名作ゲームどっとこむ

ファミリーベーシック(FC)の動画と詳細


ゲーム動画
ファミリーベーシック
ホーム > ファミコン補完計画 > ファミリーベーシック
 
ジャンル
周辺機器
メーカー
任天堂
機種
ファミコン
発売日
1984年6月21日
価格
14,800円
ファミリーベーシック CM 1984
Family Basic SUPER PENPEN
1984年にファミリーベーシックで書いた自作ゲームです。
ファミリーベーシック ミュージックボード
ファミコンPSGによるジングルベル
上へ
ファミリーベーシックとは、任天堂のファミリーコンピュータの周辺機器の一つ。BASIC言語を組み込んだロムカセットと、ファミコン本体のエキスパンドコネクタに接続するキーボードの2点がセットになっている。

仕様
前述の2点をファミコン本体に接続することにより、BASICの文法に基づいた簡単なゲームプログラムを自作することができるようになる。組み込まれているプログラミング言語の固有称は、ハドソン開発のHu-BASICを元に、任天堂、シャープとの3社共同開発だったことから頭文字を付け、「NS-Hu BASIC」とした。ただし、最終的にはファミコンに大幅に特化したため、パソコン用のHu-BASICとは大きく異なる。
プログラム実行のために使えるメモリ容量は1,982バイト、バージョンアップ版の「ファミリーベーシックV3」では4,096バイトであり、カートリッジ内にSRAMで実装され、乾電池によってバックアップすることが可能になっている。
キーボードの配列は、アルファベットに関しては現在のパソコンやタイプライターと同様のいわゆる「QWERTY配列」だったが、カナ配列に関しては現在の一般的なキーボードと異なり五十音順に並んでいる。

機能
メインモードである“GAME BASICモード”でゲームプログラミングを行う。それ以外にも計算式入力による電卓機能の“カリキュレータボード”、音階入力による音楽制作機能の“ミュージックボード”、ワードプロセッサのような機能を持つ“メッセージボード”、バイオリズムに基づいた簡単な占いと生誕からの総経過日数の算出をする“占い”の4つの機能が内蔵された。
また、各モードに移行するイントロダクション画面もまるでコンピュータが話し掛けてくれるような親しみやすい画面に作られている。これはファミコンのユーザーが小学生中心だったことから、ベーシックに触れるにあたりいきなりハードルが高くなり過ぎないようにとの配慮と考えられる。
上へ
ファミリーベーシックV3 任天堂のファミリーベーシック入門
攻略本
任天堂のファミリーベーシック入門
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。 上へ




このエントリーをはてなブックマークに追加

mixiチェック

上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
ファミリーベーシック. (2011, August 3). In Wikipedia. Retrieved October 10, 2011, from //ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%9F%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF&oldid=38644908
ブログパーツ