BOY 北斗の拳
上へ

『北斗の拳』(ほくとのけん)はショウエイシステムが開発し、1986年8月10日に東映動画から発売されたファミリーコンピュータ用ゲームソフト。漫画作品『北斗の拳』を題材とした横スクロール型のアクションゲームである。

概要

プレイヤーはケンシロウとなって、数々の雑魚キャラやステージの最後に待ち受けるボス達を倒しながら進んでいく。ゲーム中のアクションとしてパンチ・キック・ジャンプ・しゃがみが可能。雑魚なら、パンチは数発当てることによって秘孔を突いた状態になり、爆裂させて倒すことができる。キックならば、単に斜め後方に吹き飛ばされるのみ。 横スクロール型アクションゲームといえば、スーパーマリオブラザーズなどの様に右スクロールでゲームが進行する作品の多い中、本作は珍しく左スクロールで進行する。左スクロール以外にも特徴的な点は多い。
独特な高さと速度を持つジャンプ
赤い雑魚を倒すと出る「あべし」という文字を集めてのパワーアップ
AB同時+上を入力して扉に入る
ただしこういった特徴がゲームの完成度につながっているわけではない。先発のセガ・マークIII版と比較されることも多く、グラフィック、サウンド、操作性のいずれもそれに大きく劣るため「クソゲー」と呼ぶプレイヤーも多い。しかし原作やアニメの絶大な人気、当時のファミコンバブル期も手伝って売上150万本とミリオン達成のソフトになった。

上へ
北斗の拳 ファミコンソフト
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ

上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
北斗の拳 (ファミリーコンピュータ). (2009, 10月 16). Wikipedia, . Retrieved 12月 20, 2009 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E5%8C%97%E6%96%97%E3%81%AE%E6%8B%B3_(%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%9F%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF)&oldid=28527527.