名作ゲームどっとこむ

頭脳戦艦ガル(FC)の動画、攻略本、ゲーム詳細


ゲーム動画
頭脳戦艦ガル
ホーム > ゲーム通信簿 - ファミコン補完計画 > 頭脳戦艦ガル
 
ジャンル
シューティング
メーカー
デービーソフト
機種
ファミコン
発売日
1985年12月14日
価格
5,900円
頭脳戦艦ガル (Famicom/NES)
NES:Galg Soundtrack
上へ

『頭脳戦艦ガル』(ずのうせんかんガル)は、1985年にデービーソフト(dB-SOFT)から発売されたファミリーコンピュータ(ファミコン)用の縦スクロールシューティングゲームである。発売元のデービーソフトは本作のジャンルをスクロール・ロールプレイング・ゲームと称していた。

概要
自機「ジスタス-21」を操作し、地底→コア→宇宙…(宇宙の後は再び地底から始まり、以後コア→宇宙…と無限ループ)とステージをワープしつつパーツを100個集め、宇宙空間制御装置"ドラッグ"を破壊する事が目的。
ゲーム中のグラフィックなどから、ハドソンのシューティングゲーム『スターフォース』の影響を色濃く受けていると思われる。
地底・コア・宇宙の3種類に分類される全30エリアのそれぞれに1つのパーツが存在する。必要なパーツ数に比べてエリアが約1/3程度しか無いため、何周かしないと最終攻撃目標である"ドラッグ"に会うことはできない。パーツを100個集めた上で宇宙の最終エリアへ行くと、"ドラッグ"が出現するようになるが、背景に同化しているために知らないと簡単にスクロールアウトしてしまい、再び地底に戻ってしまうことになる。
何周もしていると敵の耐久力がどんどん上がっていく点にも注意が必要である。ミスをすればするほどパワーダウンするため、敵を破壊しきれなくなり立て続けにミスを重ねることに繋がりやすい。結局撃ち負けて対処できずに、ハマりに近い形でゲームオーバーになってしまうこともある。なお、本作にはコンティニュー機能はない。
しかし、シューティングゲームに親しんでいる人ならば充分プレイできる内容であり、難易度的にはそう高いものではないが、パーツを100個集めるということからむしろ忍耐力が要求される。
ファミコン初期の作品としては出来が良い方ではあるが、本作には数々のエピソードがあり、その知名度はかなり高い。

有名なエピソード

本作は割とオーソドックスなシューティングゲームであるが、ファミコンソフトの中では非常に有名なソフトである。そのエピソードの数々を紹介する。
本作の正式なジャンルは「スクロール・ロールプレイング・ゲーム」であり、決して「シューティングゲーム」では無い。しかし、何処からどう見ても内容はシューティングゲームそのものであり、ドラゴンクエストシリーズのようなゲームに代表されるロールプレイングゲームとは全く異なる内容である。本作がかなり大々的に「ロールプレイングゲーム」という肩書きを押して販売したため、後に出た『ドラゴンクエスト』は、ファミコン初のロールプレイングゲームを名乗ることができなかったと、チュンソフトの中村光一は語る。しかし、実は『ハイドライド・スペシャル』など、ドラゴンクエストよりも先に発売されたファミコンのロールプレイングゲームは存在する。
また同じくドラゴンクエストのすぎやまこういちが、「このゲームの音楽はない方がよい」とわざわざ名指しで批判したことも知られている。
全エリアをクリアしただけでは"ドラッグ"は出現しないため、本作をクリアしたことにはならず、"ドラッグ"の出現条件にパーツを100個も要求される。この途方も無い数に途中で投げ出すプレイヤーが後を絶たず、当時完全クリアできたものはごく少数だと思われる。また、パーツを100個集めて"ドラッグ"を破壊したとしても、エンディングが文字がスクロールするだけの非常にチープな作りであり、クリアに苦労する割には報われない内容に苛立ちを隠せないプレイヤーも多かった。
エリアは前述の通り地底・コア・宇宙の3種類のステージに分けられている。地底は狭い地形が多く、エリアの終わりには分岐点があり後の展開が変わってくる。次のステージであるコアは左右端に平坦な壁が存在するものの一本道である。その先の宇宙には壁が一切無く一本道である。敵の攻撃の激しさからすれば地底よりもコア、宇宙の方が高いが、地形には明らかな難度の逆転が起きている。ゲームスタート地点に複雑で厄介なステージが配置されているため、非常に理不尽な難度設定であったとも言える。
タイトルやカセットのラベル絵にある「頭脳戦艦ガル」は、大々的に描かれているにも関わらずゲーム中にはエンディングの文字でしかその存在を確認できず、姿を拝めることは一切無い。自機「ジスタス-21」は、頭脳戦艦ガルに搭載されている戦闘機である。
本作は自機が破壊されると、通常ならば破壊されたエリアの初めからやり直しとなる。ただし、例外的にコアステージではエリアの最終地点付近で破壊された場合、次のエリアへ飛ばされる。この性質により、コアステージの最終エリアであるエリア20の終わり際(宇宙へのワープ直前)で自機が破壊されると、本来はエリア21は宇宙ステージなのだが、何故かコアのエリア21が始まる。これはバグエリアで、しばらく進むとゲームがフリーズし、リセットを余儀なくされるという非常に理不尽な要素がある(入ったら最後、抜け出すことが出来ない)。また、これは敵機の攻撃の激しさにより非常に陥りやすい現象で、バグエリアに進んでしまった人も多数存在するものと思われる。
宇宙の最終エリア(エリア30)の最後に出現するバルバールを撃つと高得点のボーナスが入ることから、調子に乗って5発撃ち込み、今まで集めたパーツを全て剥奪される例が多く、それ以降本作をプレイする気になれないプレイヤーが続出した。
これらの要素により本作は「クソゲー」呼ばわりされ、本作のタイトルは『トランスフォーマー コンボイの謎』などと並びその代名詞となってしまい、悲惨な運命を辿ることを余儀なくされている。
もっとも、ガルに対するクソゲーの謗りは必ずしも妥当であるとは言いづらいものも多い。まずRPGという名称についてだが、発売当時にはRPGゲームはPCゲームでの市場がメインであり、RPGが如何なるものかという定義自体ファミコンユーザーだけでなくメーカー側にも未浸透であった。1986年にスクウェアから発売された『キングスナイト』もまたその実態は現在で言うシューティングゲームであったが、RPGを謳っていた点からもそれが伺える。また、エンディングが簡素である点や理不尽な難易度設定も、当時のものではごくありふれたものであった。しかし、こういった扱いを受けなければ現在のようにシューティングゲームファンでなくとも知っている程に有名な存在にはなれなかったとも言われる。
また、ファミコン全盛期に活躍していた人の一部が、何かの企画でこの作品をクソゲー扱いしたことがあり、そのため、当時の子供たちにも本作がクソゲーと映り、それが今日でもネタとして扱われることが多々ある。

上へ
頭脳戦艦ガル
ファミコンソフト
頭脳戦艦ガル テクニックブック
-ファミリーコンピュータ
頭脳戦艦ガル
~フタミ企画
攻略本
頭脳戦艦ガル テクニックブック-ファミリーコンピュータ
頭脳戦艦ガル ~フタミ企画
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ




このエントリーをはてなブックマークに追加

mixiチェック

上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
頭脳戦艦ガル. (2010, 1月 6). Wikipedia, . Retrieved 2月 24, 2010 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E9%A0%AD%E8%84%B3%E6%88%A6%E8%89%A6%E3%82%AC%E3%83%AB&oldid=29861556.
ブログパーツ