名作ゲームどっとこむ

エグゼドエグゼス(FC)の動画、サントラ、ゲーム詳細


ゲーム動画
エグゼドエグゼス
ホーム > ゲーム通信簿 - ファミコン補完計画 > エグゼドエグゼス
 
ジャンル
シューティング
メーカー
徳間書店
機種
ファミコン
発売日
1985年12月21日
価格
5,200円
Exed Exes/Savage Bees (Famicom, 1986)
Exed Exes (Famicom/NES)
Exed Exes (Arcade) Demo
上へ

『エグゼドエグゼス』(EXED EXES)は、1985年にカプコンが開発したアーケードゲーム。 正式名称は、『超浮遊要塞(ちょうふゆうようさい) エグゼドエグゼス』。日本国外版タイトルは『Savage Bees』。
概要
昆虫型の敵を倒していき、超浮遊要塞EXED EXES(エグゼドエグゼス)を破壊することが目的のシューティングゲームである。二人同時プレイが可能。1P側の自機「カーネル」2P側「サージェント」を操作する。
当時流行った「二人同時プレイ可能な縦シューティング」であり、アイテムを取ってパワーアップしながら進んでいく。クラッシュという、持っている佐吉(★)の数だけ画面上の敵弾を一掃できる副武装がある。Powと描かれた赤い玉を取るとパワーアップし、自機の弾が二連装、三連装になるが、woPという、初期状態にパワーダウンしてしまうアイテム(代償として10,000点ボーナス)もあったりする。Powという文字だけのアイテムは、取ると画面上の敵キャラが全てフルーツになってしまうという、非常に気持ちのいい瞬間であり、画面上に敵を溜めた状態でいかにPowを取るかがポイントだった。
自機の弾が二連装、三連装になる際、自機の見た目も変化する。なお、パワーアップは段階的に行われるわけではなく、Powの玉の色で変化する。状況によっては三連装、二連装の順番で玉が出現するため、安易に回収すると、結果的にパワーダウンしてしまう事になる。
このタイプのシューティングゲームとしては珍しく、自機の弾に射程距離があり、レバーを下に入れながら発射するとより遠くまで飛び、上に入れながらだと飛距離が縮まる。パワーアップをとることで平均射程距離も伸びる(射程距離が最長で固定になるものもある)。また自機は、上方向への移動速度に比べて下方向への移動が遅いのも特徴。
他方、この時代のシューティングゲームとしては敵や敵弾の密度が濃く、大量の敵弾をすり抜ながら敵を倒してゆくというゲーム性は、解釈にもよるが後にブームとなった弾幕シューティングゲームの遠い原型の一つという見方もできる。
エリアは基本的に通常エリア→ハイポイントエリア(ボーナスエリア)→通常エリア→ボスの繰り返しとなっているが、面によってはボスが連続して出現したり、通常エリアがとても短かったり、ハイポイントエリアが複数回出現したりする。ハイポイントエリアでは敵が弾を撃たなくなり、ドクロの敵が出現する。ドクロは円を描いており、全て破壊すると追加ボーナスが得られた。ハイポイントエリアでは必ずPowが出現するため、うまく敵を集めてフルーツに変えることで高得点を狙うことができた。
シューティングゲームとしての完成度は当時としては見るものがあり、2人同時プレイ可能なシューティングゲームというやはり当時としては斬新なタイトルではあったものの、同時期に稼働していた同じく2人同時プレイが可能だったシューティングゲーム、コナミの『ツインビー』がブレイクしていたため影の薄い存在であった。また、同時期にはSNKの『HAL 21』もリリースされており、ジャンル被りのためにゲームセンター運営者はこの三作のうちからひとつを排他導入することが多く、結果として3作品すべての売り上げにマイナス効果をもたらした。

ファミリーコンピュータ版

徳間書店から1985年に移植された。アーケードとファミコンとのスペック差からアレンジが施され、大幅にデチューンした形での内容となっている。それでも、ゲームではファミコンのハード的なスプライト処理能力を大幅に超える敵・敵弾が飛び交うため、画面のちらつきが非常に多かった。このことについてFC版の説明書には「EXES軍は画面上にいっぱい現れるとフラッシュ攻撃をしてきて見えにくくなるぞ!」などと苦しい表記をしていた(当時は、この様な状態を「仕様」と言い張るのもごく普通に行われていた)。全体的にゲームスピードも遅く、アーケード版の良さはほとんど再現されていない。
ステージ数は無限となっており、99面の次がA0面、その次がA1面…となっていた。実際には一部の面がループしており、17面以降は一定の法則で過去の面が登場するようになっていた。
ファミコン版発売キャンペーンでは、獲得スコアによってゲームオーバー時に表示される三種のパスワード(7文字の英文文字列)をソフト付属の応募券とともにメーカーである徳間書店に送ると、先着順でシリアルナンバー入りのラベルステッカーがもらえた。種類はスコアランクによってゴールド・シルバー・プラチナがあり、ランクが高いほどもらえる人数が少ない。獲得者は全員、徳間書店の「ファミリーコンピュータMagazine」に名前が掲載された。その一方で、アーケード版にあった「1000万点獲得でエンディング」というルールは廃されており、得点は1000万点を超えるとオーバーフローを起こしカウントがゼロに戻るというシステムになっていた。
ファミリーコンピュータMagazineの徳間書店から初のファミコンソフトの発売だけあって、同時期発売のパズルゲームロットロットとともに雑誌をあげて押しており、大きく広告が打たれていた。発売前のイラストはややハードな絵柄でスピード感のあるメカのイラストだったが、発売に際しては絵柄がコミカルになりパイロットの男の子がカーネルに乗っている絵に差し替えられた。いずれもアーケード版のポスター等の図版は使用されていない。

上へ
カプコンジェネレーション第3集 
~ここに歴史はじまる~ PSソフト
エグゼドエグゼス
ファミコンソフト
カプコン・ゲーム・ミュージック
サントラ
カプコン・ゲーム・ミュージック
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ




このエントリーをはてなブックマークに追加

mixiチェック

上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
エグゼドエグゼス. (2009, 11月 8). Wikipedia, . Retrieved 12月 23, 2009 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%82%A8%E3%82%B0%E3%82%BC%E3%83%89%E3%82%A8%E3%82%B0%E3%82%BC%E3%82%B9&oldid=28900531.
ブログパーツ