名作ゲームどっとこむ ドラゴンズレア(FC)の動画とゲーム詳細
ゲーム動画
ドラゴンズレア
ホーム > ファミコン補完計画 > ドラゴンズレア
 
ジャンル
アクション
メーカー
エピックソニーレコード
機種
ファミコン
発売日
1991年9月20日
価格
5,900円
[NES] Dragon's Lair ENDING PLAY ドラゴンズ・レア クリア
ブチ切れゲーマー ドラゴンズ・レア編
上へ

『ドラゴンズレア』(Dragon's Lair)は1983年にアーケードゲームとして発売されたレーザーディスクゲーム(通称LDゲーム)の名称である。最初期のLDゲームのひとつであり、史上初めてムービーを本格導入したことで知られる。アーケードゲームの他、ファミリーコンピュータやスーパーファミコン等にアクションゲームとして発売された。
スーパーファミコン版は日本国内では『ドラゴンズマジック』の名義で発売されている。

概要
LDゲームのドラゴンズレア

内蔵されたレーザーディスクによって動画が再生され、その動画上で魔物に襲われる、罠が発動する、などといった場面でレバーとボタンを決められた方向でかつ、決められたタイミングで入力し、進行していくリアルタイムアクション・アドベンチャーゲーム。同様のタイプのゲームに続編の『スペースエース』などがある。
スプライトなどによる簡素な映像表現が一般的だった当時において、テレビアニメーションとほぼ同等のムービーによりゲームが楽しめる。
このタイプのゲームは通常、要所ごとに画面上に入力の指示が出て、それに従いレバーとボタンを入力するものが大半だが、このゲームにおいては画面上に入力の指示は一切出てこず、動画の状況のみで入力のタイミングを計る必要がある。
総じて、既存するLDゲームの中では難易度が最も高いと言われている。
ディズニー映画などで作画監督をしていたドン・ブルース(Don Bluth)がアニメーション製作に携わっている。

アクションゲームのドラゴンズレア

北米でアクションゲームに内容を変更されてNES版が発売された。もともとのゲームの難易度の上に動作速度の遅さや操作性などが影響し非常に難易度の高い物となっている。その後日本版や欧州(PAL方式)版を発売するにあたり動作速度の改善や操作方法の改良が行われているがそれでも難易度は高い。

上へ
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ

上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
ドラゴンズレア. (2010, March 4). In Wikipedia. Retrieved October 15, 2010, from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B4%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%83%AC%E3%82%A2&oldid=30826797
ブログパーツ