名作ゲームどっとこむ がんばれゴエモン2(FC)の動画、攻略本、ゲーム詳細
ゲーム動画
がんばれゴエモン2
ホーム > ゲーム通信簿 - ファミコン補完計画 > がんばれゴエモン2
 
ジャンル
アクション
メーカー
コナミ
機種
ファミコン
発売日
1989年1月4日
価格
5,500円
[FC]がんばれゴエモン2 ノーダメージクリア(最速) 1/3
[FC]がんばれゴエモン2 ノーダメージクリア(最速) 2/3
[FC]がんばれゴエモン2 ノーダメージクリア(最速) 3/3
上へ

『がんばれゴエモン2』(-ツー)は、1989年1月4日にコナミから発売されたファミリーコンピュータ用アクションゲーム。『がんばれゴエモン!からくり道中』の続編にあたる。

ゲームの概要

プレイヤーは義賊のゴエモンと忍者のエビス丸を操り、財宝が隠されていると言われるからくり城を目指す。前作との最も大きな相違点は、2人同時プレイが可能になった点である。また、前作は横スクロールのみであったが、今回は縦スクロールのマップも新たに登場。ステージによってはボスも登場する。前作と比較してステージ内の施設や敵、攻撃アイテムなどのバリエーションが豊富になっている。ステージ数が大幅に削減されたこと、ステージクリア時の残り時間に応じて所持金が増えることなどにより、やや攻略しやすくなった。その反面、前作では3Dの迷路内で利用できた裏技が利用できなくなった点、島や崖、落とし穴など足場が不安定な場所が増えた点などを考慮すれば、必ずしもすべての面で容易になったとはいえない。

世界観

舞台は江戸時代の日本。後の『がんばれゴエモン〜ゆき姫救出絵巻〜』以降のシリーズ作品はSFの要素を多く含むようになるが、本作においては江戸時代の雰囲気が強く現れた作品である。

ゲームの基本

ゲーム開始時に1人プレイと2人プレイを選択する。1人プレイではゴエモンとエビス丸のどちらかでプレイでき、2人プレイでは1Pがゴエモンで2Pがエビス丸を操作することになる。
基本操作は攻撃とジャンプ。敵を倒すと小判(10両)が手に入る。
ひょうたんの近くでジャンプすると、招き猫もしくはおたふくが出現する。招き猫を取得すると武器が変化し、ゴエモンの場合は「キセル→小判→ネズミ花火」、エビス丸の場合は「笛→かんしゃく玉→手裏剣」の順に武器が変更する。おたふくを取得すると移動速度とジャンプ力がアップする(わらじ無し時を含め3段階まで)。なお、ひょうたんから飛び出すウンチを取ってしまうとパワーダウンとなる。
2人同時プレイの場合は、一方の残機が無くなっても、もう一方の残機が2つ以上あれば、Aボタンを押すことでそれをもらい復活することができる。なお、スタート時に1人プレイを選択した際も2プレイヤーの途中参加は可能だが、この際も同じように残機を消費する。
ライフがなくなる、落とし穴に落ちる、制限時間内にクリアできない等で残機数が1つ減り、移動速度(わらじ)が1段階下がる。残機がすべてなくなるとゲームオーバー。ゲームオーバーになると、初めの1回だけは地獄で釜の上に吊るされる。Bボタンを連打し脱出すれば、アイテムとお金を失わずに復帰できる(ただし残機は1つ)。釜に落ちた場合も復帰できるが、アイテムが失われる上にお金が半分になる。また2回目以降ゲームオーバーになっても同様の措置が採られる。なお、前作ではコンティニューがなくゲームオーバーになるとステージの最初からとなっていたが、今作では何度ゲームオーバーになっても再開はゲームオーバーになったステージのミスした所からとなる。
大抵のステージは前作と同様、手形を3つ集め関所を開くことでクリアとなるが、前作と違いボスを倒さなければならない場合もある。クリアすると残り時間に応じてお金をもらうことができる。

上へ
がんばれゴエモン2 ファミコンソフト がんばれゴエモン2 完全攻略テクニックブック
攻略本
がんばれゴエモン2 完全攻略テクニックブック
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ

上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
がんばれゴエモン2. (2010, October 25). In Wikipedia. Retrieved December 18, 2010, from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%81%8C%E3%82%93%E3%81%B0%E3%82%8C%E3%82%B4%E3%82%A8%E3%83%A2%E3%83%B32&oldid=34643347
ブログパーツ